[ ここから本文です ]

カードローンの一括返済の方法とメリット・デメリット

カードローンの一括返済の方法とメリット・デメリット
コンビニや銀行のATMで使えるカードローンは、その利便性の高さから、利用している方も多いと思います。しかし、便利だからといって何度も借り入れを繰り返していると、気付かないうちに借入総額が増え、カードローンの完済までの期間が長くなってしまっている場合もあります。また、当然利息も支払わなければいけないので、返済期間が長いと、それだけ返済総額も増えてしまいます。

そんなときに有効なのが、カードローンの一括返済です。そこで、今回はカードローンの一括返済について解説していきます。メリットとデメリットをしっかり把握し、上手に活用してください。

カードローンの一括返済とは

カードローンの一括返済は、ローンの残額を全額、一度に支払う返済方法です。カードローンは通常、毎月決まった金額を返済していく約定返済ですが、残高を一括で返済することも可能です。一括返済することでローンを完済できるので、それ以降カードローンの借入残高はなくなり、毎月返済する必要もありません。
この一括返済は、クレジットカードで買い物をしたときの「1回払い」といったものとは異なるので、一括返済したい場合は手続きが必要になります。
一括返済の手続き方法はカードローン会社によって異なっているため、事前の確認が不可欠です。また金融機関によっては、「一括返済」という名称を使っていないこともあります。その場合は「臨時返済」等の返済方法になりますが、一括返済と同じものなので、安心してください。

他にも一括返済を行う前には、利息を含めた返済総額を確認したりと、意外と準備に手間がかかります。ここからは、一括返済がスムーズに行えるよう、その方法やメリット、デメリット等を解説していきます。
カードローンの一括返済とは

カードローン一括返済のメリット

先ほど説明したとおり、カードローンを一括返済すれば一気に借入がなくなり、毎月返済する必要もなくなります。これが最大のメリットですが、それ以外にもいくつかメリットはあります。

  1. 本記事で掲載している金利は一例であり、利息や返済期間の計算は、概算です。
    利息や返済期間の計算方法は、カードローンを提供する各社により異なりますので、各社のホームページ等でご確認ください。

支払総額が減る

カードローンを利用すると、当然ですが利息がつきます。利息は、返済期間が長ければ長いほど最終的に支払う総額も増え、負担になります。返済を続けていれば、借入残高が減って利息も減りますが、完済するまで利息がなくなることはありません。

たとえば、30万円を金利 年18%で借り入れて、毎月1万円ずつ返済していくとすると、返済期間は41ヶ月、支払総額は401,523円になります。利息だけで10万円以上になるのです。一括返済できる余裕があるのなら、毎月分割して返済を続けていくのはもったいないと言えます。

信用情報の履歴がプラスになる

カードローンに限らず、個人がローンを利用すると、信用情報機関にその情報が記録されます。契約した会社、借入金額、毎月滞りなく返済されているのか、といった情報も残ります。返済に遅延があったりすると、マイナスの情報として履歴に残ってしまいます。

しかし、逆にカードローンの一括返済を行えば、予定より早く完済したことになるので、信用情報の記録が、審査でプラスに判断されることもあります。信用力が高まれば、マイカーローンや住宅ローンなど、新たにローンを組む際の審査にも有利に働きます。

利用限度額が回復、ときには増額される

一括返済をしたからといって、そのカードローンが解約されるわけではありません。カードローンで一括返済を行うと、再び借入可能額の上限までお金を借りることができるようになります。

それだけでなく、前述のとおり一括返済による信用情報がプラスに評価され、借入可能額が増額される場合もあります。
カードローン一括返済のメリット

カードローン一括返済のデメリット

カードローンの一括返済のメリットはいくつかありますが、デメリットがないわけではありません。デメリットも理解したうえで、一括返済するべきか検討してみましょう。

手続きに手間がかかる場合も

カードローンで一括返済を行う場合、まず利息を含めた返済総額を確認しなければなりません。カードローンの利息は日割り計算で行われるため、返済日が1日違うだけでも返済額が変わってきます。そのため、カードローン会社に連絡し、返済日を確定させる必要があるのです。

