加入範囲と拠出限度額

20歳以上60歳未満のほぼすべての国民が加入できます。
就労状況に応じて、拠出可能な掛金額が決まります。
掛金は、拠出限度の範囲内で月額5,000円以上、1,000円単位で決められます。

  • 国民年金の第1号被保険者 自営業者等 年額81.6万円(*1)から国民年金基金等の掛金を控除した額まで(月額6.8万円) 国民年金の第2号被保険者 公務員等 年額14.4万円まで(月額1.2万円) 会社員等 企業型DCおよび確定給付型年金がない 年額27.6万円まで(月額2.3万円) 会社員等 確定給付型年金がない 年額24.0万円(*2)まで(月額2.0万円) 会社員等 確定給付型年金がある 年額14.4万円(*3)まで(月額1.2万円) 国民年金の第3号被保険者 専業主婦等 年額27.6万円まで(月額2.3万円)
  1. 国民年金基金の掛金または国民年金の付加保険料と合算した金額です。
  2. 企業型DCへの事業主掛金上限を年額42.0万円(月額3.5万円)とすることを規約で定めた場合に限り、iDeCoへの加入が可能。
  3. 企業型DCへの事業主掛金上限を年額18.6万円(月額1.55万円)とすることを規約で定めた場合に限り、iDeCoへの加入が可能。

加入資格

  1. 日本国内に居住している20歳以上60歳未満の自営業者とその家族、自由業、学生等国民年金の第1号被保険者
    ただし次の方は加入できません。
    • 農業年金の被保険者
    • 国民年金保険料を免除・納付猶予されている方
      (ただし、障害基礎年金を受給している方等は加入できます)
  2. 60歳未満の厚生年金保険被保険者( 国民年金の第2被保険)20歳未満でも厚生年金の被保険者は加入可能です
    ただし次の方は加入できません。
    • お勤めの企業で企業型DCに加入している方(なお、企業型DCの規約でiDeCoの同時加入を認める場合は加入できます)
  3. 20歳以上60歳未満の第2号被保険者の被扶養配偶者(国民年金の第3号被保険者)

(2019年7月16日現在)

ページトップ