知っ得用語

標準偏差

偏差は統計用語で、1つ1つのデータにおける平均からの差のことをいいます。標準偏差は、一定の数値の集団の平均からの差の程度で、数値のバラつき度合いを表します。投資の分野では運用成果のバラつきの程度(リスク)を、標準偏差で示しています。
標準偏差が大きいということは、投資した結果得られる成果が、その時によって大きく違うということです。大きな利益となることもあれば、大きな損失となることもある、というわけです。標準偏差が小さいということは、大きな利益も損失もなく、ほどほどの結果になることが多いと考えられます。
一般に、運用成果の平均が高いものは標準偏差が大きく(ハイリスクハイリターン)、低いものは標準偏差が小さい(ローリスクローリターン)傾向があります。

投資信託の標準偏差(イメージ)
  • 年率平均リターンと標準偏差の関係をイメージしたものであり、実際の運用成果を保証するものではありません。
このウィンドウを閉じる

このページの先頭へ