[ ここから本文です ]

一般NISAとつみたてNISA、どっちがいいの?

この記事は8分20秒で読めます。
一般NISAとつみたてNISA、どっちがいいの?
2021.2.17

NISAという制度に興味を持たれる方も多くなっていますが、NISAには現在、当初に開始された「一般NISA」だけでなく「つみたてNISA」という制度もあり、しかも開始後は各年それらのうちどちらか1つしか利用することができません。一体それぞれ、どの様な点が異なるのでしょうか。

※便宜上NISAとつみたてNISAを区別するためNISAを一般NISAと表記します。

一般NISAとつみたてNISAの違い

NISA,つみたてNISA
(画像提供:metamorworks/stock.adobe.com)
一般NISAは2014年から開始された、税制優遇制度です。その後2018年につみたてNISAが制度化されました。どちらも、対象期間内における運用益が非課税(現在の税率では約20%)での運用が可能です。積立可能額や累積積立可能額、投資対象の幅など、制度としてのそれぞれの特徴を把握しましょう。

買付可能額

「一般NISA」の年間買付可能額は、120万円です。1年間につき、120万円の範囲内であれば、購入した対象商品の値上がり益や配当金等について、対象期間内において非課税での運用ができます。

これに対して、「つみたてNISA」の方は1年間につき累積40万円に至るまで、購入ができる制度です。

投資対象

「一般NISA」では投資信託やETFに加えて、上場株式を購入することもできます。ただし、買付可能額が年間120万円ですので、その金額を上回る株価の銘柄を買うことはできません。
「つみたてNISA」は、長期の積立・分散投資に適するという理念にもとづき金融庁所定の条件を満たすものとして届け出られた一定の投資信託・ETFのみが対象とされています(2020年12月23日時点において、193本の商品が対象)。

非課税投資期間

「一般NISA」は、買付をしてから5年間が非課税投資期間(非課税投資枠は5年間で最大600万円)となっています。「つみたてNISA」は買付可能額がNISAに比べて少ない反面、非課税投資期間は20年間(非課税投資枠は20年間で最大800万円)という長い年数が認められるもので、より長期間の投資を促す制度設計とされています。

拠出ルール

上記で述べてきたさまざまな違いはありますが、拠出ルールについては、一般NISAもつみたてNISAも基本的には共通しています。
すなわち、特定口座や一般口座とは異なる「NISA口座」の開設が必要となること、1人につき1口座のみしか持つことができず、買付可能額が余った場合に翌年へ繰り越しはできない、といった基本ルールは変わりません。
また、他の口座の利益との間で損益通算をしたり、年をまたいで損失を繰越控除することは、NISAもつみたてNISAも認められてはいないので共に注意が必要です。

ロールオーバー

一般NISAの場合、5年間の非課税投資期間が満了するまでの間に売却せず保有していた商品については、特定口座や一般口座等の課税口座へ移行するか、あるいはその対象商品を翌年の非課税枠の範囲内で引き続き運用し続けることが選択できます。後者の手続きは、「ロールオーバー」と呼ばれているものです。

つみたてNISAの場合は、ロールオーバーができません。売却するか、課税口座へ移行するかということになります。

NISA,つみたてNISA
※2024年から新制度が施行され、一般NISAは新NISAとなり2028年まで、つみたてNISAは2042年まで投資期間が延長されます。

一般NISAとつみたてNISAのメリット・デメリット

NISA,つみたてNISA
(画像提供:moonship/stock.adobe.com)

一般NISAのメリット

一般NISAは、非課税投資期間が短いですが、つみたてNISAに比べて買付可能額が大きいというメリットがあります。購入した商品が何倍にも増えることになったとしたら、その値上がり益全てが非課税になるわけですから、結果として得られる利益がとても大きくなる可能性があります。

ロールオーバーができるのも、NISAにしかない特徴の一つです。年間買付可能額120万円という枠を目いっぱい使って非課税口座での運用をし続けられるのは、NISAの大きなメリットと言えるでしょう。

また、NISAはつみたてNISAよりも、商品選択の幅が広いのが特徴です。つみたてNISAとは異なり、投資信託やETFだけでなく、個別銘柄での運用も可能となっています。

一般NISAのデメリット

デメリットとしては、非課税投資期間が5年間(ロールオーバーして10年)という短期間であることが何よりも留意されるべきこととなります。長期投資ではないので、よりシビアな運用が求められるとも言うことができます。

そして、商品の幅が広いというのは、ある意味デメリットと捉えることもできるでしょう。つみたてNISAのように金融庁が定める条件を満たしている、という制限がありませんので、色々な商品が混在しています。どの様な商品をどの様なタイミングで購入し、そして利益確定をするか、見極めるテクニックが求められることになるのです。

つみたてNISAのメリット

つみたてNISAについては長期・分散投資を目的とした金融庁の制度設計が如実に反映されており、非課税投資期間が20年と長くなっています。20年間コツコツと積立投資を続けていけば、市場が形成する波も平準化され、平均的に安定した利益を得られる可能性がとても高くなるはずです。
しかも、対象商品は長期・分散投資に適うべく金融庁の定める条件を満たしたものに限定されていますので、20年間の長期投資で積立を続けることさえできれば、自然と資産を形成できるでしょう。

つみたてNISAのデメリット

投資信託やETFの積立のみが対象となっており、株式の売買は含まれていませんので、個別銘柄で取引したい場合にはつみたてNISAは向いていません。

一般NISAとつみたてNISAどっちがいい?