また、カードローンの毎月の返済は、ATMや口座引き落としで行いますが、一括返済の場合は、金融機関によっては指定口座への振り込みや、店舗窓口での入金等取り扱い方法が異なります。利用しているカードローンのサイトや問い合わせ窓口を活用して、しっかり事前に確認しておきましょう。

まとまった資金が必要

一括返済によって借入はなくなりますが、そのためには当然まとまった資金が必要になります。無理な一括返済を行ったために、生活費が足りなくなってしまっては本末転倒です。生活費が不足する場合、新たな借り入れのきっかけになることもあるので、充分に気をつけてください。

一括返済を行うなら、資金に余裕ができた場合にするなど、自身のキャッシュフローをしっかり考えておきましょう。

超過返済になることがある

ATMから一括返済を行う場合に気をつけたいのが、超過返済です。たとえば一括返済の金額が100,100円の場合、コンビニのATMなどでは硬貨を取り扱っていないこともあるので、101,000円を入金することになります。
この超過分の返還についてはカードローン会社によって違ってきますので、一括返済前には確認を怠らないようにしましょう。

カードローン一括返済の方法

いよいよ返済方法の説明に移ります。最初に説明したように、金融機関によっては別の名称を使用することもあるので、注意しましょう。

返済金額と返済日を確定する

まず一括返済の金額を確定させます。そのためには、カードローン会社のお問い合わせ窓口に電話するか、インターネット上の会員ページで確認する必要があります。

返済すべき金額は、借入金額とは異なり、借入金額に日割り計算の利息を足した金額になります。返済日が1日でも違えば金額も変わってくるので、いくつか返済日の候補を上げておくといいでしょう。

返済方法を確認する

カードローン会社によって、返済方法も変わってきます。直接窓口に赴くこともあれば、指定の口座への振り込み、普段と同じようにATMからの入金でもOKな場合と、さまざまです。ATMで入金する場合は、前述したように硬貨の取り扱いには気をつけてください。

カードローン一括返済の注意点やポイント

それでは最後に、カードローンの一括返済に関する注意点や、ポイントを紹介しておきましょう。

一括返済をしても解約にはならない

一括返済をしたからといって、そのカードローンを解約することにはなりません。借入残高がなくなるだけです。したがって、再び借り入れを行うこともできます。解約してしまうと、将来カードローンを使いたくなったときに、また審査を受けなければなりません。そしてそのときに必ず審査に通るとは限らないので、しばらく使わない場合でも、手元に置いておくとよいでしょう。

ただし、カードローンの契約が残っていると、住宅ローンなどの審査でマイナスの評価を受けてしまう可能性があるので、大きな借入を考えている方は、解約も選択肢に入れてください。

一括返済だけでなく一部返済も考える

一括返済をするお金は用意できなくても、なるべく早く完済したい。誰もがそう思うことでしょう。その場合、一括返済ではなく、一部返済(臨時返済、繰り上げ返済)を検討するのも手段の一つです。全額返済まではいかなくても、臨時収入があった場合等に、多めの金額を返済していけば、返済期間を短縮することができ、利息を減らすことにもつながります。

ただし、カードローンによっては一部返済に対応していない場合もあるので、ご自身のカードローンがどの返済方法に対応しているか確認しておいてください。

まとめ

カードローンの一括返済は、将来支払う利息を支払わずに済むというメリットがあります。しかし、前述したようにデメリットもあります。「一括返済をすると貯金がゼロに近くなってしまう」といった、生活への悪影響を極力避け、臨時収入があったとき等に一括返済を考えてみてはいかがでしょうか。また今回紹介した一部返済等も柔軟に活用しながら、賢くカードローンを利用しましょう。

記事提供:株式会社ウィルゲート
(2021年4月12日現在)
  1. 本記事は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。商品の申込時にはお客さまご自身でご判断ください。本記事の情報は、当行が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本記事の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答えしかねますので予めご了承ください。また、本記事の記載内容は、予告なしに変更することがあります。