どうして資産形成が必要なの?

人生を楽しむ準備、できていますか?

人生にはさまざまなライフイベントが待っています。
家族が増えたり、住む場所や、はたらく環境が変わったりと、年齢を重ねるごとに楽しみ方や幸せの形は変わっていきます。

また、少子高齢化や物価上昇など、お金を取り巻く不安もさまざまです。
公的年金だけでは、 豊かなセカンドライフは実現できません。

安心して、暮らしを楽しんでいくためには、しっかりとした資産形成が必要です。

代表的なライフイベントと、それぞれにかかる費用イメージ

  • 代表的なライフイベントと、それぞれにかかる費用イメージ
結婚の費用イメージ
総支出額(*1) 575.7万円
婚約(*2) 84.7万円
挙式・披露宴 357.5万円
新婚旅行 61.2万円
新生活の準備
(家具や電化製品等)
72.3万円

出典/リクルートブライダル総研「ゼクシィ結婚トレンド調査2018」、同「新生活準備調査2016」

  1. 総支出額については、「ゼクシィ結婚トレンド調査2018」、「新生活準備調査2016」を基に、三菱UFJ銀行にて算出
  2. 結納式、両家の顔合わせ、婚約指輪、結婚指輪(2人分)の総額
マイホーム購入の費用イメージ
マンション 約4,348万円
一戸建て 約4,039万円

出典/独立行政法人住宅金融支援機構「2017年度フラット35利用者調査」

教育の費用イメージ
区分 幼稚園 小学校 中学校 高等学校 大学 合計
私立(文系) 約145万円 約917万円 約398万円 約312万円 約738万円 約2,510万円
私立(理系) 約808万円 約2,580万円
すべて公立 約70万円 約193万円 約144万円 約135万円 約503万円 約1,045万円
  • 【幼稚園~高校】金額は、学校教育費、学校給食費と学校外活動費の合計

出典/【幼稚園~高校】文部科学省「平成28年度子供の学習費調査」、【大学】株式会社 日本政策金融公庫 平成29年度「教育費負担の実態調査結果」

退職後の生活費の費用イメージ
ゆとりあるセカンドライフのための生活費 毎月 34.8万円
夫婦2人の必要最低生活費 毎月 22.0万円
ゆとりのための追加資金 毎月 12.8万円

出典/生命保険文化センター「平成28年度生活保障に関する調査(速報版)」

しかし、ただ貯めていくだけでは銀行の預金金利も低く預金でふやせるお金の額はわずかです。

これからは、誰もが資産形成を考えるべき時代です

現在の低金利では、預金でふえる金額はわずかです

500万円を定期預金で1年間預けても、利息は500円程度にしかなりません。
金利が高い時期と同じようにお金を貯めても、なかなかお金はふえません。

500万円を1年間定期預金に預けた利息

  • 平成2年

    304,000円

  • 現在

    500円

平成2年は年利6.08%、現在は年利0.01%で計算。

  • 平成2年の表示金利は一般定期預金(規制金利定期預金)(新規預入は停止しております)1年物金利(平成2年9月17日基準)、現在の表示金利は当行のスーパー定期1年物金利(2019年9月10日基準)です。また、税金等は考慮しておりません。
  • スーパー定期預金について、くわしくは 説明書をご覧ください。

