[ ここから本文です ]

20代が投資するなら外貨預金「米ドル」が良い理由とは?

この記事は5分40秒で読めます。
20代が投資するなら外貨預金「米ドル」が良い理由とは?
2020.5.13
貯めた預金で「投資を始めたい」と思いつつ、何から始めていいかわからず悩んでいる人も多いでしょう。それに、20代は学業や仕事で忙しい大事な時期です。資格取得や趣味、人脈作りなど、やりたいこともたくさんあるはず。専業投資家のように、365日ずっと投資のことを考えたり、常に株価をチェックしたりできるわけではありませんよね。
そこで今回は選択肢のひとつとして、米ドルの外貨預金を紹介します。「投資に興味はあるけどリスクが怖い」「勉強のために投資を始めてみたい」と考えている人は要チェック!

外貨預金とは?メリットを簡単に解説

外貨預金とは、“外貨でお金を貯めること”です。株式や投資信託のような商品を購入するわけではなく、日本円を外貨に交換して預金します。外貨で貯めるメリットは3つあります。

メリットその1 日本円と比べて高い利息がつくかも

1つ目は、日本円で預け入れるより高い利息を受け取れる可能性があることです。銀行に預金をすると利息=金利が付くことを知っていますか?
日本では低金利環境が継続しており、普通預金金利は、0.001%程度で低く設定されています。しかし海外を見渡せば、金利の低い国ばかりではありません。金利の高い国の通貨で預金をすれば、日本円で預金をするより高い金利を享受できるケースがあるのです。

メリットその2 “リスクヘッジ”ができる

2つ目は、通貨の分散によってリスクヘッジができることです。リスクヘッジとは、「将来起こるかもしれない危険を回避」するための対策をとること。
たとえばインフレになった場合――インフレとは、「物価が上昇することで、相対的に貨幣価値が下がってしまうこと」ですが、物の値段が2倍になれば今持っている日本円の価値は2分の1になってしまいますよね。
もし日本でインフレが起きたら、何もしないままだと円預金残高の価値が目減りしてしまうリスクがあります。しかし日本でインフレが起きたとしても、外貨預金は直接的な影響を受けないため、インフレ対策として力を発揮するといえるのです。

メリットその3 為替の変動によって利益を得られるかも

3つ目は、“為替変動による利益”を狙うことができる点です。
ニュース番組で「現在の外国為替市場のドル円相場は1ドル108円50銭?」といった情報を耳にしたことがある人も多いでしょう。そう、円やドルの価値は常に変動しているのです。
たとえば「1ドル100円」の時に10万円を外貨に換えて1,000ドルを保有できたとします。その後ドルの価値が上がり、「1ドル=110円」になったタイミングで保有している1,000ドルを日本円に換えれば、11万円となります。つまり、1万円分得をするのです。
外貨預金では預け入れ時・引き出し時ともに手数料がかかりますが、この手数料差し引き後、外貨預金を始めたタイミングよりも外貨の価値が高くなれば利益を得ることができます。逆に、外貨の価値が下がれば損をしてしまう可能性もあります。このように外貨預金にはさまざまなメリットがありますが、投資商品である以上、リスクもあることはしっかりと理解しましょう。
ちなみに前述した手数料は各通貨によって異なるため、外貨預金を始める際に確認しておきましょう。また利息や為替変動で得た利益には税金がかかります。税金についてもあわせてチェックしておくといいですね。

20代にはなぜ「米ドル」の外貨預金がいいのか?

外貨預金の通貨にはたくさんの種類があり、米ドル(アメリカドル)・豪ドル(オーストラリアドル)・英ポンド(イギリスポンド)などが挙げられます。さまざまな通貨がある中で、なぜ初心者には「米ドル」がいいといわれているのでしょうか。
米ドルは「基軸通貨」と呼ばれています。「基軸通貨」とは、各国通貨の価値基準として用いられ、世界各国の取引で使われている通貨のこと。それだけ信頼性の高い通貨といえます。
そのうえ米ドルは日本人にとっても比較的馴染みのある通貨。海外旅行で米ドルを使った経験がある人も多いはずです。また米国の政治・経済に関する情報は、日本にいても入手しやすいといえます。
これらの理由から米ドルは、初めて外貨預金をする20代にとっても比較的始めやすい通貨だと言えるでしょう。

「米ドル」ならこんな意外な効果も!?

米ドルの外貨預金を始めると、意外な効果を得られるかもしれません。
それは、海外情勢に関心を持てるようになることです。外貨預金を始めると、海外の政治・経済に関するニュースが、これまで以上に身近なものとしてインパクトを持つようになります。
米国は大国として存在感を放つ国ですよね。米ドルの外貨預金を通じて海外情勢に関心を持ち、知識が蓄積されていくことは、ビジネスや私生活でもきっと役に立つでしょう。
情報感度が自然と高くなることが、米ドルで外貨預金をする効果といえるでしょう。

投資で得られる情報・人脈・経験が人生の糧になる

新しいことを始めたらアンテナの感度が高まり、知識が広がった……という経験を持つ人もいるでしょう。やってみて初めて、「こんな情報が入ってくるんだ」「こんな人たちとつながれるんだ」「こんな風に世界の見え方が変わるんだ」と実感できることは多いはずです。
投資でも同じことがいえます。投資を始めることで、社内や取引先など、さまざまな人と話が弾む自分に気づくでしょう。投資をしなければ得られない情報、人脈、経験ができるはずです。
20代の貴重な時間をどのように使うか迷っているなら、外貨預金を選択肢の1つに加えてみてください。

執筆者:株式会社ZUU

※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途ホームページ等でご確認ください。

  • 本サイトの記事は情報提供を目的としており、商品申込等の勧誘目的で作成したものではありません。
  • また、一部、当行にて取り扱いのない商品に関する内容を含みますが、商標登録されている用語については、それぞれの企業等の登録商標として帰属します。
  • 記事の情報は当行が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その確実性を保証したものではありません。
  • 記事は外部有識者の方等にも執筆いただいておりますが、その内容は執筆者本人の見解等に基づくものであり、当行の見解等を示すものではありません。
  • なお、記事の内容は、予告なしに変更することがあります。

あわせて読みたい

人気記事ランキング

外貨預金をお申し込みの際は、次の点にご注意ください。

  • 外貨預金は預金保険制度の対象ではありません。
  • 為替相場の変動により、円貨を外貨にする際(預入時)の為替相場に比べ、外貨を円貨にする際(引出時)の相場が円高になると引出円貨額が預入円貨額を下回る場合があります。
  • 円貨を外貨にする際および外貨を円貨にする際に手数料がかかるため、為替相場に変動がない場合でも、引出円貨額が預入円貨額を下回る場合があります。
  • 新興国通貨は先進国通貨に比べて大きなリスク(カントリーリスク等)があります。流動性や市場機能の低下、および大幅な為替変動により、場合によってはお取引を即時停止することがあります。
  • お申込前に必ず最新の説明書をご確認ください。

その他にもご留意事項がありますので、くわしくはこちらをお読みください。

株式会社 三菱UFJ銀行
(2022年3月28日現在)