[ ここから本文です ]

【初心者向け】100万円からはじめる資産運用!成功させるためのポイント

【初心者向け】100万円からはじめる資産運用!成功させるためのポイント
公開日:2022年6月30日
100万円あったらどのように資産運用しますか?
100万円を1商品に1回で投資する方法もあれば、毎月10万円ずつ異なる商品に分散させる方法もあります。
投資はリスクがつきものですので、これから投資を始める方は、どのような商品を選び、どれくらいの期間で運用すればよいのか、しっかり考えておくことが大切です。
この記事では、100万円から資産運用をはじめたい方向けに、資産運用の基礎的な知識や100万円でできる資産運用方法をファイナンシャルプランナーが解説します。資産運用をはじめようとしている方は、ぜひ参考にしてください。

100万円あると戦略的な資産運用がしやすい理由

100万円あると戦略的な資産運用がしやすい理由
100万円あるとさまざまな方法で投資できます。この章では、なぜ100万円あると戦略的な投資がしやすいか解説していきます。
なお、資産運用はあくまで生活に支障をきたさない範囲で、余剰資金を使って行うのが基本です。
もし余剰資金がない場合は、まずは余剰資金を貯めるところからはじめ、資金に余裕ができてから資産運用に挑戦しましょう。

理由①資産の分散をしやすいから

一口に資産運用といっても、債券、外貨預金、株式投資、投資信託等、投資先はさまざまです。少額から購入できるものや、ある程度まとまった金額から購入できるもの等、投資に必要な金額も金融商品によって異なります。100万円あれば、幅広い金融商品を投資対象にできるため、投資の自由度も高くなるでしょう
債券・外貨預金・株式・投資信託へ25万円ずつ均等に投資する、株式投資や投資信託の配分を多くする等、考えられる戦略はさまざまです。工夫して投資できるからこそ、楽しいと感じる方もいるかもしれません。

理由②時間の分散をしやすいから

前述したように100万円があれば、100万円を10回に分け、10万円ずつゆっくりと運用する選択肢もできます。
仮に100万円を一括で投資し、投資後に相場が下落した場合、損失が大きくなり収益を得られません。タイミングをずらして複数回投資することで、価格下落のリスクを減らせます。
相場下落時は分散投資にして相場上昇時は一括投資にする等、自分なりに考えて投資できるのも、100万円で行う投資の魅力の一つです

資産運用をはじめる前に覚えておきたい基礎知識

資産運用をはじめる前に覚えておきたい基礎知識
資産運用には金融に関するある程度の知識が必要です。覚えておきたい3つの基礎知識をご紹介します。

単利・複利

金融商品には「単利」と「複利」の2種類があり、資産運用では「複利」の考え方が重要です。
単利 当初の元本に対する利益を毎回受け取り、元本のままで運用する
複利 運用で得た利益を当初の元本にプラスして、再び投資する
利息の計算元となる金額が徐々に増えていく複利のほうが、長期間の運用になればなるほど、利息の総額は大きくなります
例えば、元本100万円を年利5%で5年間運用した場合の5年後の利息は、単利だと25万円、複利だと約28万円です。※税金は考慮していません。
円預金には複利型も存在しますが、現在では利息がほとんどつきません。株式投資や投資信託は、企業の株式や債券等に投資するため、預金よりも高い利回りを期待できます。
また、得られた利益をもとに当初の元本にプラスしてさらに投資(再投資)すれば、より、利息が利息を生む複利効果が期待できます。長期で運用して資産を増やしたい方は、複利を検討しましょう。

リターンとリスク

投資には、リターンとリスクがあります。リターンとは投資によって得られる収益のことを指し、リスクは損失そのものだけではなくリターンの振れ幅も指す点に注意しましょう。
リスクが大きいということは、大きな収益が得られる可能性があると同時に、大きな損失がでる可能性もあるということを表します。投資をする際は、どれだけの振れ幅を許容できるか把握しておくことが大切です。
また、リターンとリスクは比例する傾向にあり、リスクが多いほどリターンも大きく、リスクが少ないほどリターンも小さくなると考えておきましょう。
リスクには信用リスク、価格変動リスク、為替変動リスク、カントリーリスク等があり、金融商品によって種類が異なります。
信用リスク 株式や債券等の発行体である企業や国の状況が悪化し、債務不履行が発生する可能性。これにより株価や債券等の価値が下がる場合がある。
価格変動リスク 国内外の政治、経済状況や金利の変動により、金融商品の価値が変動するリスク。
為替変動リスク 為替レートの変動により、外貨建資産の価値が変動し、金融商品の価値が変動するリスク。
カントリーリスク 投資対象となっている国や地域で政治状況が変化し、金融資産の価値が変動するリスク。
金融商品ごとのリターンとリスクを知り、自身のリスク許容度の範囲内で投資をしましょう。商品の概要にはリスクの説明があるので、必ず確認しましょう。リスクの数が多いほど、値動きが大きくなる傾向にあります。

