[ ここから本文です ]

FP監修!30代が生命保険で押さえておくべきこと!かかる保険料や種類を解説します

30代が生命保険で押さえておくべきこと

30代は教育費や住宅費等お金について考えることが増えるタイミングです。

必要な死亡保障や医療保障についてあらためて考える必要があり、保険の加入や見直しを検討するのに適しています。

 

本記事では、生命保険における種類や特徴をご紹介し、事前に確認すべきポイントや今後の選び方を解説していきます。

最適な保険プランをみつけるためにも参考にしてみてください。 

まずは生命保険の基本を押さえよう

生命保険の基本

生命保険は、みんなで保険料を出し合い、加入者に万一のことがあった場合に保険金や給付金が受け取れる仕組みのことです。

万一とは死亡や高度障害・入院・手術等の場合を指し、そうしたリスクに向けてお金を準備しておくのが生命保険です。

生命保険の種類

生命保険は、保障の内容や期間に応じて種類が異なります。

それぞれのメリットや注意点についてご紹介していきます。

終身保険

終身保険は、死亡や高度障害の際に受けられる保障が生涯にわたって続く保険です。

 
メリット 注意点
・保障が一生続く
・貯蓄性も兼ねている
・定期保険と比べて、保険料が高めに設定されている
・元本割れのリスクがある

終身保険は死亡時まで保障がずっと続き、万一に備えることができます。

さらに保障期間中に途中解約しても「解約返戻金」が受け取れるので、貯蓄性も兼ねています。

ただし、途中で解約した際には、解約返戻金が払込保険料を下回る可能性も十分にあることに、注意が必要です。

 

貯蓄性のある反面、終身保険は、定期保険等と比べると保険料は高めに設定されています。

医療保険

医療保険は、病気やケガによる入院・手術等の給付金を受け取れる保険です。
 
メリット 注意点
・入院や手術の給付金が受け取れる
・先進医療保障が受け取れる
・最新の医療事情を把握する

医療保険は、公的医療保険の対象とならない入院時の差額ベッド代や食事代、先進医療を受けた際の治療費等の一部を保障してくれます。

万一の入院・手術等に備えられる点が医療保険のメリットです。

 

医療保険に加入する際は、最新の医療事情を把握しておくことも重要です。

近年では医療が発達し、2〜3日の入院や通院治療で対応できる病気が増えています。

昔の保険では短期入院や通院治療をカバーできない場合があるため、最新の医療事情を踏まえた保険を検討しましょう。

がん保険

がん保険は、医療保険の一種でがん治療に特化して保障される保険です。

 
メリット 注意点
・がんに備えられる ・特約の保険料に注意しておく

がんは再発リスクや保険適用外の治療方法も多く、治療費が高額になりやすい傾向があります。

がん保険のメリットは、診断給付金やがん治療に特化した特約が付加できる点です。

若い世代でもがんの罹患率は高いので、保険料が安い30代のうちに加入しておくと安心できます。

 

一方で、保険に上乗せできる特約による保険料負担に注意しておく必要があります。

がん保険では、先進医療特約(がんを原因として先進医療を受けた場合に限る)や女性特有の疾患への特約を付加することが可能です。

しかし特約を付加すると、その分毎月の保険料も高くなります。

必要な保障と支出のバランスをしっかり検討しておきましょう。

年金保険・養老保険

「年金保険」は払い込んだ保険料を運用して、得られた成果を老後に年金として受け取る保険です。
 
メリット 注意点
・老後資金を準備できる ・途中で解約すると元本を下回るリスクがある

しかし途中で保険を解約してしまうと、戻ってくる保険金が払込保険料を下回ってしまうかもしれません。

運用の成果によって受け取れる保険金が異なることを理解しておきましょう。

 

「養老保険」は保障期間中に亡くなった場合死亡保険金、生存して満期を迎えた場合満期保険金が受け取れる保険です。

 
メリット 注意点
・保障と貯蓄が両立できる ・保険料が高めであることが多い

一定期間の保障に加えて、生存して満期を迎えた場合に保険金が受け取れるため、保障と貯蓄を両立できる点が、養老保険の最大のメリットです。

保障を受けながら、将来の資産準備を行えます。

 

