[ ここから本文です ]

投信つみたての特長・メリット

投信つみたて(継続購入プラン)は、インターネット取引の購入時手数料優遇(131KB)の対象外となります。
投信つみたて 「投信つみたて」では、毎月一定の金額で自動的に投資信託を購入できます。 少額から始められるため、初めての資産運用にもおすすめです。

投信つみたて6つのポイント

POINT 1少額から始められます。
  • 普通預金口座から毎月一定金額を自動的に引き落として、投資信託を購入します。
  • 少額から投資ができるので、資産運用は初めてという方でも気軽に始められます。
最少お申込金額
窓口でのお申し込み

インターネットバンキングからのお申し込み

  • 最少お申込金額はファンドによって異なります。

インターネットバンキングからのお申し込み

  • 「Eco通知(インターネット通知)」をご利用の場合
毎月10,000円から(1円単位) 毎月5,000円から(1円単位) 毎月1,000円から(1円単位)
POINT 2購入のタイミングに悩む必要はありません。
  • 相場動向に関わらず、毎月一定金額を自動的に購入します。
  • 自動的に購入するのでタイミングを悩むことはありません。
一度にまとめて投資をするのはリスクが大きく、また、いいタイミングを選んで購入するのは難しいです。
「投信つみたて」では、毎月一定金額を継続して購入することで購入時期が分散され、一度に購入するよりも相場動向に左右されず、リスクの低減を図ることができます。
POINT 3ドル・コスト平均法で効率よく運用。
  • 毎月一定の金額を購入することで、基準価額が高いときには少ない口数を、低いときには多い口数を購入します。
  • 毎月一定の口数を購入する場合よりも、平均購入単価を平準化させる効果があります。
    (このような投資手法をドル・コスト平均法といいます。)
ドル・コスト平均法による投資の例
投資信託のように基準価額の変動がある商品を購入した場合、購入金額は表のようになります。
【投資信託を購入した場合の例】(毎月10,000円ずつ運用商品に5回投資した場合)
  • 「ドル=コスト平均法」の平均購入単価 50,000円÷54,210口=9,223円(1万口あたり)
  • 毎月同口数を投資した場合の平均購入単価
    (10,000円+12,000円+11,000円+8,000円+7,000円)÷50,000口=9,600円(1万口あたり)
  1. 上記の数字はあくまで仮定であり、将来の成果を約束するものではありません。また、単純化のために極端な値動きで説明しています。
  2. 投資信託の継続購入は将来の収益を約束したり、相場下落時における損失を防止するものではありません。
  3. 算出にあたっては、購入時の手数料・税金・分配金等を考慮していないため実際の投資とは異なります。
POINT 4時間を味方に資産の成長が図れます。
  • 投資信託は長期間投資すると、値動きの振れ幅が短期的な投資とくらべて小さくなり、安定した運用成果が期待できます。
POINT 5つみたて期間設定で計画的な資産形成をサポート。
  • 投信つみたての引落終了年月をあらかじめ指定し、つみたて期間の設定を行うことができます。
  • つみたて期間は、ご希望の年齢もしくは、年月のどちらかでご設定いただけます。
<こんな方におススメ>
  • 老後の資金のために60歳までつみたてたい。
  • 趣味の旅行の準備資金として10年間つみたてたい。など
POINT 6つみたてを長く続けると、うれしい購入時手数料の優遇サービスがあります。
投信つみたてを長く続けていただいたお客さまには、段階的に購入時手数料を優遇するサービスをご用意しています。購入時手数料が有料のファンドについて、投信つみたて回数の累計が37回目以降(最短で3年経過後)は、購入時手数料が0円となります。
  1. 購入時手数料無料ファンド(含むつみたてNISA専用ファンド)は対象外
投信つみたて回数 37回目以降はずーっと購入時手数料無料!(0円!)
  1. 2017年12月以前に契約された投信つみたてを含め、2018年1月から投信つみたて回数のカウントを開始します。
  2. 投信つみたて回数は契約ごとにカウントし、複数の契約がある場合も合算は行いません。
  3. 購入の休止や残高不足等で引き落としされなかった場合、カウントは停止しますが、次回引き落とし時には再開されます。
  4. 投信つみたて契約を解約した場合は投信つみたて回数は0に戻り、その後再契約した場合も1回目からのカウントとなります。
投信つみたては早く始めるほど、運用の効果が期待できます。

投信つみたてを始めるならインターネットバンキングがおすすめです。

    • 投資信託口座の開設も、「投信つみたて」の新規申込・内容照会・取引内容の変更・解除などの各種お手続きも、スマートフォンやパソコンからカンタンに24時間365日(*)お手続きできます。
    • メンテナンス時、ファンド休日を除く
    • 気になる運用状況もカンタンにご確認いただけて、管理も便利です。
  1. 窓口でもお手続きいただけます。

つみたてするならおトクな非課税制度

つみたてNISAについてくわしくはこちら

その他お役立ち情報

投資信託のお取引をする

インターネットバンキングなら窓口に行く必要がなく、24時間365日お取引ができます。

くわしくはこちら

当行では「三菱UFJ銀行の投資信託口座」と「金融商品仲介口座(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の金融商品仲介)」の2つの口座で投資信託を取り扱いしております(ファンドにより取り扱い口座が異なります)。
それぞれの口座について、くわしくはこちらをお読みください。

投資信託に関するご照会
0120-860-777
(毎日9:00~18:00(1/1~1/3、5/3~5/5を除く))
自動音声ガイダンスが流れた後に、
3→2の順でボタンを押してください。
店舗へご来店のお客さま
店舗・ATM検索
来店予約

投資信託をお申し込みの際は、次の点にご注意ください。

  • 投資信託は預金ではなく、その基準価額は、組入れ有価証券(株式・債券等)の値動きにより変動しますので、お受取金額が投資元本を下回る場合があります。
  • 組入れ有価証券等は、株式指標・金利等を原因とした値動きにより変動します。
  • 投資信託の購入時手数料や運用管理費用(信託報酬・管理報酬等)・信託財産留保額等の手数料等はファンド・購入金額等により異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。
  • お申込前に必ず最新の契約締結前交付書面(目論見書および目論見書補完書面)等を十分にご確認ください。

その他にもご留意事項がありますので、くわしくはこちらをお読みください。

株式会社 三菱UFJ銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第5号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

委託金融商品取引業者 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2336号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

(2019年3月11日現在)