[ ここから本文です ]

金利とは?利息の計算方法など仕組みや注意点をわかりやすく解説!

この記事は7分30秒で読めます。
金利とは?利息の計算方法など仕組みや注意点をわかりやすく解説!
公開日:2023年8月22日
新聞・インターネットなどのニュースで「金利」や「利息」という言葉を聞いたことはあるけれど、実はその仕組みがよくわからない、という人も多いのではないでしょうか。
「金利」や「利息」の基本的な仕組みを理解しておけば、実際に自分でお金を預けたり、投資したり、あるいは借りたりする際に役立ちます。
この記事では、「金利とは何か?」「利息とは?」などの基礎知識を、例をまじえてお金のプロがわかりやすく解説します。

目次

金利・利息とは?年利と利息の計算方法

金利や利息はよく耳にする言葉ですが、具体的には何を指しているのか、両者に違いはあるのか、などわからない人もいるでしょう。
「利息」とは、お金の貸し借りにおいて、借りた人が貸した人へ支払う対価(レンタル料)を指し、借りた金額に応じてさまざまな割合で支払います。
このとき、借りた金額に対してどれくらいの割合で利息(利子)が発生するのかを表すのが「金利」です。通常はパーセント(%)で表記します。
では、身近な金利にはどのようなものがあるのかみていきましょう。

お金を預けたり、投資したりする場合

お金を銀行に預けたり、債券に投資したりすると、利息がもらえます。順に解説していきます。
■銀行預金(普通預金・定期預金・外貨預金等)
銀行にお金を預けると、銀行にお金を貸すことになるため、利息を受け取ることができます。
預貯金は、一般的に金利は低めなので、受取利息は少ないですが、おろした時に元本(初めに預けた金額)が保証されているのが特徴で、安全性が高いといえます。
■債券(国債・社債等)
債券を買うと、債券を発行した団体(企業・国等)へお金を貸すことになるため、預金と同様に利息を受け取ることができます。ただし、債券は途中で売却することもできるため、売却時の時価によっては元本(初めに投資した金額)を上回ることもあれば下回ることもあります。
そのため、債券は途中で売却すると利益を得たり損失を被ったりする可能性がありますが、満期(償還日)まで持っていれば、元本が戻ってきます。

お金を借りる場合

一方、お金を借りると利息を支払う立場になります。
■各種ローン(住宅・カード・教育・マイカー等)
銀行などでローンを組むことは、お金を借り入れるということです。借入の目的によって、住宅ローン、カードローン、教育ローン、マイカーローン、等さまざまなローンがあり、それぞれ金利も異なります。
ローンは借入金額や金利に応じた利息を支払い、借入金額や金利が低いほど支払い利息は少なくてすみ、高くなるほど支払い利息は増えていきます。
金利が年10%で、1年後に返済する場合
たとえば、100万円を借りた場合に、金利の違いによって具体的に返済額がどのくらい変わるかをみてみましょう。1年間の金利(年利)が次の3通りの場合に、5年後のそれぞれの返済総額は以下のとおりです。
年利5%…5年後の返済総額は128万円(内利息分28万円)
年利15%…5年後の返済総額は201万円(内利息分101万円)
年利20%…5年後の返済総額は249万円(内利息分149万円)
5年後の返済総額イメージ
  • 金融庁ウェブサイト
    https://www.fsa.go.jp/teach/kou3.pdf
同じ借入金額でも、適用される金利によって返済総額が大きく異なるため、金利について正しく理解することが大切です。

金利を決めているのは誰?

金利を決めているのは誰?
シミュレーションで金利について実感していただいたところで、そもそも私たちがお金をためるときや借りるときの金利は、誰が決めているのかご存知でしょうか。
実は、それぞれの金融機関が日本銀行(日銀)の金融政策に基づいて金利を決めています。

日銀の金融政策とは

2023年春、10年ぶりに日銀総裁が交代したというニュースを聞いた人も多いのではないでしょうか。そもそも日銀とは何をしているのでしょうか。
日銀は、景気動向に応じて金融政策を実施し、金融市場に出回るお金の量を調節しています。
金融政策には、金融引き締めと金融緩和の2通りがあります。