運用利回り

投資金額に対する収益の割合を運用利回りといい、運用利回りは金融商品を選ぶうえでの重要な指標の一つとなります。
運用利回りは以下の計算式で算出できるので、金融商品を選ぶ際の参考にしてください。
運用利回り(%)=1年間の利益額÷投資額×100
運用利回りが1%違うと、トータルリターンは大きく変わります。例えば、毎月3万円を積み立てた場合の5年後と10年後の最終積立金額は、以下のようになります。
毎月3万円を積み立てた場合の最終積立金額(手数料や税金は考慮していません)
運用利回り3%の場合 5年後 193.9万円 10年後 419.2万円
運用利回り4%の場合 5年後 198.9万円 10年後 441.7万円
運用期間が長ければ長いほど、運用利回りの影響は大きくなるため、長期の運用を考えている場合は特に、運用利回りに注意しましょう。

100万円でできるおすすめ資産運用5選

100万円でできるおすすめ資産運用5選
100万円でできる資産運用方法にはどのようなものがあるのでしょうか。数万円から数十万円で購入でき、「一括」「積立」どちらの方法でも購入しやすい金融商品を、5つ紹介します。

外貨預金

外貨預金とは、日本円ではなく米ドルやユーロ等、外国のお金で預金する方法です。外貨預金の魅力の一つが、日本にはない金利の高さです。
低金利が続いている日本円で預金しているより、相対的に金利が高い外貨で預金している方が、利息を多く得られます。
購入時と売却時の為替レートの変動次第で、為替差益や為替差損が発生する可能性があるため、金利だけでなく為替の変動にも注意して運用しましょう。
例えば、1ドルを100円で購入し、その後にレートが1ドル110円になった場合、円に戻す際に、10円の為替差益を得られます。逆に、1ドル100円で購入し、売却時のレートが1ドル90円になると、10円の為替差損が発生するのです。
一般的に、外貨購入時よりも売却時のほうが円高なら損失、円安なら利益が出やすくなるため、交換時の為替レートや手数料に注意して取引してください。
なお、外貨預金は円預金と違って、預金保護制度の対象外となり、万が一金融機関が破綻した場合に預金の補償を受けられませんので注意しましょう。

投資信託

投資信託とは、投資家から集めた資金を専門家が運用し、運用によって得られた利益が投資家へ還元される金融商品です。
投資先は、債券、株式、不動産等さまざまあり、国内だけでなく海外の金融商品も投資の対象となります。上場しており株式と同じような性質を持つETFや、不動産のみを投資対象としているREIT等もあるため、運用方針に適した商品を選びましょう。
投資信託では、専門家が投資家から預かったお金で、分散投資をしてくれます。また、少額からはじめられるため、投資信託は投資初心者に向いている金融商品だといえます。
ただし、商品の購入時、運用時、売却時に手数料がかかる、短期間での資産増加は難しいといったデメリットもある商品です。商品の特性を理解したうえで、長期間での運用を心がけましょう。
また、投資信託ではNISA制度を利用できます。NISAは一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの3種類あり、それぞれの特徴は以下のとおりです。
  1. ここでは分かりやすさのため、NISAを一般NISAと表記します。
  一般NISA つみたてNISA ジュニアNISA
非課税保有期間 5年間 20年間 5年間 ※
年間非課税枠 120万円 40万円 80万円
投資可能対象 上場株式、公募株式投信、ETF、REIT等 長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託 一般NISAと同じ
買付方法 通常の買いつけ
積立投資
積立投資(累積投資契約に基づく買いつけ)のみ 一般NISAと同じ
備考 一般とつみたてNISAは年単位で選択制 2023年末で終了
  1. 2023年末以降に非課税期間が終了するジュニアNISAは、非課税で子供が20歳まで継続保有可能
出典:金融庁「NISAとは?」
NISAは2024年に制度変更を予定しているため、これから制度を利用する方は最新の情報に注意しましょう。

