[ ここから本文です ]

カードローンの利息はいくらになる?計算方法や一括返済について解説!

カードローンの利息はいくらになる?計算方法や一括返済について解説!
公開日:2022年5月9日
カードローンの利息がいくらか、ご存じですか?カードローンは、担保不要で借り入れができる、個人向けの融資サービスです。銀行やコンビニのATM、インターネットからも借り入れができて、用途を限定されないのが特長です。
しかし、忘れてはならないのが「利息」です。利息は、あらかじめ設定された金利と借り入れた金額、返済までの日数によって変わり、この条件を変えることで、返済総額も変わります。
カードローンで借り入れをするときに覚えておきたい利息の仕組みと計算方法について解説します。

便利なカードローンと、利息について

カードローンとは

カードローンは、銀行などの金融機関やカード会社、消費者金融といった貸金業者が提供する個人向けの融資サービスです。
カードローンを契約すれば、銀行やコンビニのATMから、利用限度額の数十万円~数百万円の範囲内でいつでも借り入れと返済ができます。
また、ATMに行かなくても、直接本人口座に振り込まれることにより、借入可能な場合もあります。
ローンのなかには、目的が決められているものや、借り入れの際に担保が求められるものがあります。しかし、カードローンは資金使徒が自由で、担保も不要です(事業性資金を除きます)。
審査で定められた利用限度額の範囲内であれば、毎日の生活費などの少額から、高額な旅行や大きな買い物まで使える、手軽さと利便性が特長です。

カードローンは、クレジットカードや、ほかのローンとどう違う?

カードローンと似たサービスに、クレジットカードに付帯したキャッシング機能があります。
どちらも、ATMを利用していつでも借り入れができる点などがよく似ています。しかし、大きく違う点は上限金額と金利です。
クレジットカードのキャッシングは、金利がカードローンよりも高く、利用限度額の上限はおおむね100万円程度と、カードローンよりも低く設定されています。
逆に、マイカーローンのような目的別ローンや、住宅ローンのように担保が必要な借り入れの場合は、金利が低い傾向があります。
カードローン、クレジットカード、そのほかの目的別ローンとも、借り入れの条件や返済方法が違います。それぞれ、目的や状況に合わせて選ぶようにしましょう。

カードローンを利用する前に知っておきたい「金利」と「利息」

カードローンを選ぶ時は、「返済総額がいくらになるのか」を確認するのがおススメです。この返済総額を出すのに必要なのが「金利」と「利息」です。
金利と利息のしくみや、利息の計算方法を知っていると、返済の見通しが立てやすくなります。

・利息と利子の違いは?

利息は、お金を借りている期間中に、借り手が貸し手に支払う、お金の利用料のようなものです。

銀行預金は、銀行が預金者から預けてもらったお金を貸したり、運用をするなどして利益を出したりしています。銀行が預金者からお金を借りていることになるので、預金者は銀行に預けている間、利用料をもらえることになります。これも同じく利息です。
利息は「利子」とも呼ばれ、受け取る側には「利息」、支払う側では「利子」と使い分ける場合もありますが、意味は同じです。

・金利とは

ローンなどの金融商品の案内には、「金利〇%」という表示がされていますが、この「金利〇%」というのはすべて年率で表されており、元本を1年間借りたときの率を表しています。

利息 = 借入金額(元本) × 借入利率(金利)× 借入日数 ÷ 365日
たとえば、100万円を1年間借りたときに、金利10%なら
100万円 × 10% x 365日 ÷ 365日= 10万円
で、1年間で10万円の利息を支払う、ということになります。

カードローンの金利には、利息制限法で決められた上限がある

カードローンの金利には、利息制限法で決められた上限がある

利息制限法で決められている「上限金利」

カードローンの金利はカードローン各社それぞれが決めています。
しかし、金利は青天井に高くできるわけではなく、「利息制限法」という法律で定められた、借入金額に応じた上限が定められています。
■利息制限法に規定されている上限金利(*)

 

借入金額(元本) 上限金利(年率)
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%
上限を超える利率で貸し付けることはできないため、万が一上限を超えた金利(超過金利)と、それに伴う利息が発生したとしても、超えた部分は無効になり、借り手が支払うのは上限内の利息のみになります。
また、上限金利だけを見ると、100万円の借り入れに対して、15%(15万円)の利息がすぐに発生するように捉えがちですが、上限金利は年率ですので、まるまる支払ったことになるのは、1年かけて完済した場合です。
実際には、借り入れから返済までの日数で日割り計算されますので、同じ借入金額、同じ金利なら、早く完済すればするほど、利息は少なくなります。

カードローンの利息の計算式

では、実際に借り入れをすると、どのくらいの利息になるのか、計算式を使って利息の金額を算出してみましょう。
利息 = 借入金額(元本) × 借入利率(金利)× 借入日数 ÷ 365日(*)
(*)借り入れ当日除く、土日祝日含む