一方で保険料が比較的高く設定されていることが多いので、負担が大きくなることに注意しておきましょう。

定期保険・収入保障保険

「定期保険」は、一定期間の死亡や高度障害に備えられる保険です。
 
メリット 注意点
・保険料を抑えて保障を受けられる ・保険料は掛け捨てとなる
・「更新型」の場合、保険料は上がっていく

定期保険は、終身保険や養老保険と比べると低い保険料で保障を受けられます。

生涯にわたる保険ではなく、一定期間の保障を受けたい人に適した保険です。

 

一方で保険料は掛け捨てとなり、保障期間終了時に生存していた場合でも、保険料は戻ってきません。

また契約を更新すると、払込保険料が上がっていくことに注意しておきましょう。

 

「収入保障保険」は、万一の際に残された家族に年金が支払われる保険です。

 
メリット 注意点
・定期保険よりも低い保険料で保障を受けられる ・受け取れる保険金の総額は減少していく

収入保障保険は、死亡時から満期までの間に保険金が支払われるため、年を経るごとに受け取り期間が短くなり、保険金総額も減少していきます。

その分保険料の負担は、定期保険と比較して小さいという特徴があります。

割安な保険料で一定期間の保障が受けられる点が、収入保障保険のメリットです。

学資保険

学資保険は、子どもの教育資金を用意できる保険です。

 
メリット 注意点
  • 子どもの進学時に給付金がもらえる
  • 貯蓄性も兼ねている
  • 契約者が亡くなった場合、以降の保険料払い込みが免除される
  • 途中解約による元本割れリスクがある

子どもが中学や高校等に進学するタイミングで一時金が給付されるため、進学費用として活用できます。

満期を迎えると満期保険金が受け取れるほか、契約者が亡くなってしまった場合は以降の保険料払い込みが免除されます。

 

しかし急にお金が必要となり途中で解約すると、解約返戻金が払込保険料を下回る可能性があることに注意しておきましょう。

30代が生命保険に加入する前に確認すべき点

生命保険を検討する際に、確認しておくべきポイントをご紹介します。

払込保険料と起こりうる病気やリスクについて確認していきましょう。 

年間平均保険料  

2019年度の年間払込保険料の平均をまとめました。

以下の表は、民間の生命保険会社や郵便局、県民共済等で取り扱っている生命保険や個人年金保険の加入者のうち、実際に保険料を支払っている人の年間払い込み保険料の平均額に関してのデータです。

 
12万円未満 12~24万円
24~36万円 36~48万円 48~60万円 60万円以上 わからない
34.1% 31.1% 15.9% 6.4% 2.9% 3.4% 6.4%

参考:公益財団法人 生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」

 

 

全体の平均年間保険料は19.6万円という結果でした。

年間の払込保険料が24万円未満の人が65%を超えており、多くの人が毎月の保険料は0〜2万円ほどであることがわかります。

平均保険料を参考に、ご自身に必要な保障に対する適正な保険料を考えて、保険に加入することが大切です。

30代で起こりうる病気やリスク

30代の男女それぞれの病気での死亡リスクについて確認していきます。

まず、30代男性の死亡理由のうち病気によるものを表で確認していきましょう。

 
  死亡理由 割合
30~34歳男性 悪性新生物 11.3%
心疾患 9.6%
脳血管疾患 3.7%
 35~39歳男性 悪性新生物 13.9%
心疾患 11.4%
脳血管疾患 6.8%

参考: https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii09/deth8.html

 

続いて、30代女性の死亡理由のうち病気によるものを表で確認していきましょう。

 
  死亡理由 割合
30~34歳女性 悪性新生物 26.0%
心疾患 6.0%
脳血管疾患 3.3%
35~39歳女性 悪性新生物 36.3%
心疾患 7.2%
脳血管疾患 4.9%

参考: https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii09/deth8.html

 

結果を見ると、若い30代であっても三大疾病と呼ばれる「悪性新生物(がん)」「心疾患」「脳血管疾患」での死亡割合が高くなっていることが分かります。

そして30代前半の世代よりも30代後半の世代の方がその割合が高くなっており、年齢を重ねるにつれて病気で死亡する可能性が高くなっていることも確認できます。

 

年齢を重ねるごとに病気のリスクが高まること、三大疾病による死亡が多いことを把握して、保障を受けられるようにしておきましょう。

30代の生命保険は、何を保障して欲しいか考えることが大切

30代の生命保険

生命保険の加入や見直しを検討する際は、保障して欲しい内容を考えることが重要です。

30代という年齢はもちろんですが、家族構成やライフスタイルによっても必要な保障は異なりますので、ご自身のパターンを確認してみてください。

独身の場合

独身の人は、働けなくなった場合の医療保障や収入保障を十分にしておきましょう。

公的医療保険ではカバーできない差額ベッド代や食事代、働けない期間の収入についての保障を受けられるようにしておくことが大切です。

一方でご両親の経済的援助等をしているケース等では、死亡保障の準備も必要となります。

 