株式投資

株式投資とは、企業が発行する株式を買い、それを売却して利益を得る手法です。株式の種類によっては、売却益だけでなく配当金や株主優待等を得られる場合もあります
ただし、企業の業績悪化により損失が出るおそれがあり、最悪の場合には、企業の倒産で株式の価値がゼロになってしまう事態になりかねません。必ずしも利益が出るわけではないと考え、リスク管理を徹底しましょう。
また、株式の売買は100株単位が主流ですが、1株単位で購入できるミニ株の制度もあります。少額からはじめたい場合は、ミニ株の購入を検討してみてください。

iDeCo

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、20歳以上65歳未満のほぼすべての人が加入できる私的年金制度です。
掛金の拠出や金融商品の選択・運用をすべて自分で行わなければなりませんが、積立時、運用時、受け取り時に税金の優遇措置を受けられるという大きなメリットがあります。
月々5,000円から、1,000円単位で自由に掛金を設定できるため、運用に不安がある方は、まずは少額からはじめてみましょう。
iDeCoで運用できる金融商品は、運営管理機関が用意した定期預金、投資信託等に限られます。掛金には上限があり、自営業者等で月6.8万円、会社員・公務員等で月1.2~2.3万円、専業主婦(夫)で月2.3万円です。また、原則として60歳になるまでは引き出せないため注意しましょう。

ロボアドバイザー

ロボアドバイザーとは、自身に適した金融商品やその運用方法をAIが提案してくれるサービスを指します。
商品の選定や運用をAIが代行してくれるため、手間がかからず、金融知識が少ない投資初心者にもおすすめです。
ただし、ロボアドバイザーの利用には手数料が発生します。手数料や詳しいサービス内容は取扱う金融機関等によって異なるため、いくつかのサービスを比較してから利用を検討してください。

資産運用を成功させるための3つのポイント

資産運用を成功させるための3つのポイント
資産運用を成功させるには、どのような点に注意したらよいのでしょうか。資産運用初心者がまず心がけるべき3つのポイントを解説します。

資産運用の目的と方針を決めておく

投資する金額、運用期間、リスクとリターンのバランスをあらかじめ決めておくと、自分の運営方針等に適した投資先を選べるため、大きな失敗を避けやすくなります。
長期保有なのか短期保有なのか、専門家に運用を任せたいのか自分で運用したいのか、投資の目的をふまえて運用方針を決定しましょう。
また、運用する金額は余剰資金の範囲に収めておき、運用する上限を金額あらかじめ決めておくと、運用に迷った際の判断基準になります。

投資先を分散させる

先述のとおり、投資にはリスクがつきものであり、リスクを完全に避ける方法はありません。そのため、できるだけリスクを抑えられるよう、投資先は分散することが大切です。
互いのリスクを補い合えるように金融商品を選択すれば、一つの投資で損失が出ても、他の投資先が損失をカバーし、結果的に全体の損失を抑えられる可能性があります。
投資対象、投資金額、投資時期を分散させ、リスクの低減に努めましょう。

定期的に内容を見直す

金融商品は、投資先の国・地域の社会や経済の情勢、企業の業績等に大きく影響を受けます。
投資先の状況は常に変化しているため、定期的に投資内容を見直し、問題があれば投資金額や投資先等の修正が必要です。
NISAやiDeCo等、投資に関連する制度も変更される可能性があるため、これらの制度を含めて、投資に関する情報を収集し、臨機応変に対応しましょう。

まとめ

資産運用にはさまざまな手法があり、金融商品によってメリット・デメリットが異なります。資産運用を成功させるためにも、商品性やリスクを知り、自分に合った方法を見つけましょう
100万円の資金があれば、債券や株式、投資信託等、さまざまな金融商品に投資できます。投資のプロに運用を任せられる投資信託なら、少額から投資できるだけでなく、NISAの税制優遇を受けられるため、ぜひ利用してみてください。
一度に大きな金額を投資するのが不安という方は、時間を分散させて少しずつ投資するのもおすすめです。資産運用の知識を身につけ、自分に合った運用手法を検討してみましょう。