カードローンに表示されている利率は年率表示ですので、実際の利息は借入金額に対して発生する1年分の利息を日割り計算して求めることになります。(1年=365日、うるう年は366日で計算)
例として、同じ借入金額、100万円、借入利率14.6%に対して、借入期間を1ヵ月、3ヵ月で返済した場合の利息を計算してみましょう。(1ヵ月=31日、3ヵ月=92日で計算)
(例1)
  • 借入金額(元本):100万円
  • 借入利率(金利):14.6%(年)
  • 借入期間:1ヵ月(31日)
  • 利息計算:100万円 × 14.6% × 31日 ÷ 365日 =12,400円
(例2)
  • 借入金額(元本):100万円
  • 借入利率(金利):14.6%(年)
  • 借入期間:3ヵ月(92日)
  • 利息計算:100万円 × 14.6% × 92日 ÷ 365日 = 36,800円
上記のように、1ヵ月のような短期間で借りた場合は、支払う利息は12,400円となり、3ヵ月だと36,800円の利息が発生します。

カードローンを利用する際に気を付けたいこと

支払う利息は、借入金額や利率、返済期間によって大きく変わります。
短期的または小額で借りる場合の利息はそこまで大きくはありませんが、長期または大きな金額を借りる場合は、それに伴い利息も大きくなっていきます。
借り入れ時にはシミュレーションを使って試算し、給与などの毎月の収入から生活費などを差し引いた余力の中で、無理なく借り入れの返済ができるかどうかを確認しましょう。
カードローンは返済自体もATMで気軽にできるようになっていますので、余裕資金ができたら毎月の返済以外に繰り上げ返済をして、できるだけ早い完済を心がけましょう。

カードローンの「臨時返済」で、利息を抑えて借入限度額に余裕を

カードローンは、借入限度額の範囲内ならいつでも借り入れできますが、利用している分だけ、次に利用できる額面は小さくなってしまいます。
たとえば、200万円の借入限度額の中で199万円を借り入れていたとしたら、残りは1万円です。何かあっても1万円以上の借り入れができないので、「いざ」と言う時に困ってしまうかもしれません。
そうならないためには、毎月決まった日に返済する「約定返済」だけでなく、資金ができた時に返済する「臨時返済」を活用して、早めに返済していくこともおススメです。
臨時返済には、「一括返済」と、「繰り上げ返済」の2つがあります。

・一括返済

「一括返済」は、文字通り一度に完済する返済方法です。

早く完済した分、利息を抑えることができますので、返済総額を少なくするなら、なるべく早い一括返済が有効です。

・繰り上げ返済

「繰り上げ返済」は、月々の返済金額以上の、ある程度まとまった金額を返済することです。

一括返済ほどではありませんが、借入残高が減る分、支払利息を少なくすることができます。返済総額を抑えるなら、余裕のある時に繰り上げ返済をしておくと良いでしょう。
どちらも借り入れと同様に、ATMやインターネットバンキングから返済できる場合と、専用窓口へ出向いて手続きする場合があります。これらについては、各社によって詳細が異なりますので、事前に調べておくと良いでしょう。

カードローンは計画的に、返済の見通しをもって借り入れを

カードローンは、クレジットカードのキャッシング機能よりも金利が低く、短期間の借入期間であればそこまで利息も大きくはなりません。一時的な出費などの支払いのために借りるのであれば、手軽で便利なサービスです。
しかし、借りていくうちに借入金額が利用限度額に達してしまうほど大きくなったり、返済できずに借入期間が長期にわたってしまったりすると、その支払利息もどんどん大きくなってしまいます。
計画的に無理なく返済をするために、借り入れをする前に、カードローンの各社が提供している、返済額と支払利息のシミュレーションツールを利用するのもおオススメです。
たとえば、三菱UFJ銀行なら、カードローン「バンクイック」の「ご返済額シミュレーション」が便利です。
借入金額と返済期間を入力すると、月々返済額の目安がわかりますので、利用を検討している場合は、まず返済シミュレーションで生活資金とのバランスを具体的に確認してみると良いでしょう。

まとめ

必要な時にすぐに借り入れできる、便利で心強いカードローンですが、収入に対して借入金額と返済期間、そして利息を合わせた支払い金額とのバランスが大事です。
カードローンを利用する際は、現実的に返済可能かどうかを確認し、しっかりと計画的に返済していくようにしましょう。
執筆者:大堀 貴子(おおほり たかこ)

執筆者保有資格:日本ファイナンシャル・プランナーズ協会認定 CFP®認定者、証券外務員資格Ⅰ種、税理士試験簿記論、財務諸表論合格

※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途ホームページ等でご確認ください。
  • 記事の情報は当行が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その確実性を保証したものではありません。
  • 記事は外部有識者の方等にも執筆いただいておりますが、その内容は執筆者本人の見解等に基づくものであり、当行の見解等を示すものではありません。
  • また、一部、当行にて取り扱いのない商品に関する内容を含みますが、商標登録されている用語については、それぞれの企業等の登録商標として帰属します。
  • なお、記事の内容は、予告なしに変更することがあります。

カードローン「バンクイック」について

カードローン「バンクイック」
  • 当行口座をお持ちでない方もお申込可能。
  • インターネットなら24時間いつでもお申込可能。
  • カードローン「バンクイック」の金利は年1.8%~年14.6%、利用限度額は10万円から最高500万円まで。
  • 全国の当行・セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATMで利用可能。
  • お借り入れ・ご返済ともにATM利用手数料無料。
  • 入会金・年会費無料。

カードローン「バンクイック」は口座がなくてもお申込可能

当行の普通預金口座がなくてもお申込可能。
お申し込み~ご契約までご来店いただく必要はありません。
お申し込みはWeb完結
24時間いつでもお申し込みが可能です

あわせて読みたい

人気記事ランキング

株式会社 三菱UFJ銀行
(2022年5月9日現在)