ご家族の生活費を残せるように事前に備えておきましょう。  

 

また、年金保険で将来の資産を準備しておくことも重要です。

老後に必要となるお金を計算し、若いうちからしっかりと準備しておくようにしましょう。

既婚者の場合

結婚している方の場合は、自分の医療保障とご家族のための死亡保障を用意しておくことが大切です。

 

夫婦が共働きの場合は、どちらかが亡くなってしまっても残された配偶者の収入が充分にあれば、最低限の死亡保障を備えておけばいいでしょう。

一方、どちらかが専業主婦(夫)の場合は、万一のときにしっかり備えておく必要があります。

現時点で用意できている貯蓄や遺族年金等を考慮したうえで、死亡保障を検討しましょう。

子どもがいる場合

さらに、子どもがいる方は教育費用や生活費負担が増大するため、必要な保障額も大きくなります。

子どもの将来に備えて、死亡保障や医療保障を準備しておくことも重要です。

 

必要な保障額を終身保険や養老保険等で備えることもひとつの手段ですが、保険料が高くなり生活費等を圧迫してしまうこともあります。

保険料を抑えつつ、子どもの進学までの一定期間の保障を手厚くしたいのであれば、定期保険や収入保障保険等で備えておくことも有効といえます。

まとめ

本記事では、30代で押さえておくべき生命保険について解説しました。

生命保険は、保障内容や期間に応じて種類が異なります。

それぞれの特徴を把握して、自分に適した保険へ加入できるようにしておきましょう。

 

また、保険はどういう保障内容を受けたいかという点を考えておくことが重要です。

三菱UFJ銀行では、インターネットを活用して必要な保障や保険についてシミュレーションできます。

本記事でご紹介した確認すべきポイントやシミュレーションを参考に、ご自身に合った生命保険を検討してみてはいかがでしょうか。

 

監修者:丸山大輝(2級ファイナンシャル・プランニング技能士)

記事提供:トランス・コスモス株式会社

監修者保有資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士

  1. 本記事は情報提供を目的としており、特定の金融商品等の勧誘目的で作成したものではありません。商品の購入時にはお客さまご自身でご判断ください。本記事の情報は、当行が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本記事の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答えしかねますので予めご了承ください。また、本記事の記載内容は、予告なしに変更することがあります。 
  2. 三菱UFJ 銀行では一部取り扱いのない保険商品があります。
(2021年10月11日現在)

保険をご検討中の方へ

保険について詳しく知る
自分にピッタリの保険を診断する

<保険のご相談にあたっての注意点>

  • 未成年の方はお申し込みいただけません。

<ネット保険のお見積もり・お申し込みにあたっての注意点>

  • 未成年、非居住者、成年後見制度利用の方はお申し込みいただけません。
  • ネットでの保険商品のお見積もり・お申し込みは三菱UFJダイレクトにログインが必要です。

お客さまにご負担いただく諸費用について

お客さまにご負担いただく手数料のうち主なものは以下の通りです。

種類 費用の概要
保険契約関係費用 ご契約時の初期費用や、運用期間中・年金受取期間中の費用等、契約の締結・成立・維持・管理に必要な費用です。
資産運用関係費用 投資信託の信託報酬や、信託事務の諸経費等、特別勘定の運用により発生する費用です。
解約控除 契約日から一定期間内の解約の場合に特別勘定から控除される費用です(解約時のみ発生いたします)。
  • ご負担いただく手数料種類やその料率は、商品によって異なります。くわしくは各商品の「パンフレット」、「契約概要・注意喚起情報」、「ご契約のしおり・約款」等でご確認ください。
  • くわしくは、窓口までお問い合わせください。