記事提供:トランス・コスモス株式会社

執筆者保有資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士

※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途ホームページ等でご確認ください。

  • 記事の情報は当行が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その確実性を保証したものではありません。
  • 記事は外部有識者の方等にも執筆いただいておりますが、その内容は執筆者本人の見解等に基づくものであり、当行の見解等を示すものではありません。
  • また、一部、当行にて取り扱いのない商品に関する内容を含みますが、商標登録されている用語については、それぞれの企業等の登録商標として帰属します。
  • なお、記事の内容は、予告なしに変更することがあります。

あわせて読みたい

人気記事ランキング

外貨預金をお申し込みの際は、次の点にご注意ください。

  • 外貨預金は預金保険制度の対象ではありません。
  • 為替相場の変動により、円貨を外貨にする際(預入時)の為替相場に比べ、外貨を円貨にする際(引出時)の相場が円高になると引出円貨額が預入円貨額を下回る場合があります。
  • 円貨を外貨にする際および外貨を円貨にする際に手数料がかかるため、為替相場に変動がない場合でも、引出円貨額が預入円貨額を下回る場合があります。
  • 新興国通貨は先進国通貨に比べて大きなリスク(カントリーリスク等)があります。流動性や市場機能の低下、および大幅な為替変動により、場合によってはお取引を即時停止することがあります。
  • お申込前に必ず最新の説明書をご確認ください。

その他にもご留意事項がありますので、くわしくはこちらをお読みください。

投資信託をお申し込みの際は、次の点にご注意ください。

  • 投資信託は預金ではなく、その基準価額は、組入れ有価証券(株式・債券等)の値動きにより変動しますので、お受取金額が投資元本を下回る場合があります。
  • 組入れ有価証券等は、株式指標・金利等を原因とした値動きにより変動します。
  • 投資信託の購入時手数料や運用管理費用(信託報酬・管理報酬等)・信託財産留保額等の手数料等はファンド・購入金額等により異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。
  • お申込前に必ず最新の契約締結前交付書面(目論見書および目論見書補完書面)等を十分にご確認ください。

その他にもご留意事項がありますので、くわしくはこちらをお読みください。

当行では「三菱UFJ銀行の投資信託口座」と「金融商品仲介口座(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の金融商品仲介)」の2つの口座で投資信託を取り扱いしております(ファンドにより取り扱い口座が異なります)。
それぞれの口座について、くわしくはこちらをお読みください。

「NISA」制度をご利用の際は、次の点にご注意ください。

  • NISA制度では、すべての金融機関を通じて1人につき1口座しか開設することはできません(金融機関の変更を行った場合を除く)。
  • NISA制度を利用した口座は、店頭でお申し込みの場合、原則として、お申込日当日(お申し込みが休日の場合または当行所定の時刻までに受付手続が完了しなかった場合は翌営業日)、三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)の場合、最短でお申込日当日に開設します(*)。NISAの場合、開設と同じ日またはそれ以降に投資信託を購入することが可能です。口座開設後に行う税務署審査の結果、二重口座であったことが判明した場合、NISAで購入した投資信託は当初から課税口座で購入したものとして取り扱います。当該投資信託から生じる配当所得および譲渡所得等については、遡及して課税されます。
    • 当行または他金融機関で、2018年以降のNISA制度を利用した口座の開設をお申し込み(2017年以前のNISAが継続した場合を含みます)されたことがある場合、当該口座は、税務署の審査が承認となり、当行所定の手続きが完了した後に開設されます(通常、お申し込みから2~3週間程度で手続きは完了します)。
  • NISA制度を利用した口座は、開設後、税務署の審査が完了するまで金融機関の変更および廃止はできません。
  • NISA制度を利用した口座での損失は税制上ないものとされます。
  • 非課税投資枠(NISAは年間120万円、つみたてNISAは年間40万円)が設定されたNISA制度を利用した口座で、一度商品を売却するとその非課税投資枠の再利用はできません。
  • 非課税投資枠の残額を翌年以降に繰り越すことはできません。
  • 上場株式等の配当等はNISA制度を利用した口座を開設する金融機関等経由で交付されないものは非課税となりません。
  • NISAの非課税期間満了時にロールオーバーする(翌年の非課税投資枠へ移行する)場合には、当行が定める日までに移管依頼書を当行へ提出する必要があります。その際、ロールオーバー時の上場株式等の時価の合計額分だけ、翌年の非課税投資枠を利用します。時価の合計額が非課税投資上限額(120万円)を超えていても、全額ロールオーバーすることができます。
  • NISAの非課税期間満了時に、特定口座を開設しているものの、一般口座への移行を希望する場合は、当行が定める日までに移管依頼書を当行へ提出する必要があります。
  • NISAの非課税期間満了時に、当行が定める日までに移管依頼書を提出しない場合には、特段の手続きなしに課税口座(特定口座が開設されている場合には当該特定口座)に移行されます。
  • 当行のNISA・つみたてNISAでは、株式投資信託のみを取り扱いしております。
  • NISAとつみたてNISAは選択制です。
  • つみたてNISAでの購入は、つみたて契約(投資信託継続購入プラン)に基づく、定期かつ継続的な方法により行うことができます。
  • つみたてNISAは、NISAと異なりロールオーバー(非課税期間満了後、翌年の非課税投資枠へ移行すること)ができません。
  • つみたてNISAに係るつみたて契約(投資信託継続購入プラン)により購入した投資信託の信託報酬等の概算値を、原則として年1回通知します。
  • 基準経過日において、つみたてNISAを開設しているお客さまの氏名・住所を、所定の方法で確認します。

