住宅ローン関連保険

住宅ローン関連保険

万一にそなえて一緒に考えたい安心の保障

3大疾病(悪性新生物(がん)・脳卒中・急性心筋梗塞)+4つの生活習慣病(高血圧性疾患・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変)を補償対象とする7大疾病保障付住宅ローン ビッグ&セブン〈Plus〉や、建物と家財をカバーする住宅ローン専用火災保険、地震保険等、さまざまな保障をご用意しております。

まずはお気軽にご相談ください。
窓口や、インターネットでのご相談・お申し込みに加え、相談会のご予約も受け付けております。

住宅ローンをご検討の方へ

住宅購入と住宅ローンの基礎知識をご紹介。

住宅ローン関連情報

住宅ローンに関するよくあるご質問

Q.
ふたりで住宅ローンを申し込めますか?
A.

親子(義理の親子を含む)やご夫婦・婚約者など、おふたりで住宅ローンのお申し込みをする場合、次のような方法があります。

【ペアローン】

おふたりそれぞれが住宅ローンのお申し込みをする方法です。

この場合、ご契約いただく住宅ローンは2本となります。

【収入合算】

住宅ローンをお申し込みする方(債務者)の収入に、相手の方(収入合算者)の収入を合算して住宅ローンのお申し込みをする方法です。

この場合、ご契約いただく住宅ローンは1本となり、収入合算者は連帯保証人となります。

くわしくは窓口にお問い合わせください。

Q.
私は住宅ローンをいくら借りられますか?
A.

住宅ローンをお借り入れいただくお客さまによってお借入可能金額は異なりますが、住宅ローンには「収入基準」といわれる条件があり、毎年のローン返済は年収の20%程度が目安になります。この目安をもとに何年のローンにするかを考え、収入から逆算して住宅ローン借入総額の目安を知ることができます。購入予算を決める際の、重要なヒントになるはずです。

また、当行住宅ローンの借入可能金額は30万円(*)以上1億円以内(10万円単位)です。保証会社の担保評価や同時に利用される公的融資の金額などにより制限される場合があります。

  • ただしネット専用住宅ローンの場合は、500万円以上からとなります。

くわしいお借入可能額の目安は、当行ホームページ内のシミュレーションより、返済額を試算いただけます。

Q.
住宅ローンを借りるまでにどんな手続が必要なんだろう?
A.

人生で最も大きな買い物といわれるマイホーム購入。購入から入居までのさまざまなステップを確認しておきましょう。

物件探し インターネット・チラシ、住宅情報し・住宅展示場等から物件を探します。

住宅ローン相談 金融機関への相談やインターネットで情報収集し、資金計画をたてます。

ご購入物件決定 納得できる物件の購入を決定します。

売買契約 不動産業者および売主との間で売買契約を交わします。

住宅ローン申し込み 金融機関に住宅ローンのお申し込みをします。

審査 金融機関および保証会社の審査があります。

ローン契約 金融機関との間でローン契約を結びます。

ローン実行・残金決済 購入代金の残金を支払います(ローンの場合は金融機関が支払います)。

登記 購入した物件の登記を司法書士が行います。

入居 引越し後、ご入居となります。
Q.
住宅ローンの借り替えの場合、いくら借りられますか?
A.

「既存借入金額+諸費用(保証料・登記費用・印紙代・手数料等)」の範囲内でお借り入れいただけます。

ただし、当行住宅ローンの借入可能金額は30万円(*)以上1億円以内(10万円単位)です。

また、返済計画に無理のないよう年収による制限があります。担保評価や同時に利用される公的融資の金額などにより制限される場合があります。

  • ただしネット専用住宅ローンの場合は、500万円以上からとなります。

くわしいお借入可能額の目安は、当行ホームページ内のシミュレーションより、返済額を試算いただけます。

Q.
住宅ローンの借り替えの場合、借入期間はどのくらいになるんだろう?
A.

原則、お借り替えをされるローンの残存期間の範囲内かつ35年以内(1年単位)です。

また、担保物件等により、お借り入れいただける期間が制限される場合があります。

お電話でのご相談

0120-860-777(無料)

住宅ローンのご相談は毎日9:00~17:00(1/1~1/3、5/3~5/5を除く)

自動音声ガイダンスが流れた後に5→1を押してください。

  • 海外からご利用の場合は 03-5432-7324(通話料有料)
  • ご利用の際には電話番号をお間違えのないようご注意ください。

(2020年4月1日現在)

ページトップ