金融引き締めとは

金融引き締めとは、好況の場合に日銀が金利を上げて市場に出回るお金を減らすことです。その目的は、物価を安定させ、景気の過熱を抑制することです。
つまり、市場金利が上昇すると、金融機関は以前より高い金利で資金を調達しなければならず、企業や個人へ貸し出す金利を引き上げるようになります。
企業や個人は、金利が上がり資金を借りにくくなるので、経済活動が抑制されるようになり、景気の過熱が抑えられることにつながります。これに伴い、物価を押し下げる圧力が働くようになることが期待されます。

金融緩和とは

金融緩和とは金融引き締めとは逆に、不況の際に日銀は金利を下げて、市場に出回るお金を増やすことです。その目的は、物価の上昇や景気の好転です。
つまり、市場金利が下がると、金融機関は低金利で資金を調達できるので、企業や個人への貸出においても、金利を引き下げることができるようになります。
金融市場は互いに連動しているので、金融機関の貸出金利だけでなく、企業が社債発行などによって市場から直接資金調達をする際の金利も低下します。
企業は運転資金や設備資金を調達しやすくなり、個人は住宅購入のためのローンなどを借りやすくなります。経済活動がより活発になり、それが景気を上向かせる方向に作用します。これに伴い、物価を押し上げる圧力が働くことが期待されます。
金融政策とは
  • 金融庁ウェブサイト
    https://www.fsa.go.jp/teach/chugaku/fukukyouzai.pdf
日本は経済活動を活性化する目的で、2013年4月から世界でも類を見ない大規模な金融緩和政策をとってきました。

金融政策と私たちの暮らし

日銀の金融政策は金利動向を左右するため、私たちの暮らしにも影響を及ぼしています。具体的にどのような影響があるか見ていきましょう。

預貯金や債券

<金融引き締め時>
預貯金や債券の金利は上昇傾向になります。金利が高いと受け取る利息も多くなります。
<金融緩和時>
預貯金や債券の金利は下降傾向になります。金利が低いと受け取る利息も少なくなります。

住宅ローン

<金融引き締め時>
日銀が金利を上げるため、市場金利が上がるので、住宅ローンなど長期で借入額の多いローンを組みにくくなります。
<金融緩和時>
日銀が金利を下げるため、市場金利が下がるので、この時期に組んだ借入金は返済までの金利負担を抑えられる可能性があります。

低金利時代のお金とのつきあい方

現在の日本は金融緩和を継続中のため、住宅ローン等は借りやすい一方で、お金をためるという観点では預貯金の金利が低いので、預貯金以外にNISAやiDeCoなどの運用を検討する方も増えています。

まとめ

金利や利息は私たちの普段の生活に密接にかかわってくるため、その仕組みを理解しておくことは重要で有益といえるでしょう。
日銀の金融政策が、引き締めなら金利は上昇し物価は安定傾向、緩和なら金利は低下し物価は上昇傾向になると予測されます。
たとえば、金利の上昇時は、預貯金などの受取利息は多くなります。一方、金利の下降時は、低金利で住宅ローンを組みやすくなるでしょう。
このように金利や物価の動きがわかると、いざというときに適切なタイミングで理にかなった行動がとれるでしょう。
執筆者:岩永 真理(いわなが まり)
執筆者保有資格:日本ファイナンシャル・プランナーズ協会認定 CFP®認定者、1級ファイナンシャル・プランニング技能士
※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途ホームページ等でご確認ください。
この記事をシェアする
  1. 「Facebook」及びそのロゴマークは、Meta Platforms, Inc.の商標または登録商標です。
  2. 「X」及びそのロゴマークは、X Corp.の商標または登録商標です。
  • 本記事は情報提供を目的としており、特定の金融商品等の勧誘目的で作成したものではありません。商品の購入時にはお客さまご自身でご判断ください。
  • 本記事の情報は、記事の公開日または更新日時点での情報であり、その正確性、完全性、最新性等内容を保証するものではありません。
  • 一部、当行にて取り扱いのない商品に関する内容を含みますが、商標登録されている用語については、それぞれの企業等の登録商標として帰属します。
  • 記事の内容は、予告なしに変更することがあります。

三菱UFJ銀行でつみたてNISAを始める方法

三菱UFJダイレクトでNISA
NISA・つみたてNISAの口座開設は、三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)で今すぐお申し込みいただけます。