ご注意事項

iDeCoをお申し込みいただく前に、下記についてご確認ください。

  1. 原則、60歳まで引き出し(中途解約)ができません
    脱退一時金を受け取れるのは一定の要件を満たす方に限られます。
  2. ご本人の判断で商品を選択し運用する自己責任の年金制度です
    • 確定拠出年金制度では、ご加入されるご本人が自らのご判断で、商品を選択し運用を行いますので、運用結果によっては受取額が掛金総額を下回ることがあります。
    • 当行から特定の運用商品の推奨はできません。
  3. 運用商品の主なリスクについて
    • 預金は元本確保型の確定利回り商品です。預金は預金保険制度の対象となります。
    • 当行のiDeCoで取り扱う保険は元本確保型商品です。ただし、運用商品を変更する目的で積立金を取り崩す場合は、市中金利と残存年数等に応じて解約控除が適用されるため、結果として受取金額が元本を下回る場合があります。
    • 投資信託は価格変動商品です。預金ではなく、預金保険制度の対象ではありません。運用実績は市場環境等により変動し、元本保証はありません。また、当行でお取り扱いする投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
    • 預金、保険および投資信託は異なる商品であり、それぞれリスクの種類や大きさは異なります。
  4. 初回手続き時、運用時、給付時等で、各種手数料がかかります
    • iDeCoには、初回手続き手数料・毎月の事務手数料・資産管理手数料・運営管理機関手数料・給付事務手数料等がかかります。
    • 手数料は、加入者となられる方は毎月の掛金から、運用指図者となられる方は積立金から控除されます。年金でお受け取りになられる方は給付額から控除されます。
  5. 60歳になっても受け取れない場合があります
    • 50歳以上60歳未満で加入した場合等、通算加入者等期間(*)が10年に満たない場合は、受給可能年齢が引き上げられます。
    • 60歳以上で新規加入した場合、加入から5年経過後に受給可能となります。
      • 通算加入者等期間は、iDeCoおよび企業型DCにおける加入者・運用指図者の期間の合算となります。

「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」「Mirai Value」をお申し込みの際は、次の点にご注意ください

  • 「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」はウェルスナビ株式会社が、「Mirai Value」は三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社が三菱UFJ銀行のお客さま向けに提供するサービスです。当行が提供するサービスではございません。
  • 「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」「Mirai Value」は元本が保証された商品ではありません。
  • 「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」「Mirai Value」のお取引に際しては手数料がかかります。

その他にもご留意事項がありますので、くわしくは下記からご確認ください。

「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」ご留意事項はこちら

「Mirai Value」ご留意事項はこちら

株式会社 三菱UFJ銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第5号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

委託金融商品取引業者 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2336号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

委託金融商品取引業者 auカブコム証券株式会社
金融商品取引業者登録 関東財務局長(金商)第61号
銀行代理業許可 関東財務局長(銀代)第8号
電子決済等代行業者登録 関東財務局長(電代)第18号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

株式会社 三菱UFJ銀行
(2022年6月30日現在)