デフレからインフレへ

ここ数年はデフレ状態が続いていましたが、現状、デフレ脱却のきざしがあります。
今後はインフレを考慮し、物価上昇にそなえる必要があります。

デフレとは

物の価値が継続的に下がり、貨幣価値が上がっていく状態。

インフレとは

物の価値が継続的に上がり、貨幣価値が下がっていく状態。

預金金利が低いまま、物の値段が上がれば、金融資産の価値は目減りしてしまいます。

  • 預金金利が低いまま、物の値段が上がれば、金融資産の価値は目減りしてしまいます。

さまざまな要因によって、身の回りの商品やサービスの価格が上昇する可能性があります。

  • さまざまな要因によって、身の回りの商品やサービスの価格が上昇する可能性があります。

出典/日本銀行「経済・物価情勢の展望(2019年7月)」

物価の上昇につれて、資産価値は目減りします

お金を現金のまま持ち続けた場合、インフレが進行すると、金額が同じでもその実質的価値は目減りします。

インフレが進行すると…

年0~3%のインフレが進行した場合の1,000万円の価値の推移

  • 年0~3%のインフレが進行した場合の1,000万円の価値の推移

出典/三菱UFJ銀行にて作成。金額は千円単位を切り捨てにて表示


お金の実質的な価値を維持するためには、
物価上昇率以上の利回りでふやす必要があります。

年金だけでは、ゆとりある老後を送れません

ゆとりのある老後を送ろうとすると、年金だけでは毎月約13万円不足する可能性があります。

  • ゆとりのある老後を送ろうとすると、年金だけでは毎月約13万円不足する可能性があります。
  1. 夫婦2人と仮定 出典/平成28年度 生活保障に関する調査<<速報版>>生命保険文化センター
  2. 出典/厚生労働省「平成31年1月18日報道発表資料」より〈厚生年金は、夫が平均的収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)42.8万円)で40年間就業し、妻がその期間すべて専業主婦であった世帯が年金を受け取り始める場合の給付水準〉

長生きの時代には「お金の寿命」も考える必要があります

日本の平均寿命はのび、退職後のセカンドライフの期間も長くなりました。長生きすることは、必要なお金もふえるということです。お金をいつまで使い続けることができるのか、つまり「お金の寿命」がどのくらいか、考えてみましょう。

60歳で定年を迎え、貯蓄と退職金を取り崩していくと…

退職前の平均貯蓄額と退職金の合計 約3,700万円を
毎月12.6万円取り崩した場合

  • 退職前の平均貯蓄額と退職金の合計 約3,700万円を毎月12.6万円取り崩した場合

出典/厚生労働省「平成29年簡易生命表の概況」、総務省統計局 家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年平均結果-(二人以上の世帯)、厚生労働省「平成30年就労条件総合調査結果の概況(大学卒定年退職の場合)」

  • 上記グラフは年2%の利回りで運用し続けることができた場合を想定し作成しております。また、税金は考慮しておりません。
  • 上記グラフは、仮定に基づく試算を示したものであり、特定の商品の運用結果を保証または示唆するものではありません。計算にあたっては年末引き出しで計算しています。
    価格変動する商品で運用する場合、利回りがマイナスになるリスクがあります。

ふやすことで「お金の寿命」をのばせます。
長く安心して暮らすためには、お金をふやす工夫も必要です。

標準的な年金受給世帯の年金額
(夫婦の基礎年金+夫の厚生年金)

  • 標準的な年金受給世帯の年金額

出典/平成29年版厚生労働白書 厚生労働省

  • 2004年度~2014年度の老齢厚生年金は、特例水準の計算式によって算出された給付水準(夫が平均的収入(平均標準報酬月額(賞与を除く)36.0万円)で40年間就業し、妻がその期間全て専業主婦であった世帯が受け取り始める場合の額)
  • 2015年度~2017年度の老齢厚生年金は、本来の計算式によって算出された給付水準(夫が平均的収入(平均標準報酬額(賞与含む月額換算)42.8万円)で40年間就業し、妻がその期間全て専業主婦であった世帯が受け取り始める場合の額)
  • 2014年度額と2015年度額を比較すると減額となっているのは、2015年度については、特例水準の解消により、直近の状況に即してモデルの前提・計算式を改めたことによるもの。
  • 2013年度額については4月~9月と10月~3月に分けて算出しています。

将来必要なお金の把握

まずは、現在の自分のお金を把握し、将来のライフイベントに必要なお金を準備しましょう。

  • まずは、現在の自分のお金を把握し、将来のライフイベントに必要なお金を準備しましょう。

当面使う予定のないお金の部分が小さくても、まずは少額で無理なく、コツコツつみたてから始めてみましょう。投資信託なら、毎月1,000円や1万円の少額をつみたてることで、預金よりも高いリターンを期待できます。

  • 毎月1,000円からでもOK!
  • Eco通知をご利用のお客さまがインターネットバンキングからお申し込みの場合。

投資信託は少額から始められます。

(2019年11月29日現在)

ページトップ