[ ここから本文です ]

STEP3 運用する

 STEP.3
 運用する
運用開始後は、加入者専用Webで運用状況を確認することができます。定期的に「見直し」を行うことも大切です。

運用状況の確認

NRK(日本レコード・キーピング・ネットワーク株式会社)から届いたユーザーIDと暗証番号で加入者専用Webにログインすることで運用状況をいつでも確認できます。
  • 加入者専用Web ログイン画面
    ログイン画面
  • 加入者専用Web画面
    加入者専用Web画面

運用商品の見直し方法

運用商品預替や運用割合変更は加入者専用WebからNRK Webへ遷移して行います。
  • 加入者専用Web 運用商品預替画面
    運用商品預替画面
  • NRK Web画面
    NRK Web画面

運用商品預替とは

現在お持ちの商品の一部もしくは全部を売却し、その売却資金で別の商品を購入するお手続きです(NRKのホームページもしくは、コールセンターにてお手続きいただけます)。
運用商品預替のイメージ図

運用割合変更とは

月々の掛金に対する現在の運用商品およびその配分割合を変更するお手続きです(NRKのホームページもしくは、コールセンターにてお手続きいただけます)。
運用割合変更のイメージ図
ご注意事項
運用商品預替と運用割合変更は連動していません。ある商品の運用をすべて中止し、他の商品に入れ替えたいときは、運用商品預替と運用割合変更の両方の手続きを行ってください。

運用商品の見直しの例

例1.長期的な運用を行う中で、相場が変化した際は…
リバランス
市場価値の変動の影響で、ずれてしまった資産構成比を見直して、元の計画どおりの資産構成比に戻します。
リバランスのイメージ図
例2.ライフステージの変化とともに運用方針が変わったら…
リアロケーション
資産配分における前提条件を見直して、資産構成比を変更します。
リアロケーションのイメージ図
お客さまご自身にリバランスやリアロケーションを行っていただく必要がなく、年齢や相場環境に応じて自動的に資産配分を変更するバランス型商品も用意しています。

iDeCoのお申し込み

三菱UFJダイレクトのお申し込みは約3分(*)でできます。お手続きはこちら

  • 当行の普通預金口座をお持ちの場合

ご注意事項

iDeCoをお申し込みいただく前に、下記についてご確認ください。

  1. 原則、60歳まで引き出し(中途解約)ができません
    脱退一時金を受け取れるのは一定の要件を満たす方に限られます。
  2. ご本人の判断で商品を選択し運用する自己責任の年金制度です
    • 確定拠出年金制度では、ご加入されるご本人が自らのご判断で、商品を選択し運用を行いますので、運用結果によっては受取額が掛金総額を下回ることがあります。
    • 当行から特定の運用商品の推奨はできません。
  3. 運用商品の主なリスクについて
    • 預金は元本確保型の確定利回り商品です。預金は預金保険制度の対象となります。
    • 当行のiDeCoで取り扱う保険は元本確保型商品です。ただし、運用商品を変更する目的で積立金を取り崩す場合は、市中金利と残存年数等に応じて解約控除が適用されるため、結果として受取金額が元本を下回る場合があります。
    • 投資信託は価格変動商品です。預金ではなく、預金保険制度の対象ではありません。運用実績は市場環境等により変動し、元本保証はありません。また、当行でお取り扱いする投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
    • 預金、保険および投資信託は異なる商品であり、それぞれリスクの種類や大きさは異なります。
  4. 初回手続き時、運用時、給付時等で、各種手数料がかかります
    • iDeCoには、初回手続き手数料・毎月の事務手数料・資産管理手数料・運営管理機関手数料・給付事務手数料等がかかります。
    • 手数料は、加入者となられる方は毎月の掛金から、運用指図者となられる方は積立金から控除されます。年金でお受け取りになられる方は給付額から控除されます。
  5. 60歳になっても受け取れない場合があります
    • 50歳以上で加入した場合等、通算加入者等期間(*)が10年に満たない場合は、受け取りできる年齢が引き上げられます。
      • 通算加入者等期間は、iDeCoおよび企業型DCにおける加入者・運用指図者の期間の合算となります。

お問い合わせ・資料請求
MUFG 個人型コールセンター

0120-138-401

つながらない場合には
03-5302-8252(通話料はお客さま負担)

株式会社 三菱UFJ銀行

(2019年7月16日現在)