外貨預金の魅力とは

外貨を持つ意義を知り、資産運用に役立てましょう。

変動する円の価値

輸入に頼る日本の物価は、上昇傾向にあります。

たとえば牛肉や小麦粉などの身近な食材は、ここ数年で価格が高騰しています。
日本は食料だけでなく、エネルギーも輸入が占める割合が高く、為替の変動に伴うさらなる物価上昇の可能性も考えられます。

物価上昇の具体例
年2%のインフレが進行した場合の現金1,000万円の実質価値の推移

現在の低金利では、時間をかけても円預金でふえるお金の額はわずかです。そのため資産を円預金で持ち続ける場合、今後想定される物価上昇はリスクとなる可能性があります。

金利メリットにより、物価上昇から資産価値を「まもる」

主要国の政策金利は、日本にくらべ高い水準で推移しています。外貨を保有することで、通貨によっては円よりも高い金利での運用が期待できます。

主要国の政策金利推移

通貨分散により、資産価値を「まもる」

通貨を分散することで、資産の価値を維持しやすくなります。

為替変動があるからこそ、外貨を持つ意味があります。外貨を持つことは、今お持ちのお金の価値をまもることにつながります。

【円高の場合】円高に伴い外貨建て資産の購買力は低下しますが、円建て資産の購買力の上昇で補います。 【円安の場合】円安に伴い円建て資産の購買力は低下しますが、外貨建て資産の購買力の上昇で補います。 【円高の場合】円高に伴い外貨建て資産の購買力は低下しますが、円建て資産の購買力の上昇で補います。 【円安の場合】円安に伴い円建て資産の購買力は低下しますが、外貨建て資産の購買力の上昇で補います。

はじめての外貨預金

外貨預金の関連情報

株式会社 三菱UFJ銀行
(2021年3月22日現在)

ページトップ