インターネットバンキング専用ファンドは手数料がおトクです。
インターネットバンキングなら窓口に行く必要がないため、
24時間365日お取引ができます。

NISA・つみたてNISAの口座開設には、投資信託口座が必要です。くわしくはこちら

三菱UFJダイレクトのログインパスワード登録がお済みでない方はこちら

投資信託の口座開設には普通預金口座が必要です。
普通預金口座の開設は来店不要のアプリがおススメ。くわしくはこちら
アプリ以外の方法をご希望の方はこちら

  1. 他金融機関で2018年以降のNISA口座を既に開設しているお客さまは、金融機関変更のお手続きが必要です。廃止通知書の提出を伴うNISA口座開設のお手続きは、店頭のみでのお取り扱いとなります(三菱UFJダイレクトではお申し込みいただけません)。ご来店の際は、お手数ですが「ご来店予約」からご予約をお願いします。

あわせて読みたい

人気記事ランキング

投資信託をお申し込みの際は、次の点にご注意ください。

  • 投資信託は預金ではなく、その基準価額は、組入れ有価証券(株式・債券等)の値動きにより変動しますので、お受取金額が投資元本を下回る場合があります。
  • 組入れ有価証券等は、株式指標・金利等を原因とした値動きにより変動します。
  • 投資信託の購入時手数料や運用管理費用(信託報酬・管理報酬等)・信託財産留保額等の手数料等はファンド・購入金額等により異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。
  • お申込前に必ず最新の契約締結前交付書面(目論見書および目論見書補完書面)等を十分にご確認ください。

その他にもご留意事項がありますので、くわしくはこちらをお読みください。

「NISA」制度をご利用の際は、次の点にご注意ください。

  • 当行でNISA口座を開設するには、投資信託口座が必要です。
  • NISA制度では、すべての金融機関を通じて1人につき1口座しか開設することはできません(金融機関の変更を行った場合を除く)。
  • NISA口座は、店頭でお申し込みの場合、原則として、お申込日当日(お申し込みが休日の場合または当行所定の時刻までに受付手続が完了しなかった場合は翌営業日)、三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)の場合、最短でお申込日当日に開設します(*)。NISA口座では、開設と同じ日またはそれ以降に投資信託を購入することが可能です。口座開設後に行う税務署審査の結果、二重口座であったことが判明した場合、NISA口座で購入した投資信託は当初から課税口座で購入したものとして取り扱います。当該投資信託から生じる配当所得および譲渡所得等については、遡及して課税されます。
    • 当行または他金融機関で、2018年以降のNISA口座の開設をお申し込み(2017年以前のNISAが継続した場合を含みます)をされたことがある場合、当該口座は、税務署の審査が承認となり、当行所定の手続きが完了した後に開設されます(通常、お申し込みから2~3週間程度で手続きは完了します)。
  • NISA口座は、開設後、税務署の審査が完了するまで金融機関の変更および廃止はできません。
  • NISA口座での損失は税制上ないものとされます。
  • NISA制度では、年間の非課税投資枠(つみたて投資枠は年間120万円、成長投資枠は年間240万円)と非課税保有限度額(総枠)(つみたて投資枠・成長投資枠あわせて1,800万円、うち成長投資枠1,200万円)の範囲内で購入した上場株式等の商品から生じる配当所得および譲渡所得等が非課税となります。
  • 上場株式等の配当等はNISA口座を開設する金融機関等経由で交付されないものは非課税となりません。
  • 基準経過日において、NISA口座を開設しているお客さまの氏名・住所を、所定の方法で確認します。
  • 当行のNISA(つみたて投資枠・成長投資枠)では、株式投資信託のみを取り扱いしております。
  • つみたて投資枠での購入は、つみたて契約(投資信託継続購入プラン)に基づく、定期かつ継続的な方法により行うことができます。
  • つみたて投資枠の対象商品は、長期のつみたて・分散投資に適した一定の投資信託に限られます。
  • つみたて投資枠に係るつみたて契約(投資信託継続購入プラン)により購入した投資信託の信託報酬等の概算値を、原則として年1回通知します。
  • 成長投資枠の対象商品は、NISA制度の目的(安定的な資産形成)に適した一定の投資信託に限られます。

株式会社 三菱UFJ銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第5号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

株式会社 三菱UFJ銀行
(2023年8月22日現在)