個人年金保険・終身保険等の保険(以下「保険」といいます)をお申し込みの際は、次の点にご注意ください。

  • 保険は預金ではなく、当行が元本を保証する商品ではありません。
  • 保険会社の業務または財産の状況の変化により、ご契約時にお約束した保険金額・給付金額・年金額等が削減されることがあります。
  • 商品種類・運用状況・経過年数等によっては、価格変動リスク・金利変動リスク・為替変動リスク・信用リスク等により、積立金額・年金額・解約返戻金額等が払込保険料を下回る場合があります。
  • 商品種類によっては、ご契約時の契約初期費用のほか、ご契約後も毎年、保険関係費用・運用関係費用・年金管理費用等がかかる場合があります。また、ご契約から一定の期間内に解約された場合、解約控除(費用)がかかる場合があります。
    外貨建保険等では、円貨を外貨に交換して保険料を払い込みになる場合、または、外貨建ての年金・死亡保険金・解約返戻金等を円貨に交換する場合、交換時の為替相場により円貨額が変動します。また、為替相場に変動がない場合でも、円貨からお申し込みの際にはTTS(円貨から外貨への換算相場)、円貨で年金等をお受け取りの際にはTTB(外貨から円貨への換算相場)を基準とする相場を適用するため、為替手数料がかかります。ご負担いただく手数料種類やその料率は商品によって異なります。そのため具体的な金額・計算方法は記載することができません。各商品の費用等の詳細は「パンフレット」「契約概要・注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」等でご確認ください。
  • 当行は保険の募集代理店です。保険の引き受けは行っておりません(保険の引き受けは、引受保険会社で行っております)。
  • 当行は契約締結の媒介を行います。そのため、お客さまのお申し込みに対して引受保険会社が承諾したときに契約は成立します。
  • 預金保険の対象ではありませんが、保険会社が加入する生命保険契約者保護機構・損害保険契約者保護機構の保護対象です。万一、引受保険会社が破たんした場合には、生命保険契約者保護機構・損害保険契約者保護機構の保護措置が図られますが、ご契約の際にお約束した保険金額・給付金額・年金額等が削減されることがあります。
  • 保険業法上の規制にもとづき、商品によっては、お客さまの「お勤め先」や「当行への融資お申込状況」等により、当行で保険をお申し込みいただけない場合があります。
  • 保険をお申し込みいただくかどうかが、当行でのお取引(預金・融資等)に影響するものではありません。
  • 商品によっては、被保険者に健康状態等について告知をしていただく必要があります。また、被保険者の健康状態等によりご契約いただけない場合等があります。なお当行の担当者(保険販売資格をもつ募集人)には告知受領権がありませんので、担当者に口頭でお話されても告知していただいたことにはなりません。
  • 商品によっては、保険契約を有効に継続させるためには、払込方法に応じた期日までに継続的に保険料を払い込んでいただく必要があります。保険料の払い込みが遅れて、一定期間が経過すると契約が失効します。保険契約が失効した場合には、契約の効力がなくなり、保険金等が受け取れませんので、ご注意ください。
  • 保険金・給付金等のお支払事由が生じた場合には、ただちに保険会社または当行までご連絡ください。保険金・給付金等をお支払いできる場合、お支払いできない場合につきましては、各商品の「パンフレット」「契約概要・注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」等でご確認ください。
  • ご検討にあたっては、商品の詳細・諸費用について、各商品の「パンフレット」「契約概要・注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」等でご確認ください。
  • 保険のお申し込みに際しては必ず、保険販売資格をもつ募集人にご相談ください。くわしくは、取扱窓口までお問い合わせください。

ネット保険をお申し込みの際は、次の点にもご注意ください。

  • 未成年、非居住者、成年後見制度利用のお客さまはインターネットを通じたお申し込みはできません。
  • 三菱UFJダイレクトご契約のご本人さま以外によるお申し込みはできません。
  • 当行では店頭・インターネット等のお申込方法によって、取扱商品が異なります。同じ商品であっても、お申込方法によって、契約年齢や契約形態等の取扱条件が異なる場合があります。
  • 各保険商品の詳細・諸費用等については、必ず商品詳細ページ掲載の「パンフレット」、「契約概要・注意喚起情報」、「ご契約のしおり・約款」等でご確認ください。
  • インターネットを通じてお申し込みされる場合、個別の商品・契約内容・各種ご照会は、当該保険契約の引受保険会社にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ
三菱UFJ銀行コールセンター

0120-860-777(無料)

(月~金曜日 9:00~17:00(祝日・12/31~1/3等を除く))

自動ガイダンスが流れた後に3→5を押してください。

株式会社 三菱UFJ銀行
(2021年10月11日現在)

お問い合わせは「三菱UFJ銀行コールセンター」まで。

電話番号、利用時間、サービスメニュー等についてはこちらからご確認ください。