NISA,つみたてNISA
(画像提供:tamayura39/stock.adobe.com)

一般NISAに向いている人

一般NISAは、5年という期間で利益をあげられる自信のある方に向いているでしょう。そうした意味では、一般NISAの方が上級者向きであると言ってもよいかもしれません。個別銘柄で勝負をしたい、という人も、一般NISAに向いていることとなります。
あるいは、高配当株を保有し配当金を非課税で受け取り続けたい、という目的の方にも、一般NISAは向いているはずです。年間120万円の上限内であれば、購入した銘柄から受け取る配当金も全て非課税となりますので、配当金というインカムゲインも大きなものとなります。

つみたてNISAに向いている人

長い時間をかけてじっくりコツコツと資産を形成していきたい、という考えの方は、つみたてNISAに向いている人です。

投資の経験や知識がまだ浅く、運用していくことに自信が持てない人は、まずつみたてNISAで投資の経験を積んでいくことからスタートしていくのでも良いと思います。

つみたてNISAは積立投資ですので、一度積立の設定をしておけば、基本的に放っておいても運用は続いていきます。商品の選定や売買に時間や気を取られることなく運用をしていきたい人には、つみたてNISAが向いているでしょう。

また、そもそも月々に投資に回せるお金が限られているという人であれば、無理をせずにつみたてNISAの非課税枠内で少額から積み立てていく方が、精神的な安心感も得られやすいかと思います。

特徴を把握し自分に合った選択を

以上で述べてきたように、一般NISAもつみたてNISAもそれぞれメリット・デメリットがありますが、同じ年に重複利用することはできない仕組みですので、それぞれの特徴を把握しながら自分に合った選択をしていくことが必要となります。
なお、一般NISAは2023年までの時限制度であり(2024年から2028年までは「新NISA」というものが利用できる)、つみたてNISAのほうは2042年まで購入できる予定となっています。
非課税枠を最大限に使いきるという意味では、制度が終了するまで一般NISA(あるいは新NISA)を使いつつ、制度終了後はつみたてNISAを使う、という手法も考えられそうです。

執筆者:佐々木達憲

弁護士、AFP、相続診断士

※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途ホームページ等でご確認ください。

  • 本サイトの記事は情報提供を目的としており、商品申込等の勧誘目的で作成したものではありません。
  • また、一部、当行にて取り扱いのない商品に関する内容を含みますが、商標登録されている用語については、それぞれの企業等の登録商標として帰属します。
  • 記事の情報は当行が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その確実性を保証したものではありません。
  • 記事は外部有識者の方等にも執筆いただいておりますが、その内容は執筆者本人の見解等に基づくものであり、当行の見解等を示すものではありません。
  • なお、記事の内容は、予告なしに変更することがあります。

あわせて読みたい

人気記事ランキング

投資信託をお申し込みの際は、次の点にご注意ください。

  • 投資信託は預金ではなく、その基準価額は、組入れ有価証券(株式・債券等)の値動きにより変動しますので、お受取金額が投資元本を下回る場合があります。
  • 組入れ有価証券等は、株式指標・金利等を原因とした値動きにより変動します。
  • 投資信託の購入時手数料や運用管理費用(信託報酬・管理報酬等)・信託財産留保額等の手数料等はファンド・購入金額等により異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。
  • お申込前に必ず最新の契約締結前交付書面(目論見書および目論見書補完書面)等を十分にご確認ください。

その他にもご留意事項がありますので、くわしくはこちらをお読みください。

「NISA」制度をご利用の際は、次の点にご注意ください。

  • NISA制度では、すべての金融機関を通じて1人につき1口座しか開設することはできません(金融機関の変更を行った場合を除く)。
  • NISA制度を利用した口座は、店頭でお申し込みの場合、原則として、お申込日当日(お申し込みが休日の場合または当行所定の時刻までに受付手続が完了しなかった場合は翌営業日)、三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)の場合、最短でお申込日当日に開設します(*)。NISAの場合、開設と同じ日またはそれ以降に投資信託を購入することが可能です。口座開設後に行う税務署審査の結果、二重口座であったことが判明した場合、NISAで購入した投資信託は当初から課税口座で購入したものとして取り扱います。当該投資信託から生じる配当所得および譲渡所得等については、遡及して課税されます。
    • 当行または他金融機関で、2018年以降のNISA制度を利用した口座の開設をお申し込み(2017年以前のNISAが継続した場合を含みます)されたことがある場合、当該口座は、税務署の審査が承認となり、当行所定の手続きが完了した後に開設されます(通常、お申し込みから2~3週間程度で手続きは完了します)。
  • NISA制度を利用した口座は、開設後、税務署の審査が完了するまで金融機関の変更および廃止はできません。
  • NISA制度を利用した口座での損失は税制上ないものとされます。
  • 非課税投資枠(NISAは年間120万円、つみたてNISAは年間40万円)が設定されたNISA制度を利用した口座で、一度商品を売却するとその非課税投資枠の再利用はできません。
  • 非課税投資枠の残額を翌年以降に繰り越すことはできません。
  • 上場株式等の配当等はNISA制度を利用した口座を開設する金融機関等経由で交付されないものは非課税となりません。
  • NISAの非課税期間満了時にロールオーバーする(翌年の非課税投資枠へ移行する)場合には、当行が定める日までに移管依頼書を当行へ提出する必要があります。その際、ロールオーバー時の上場株式等の時価の合計額分だけ、翌年の非課税投資枠を利用します。時価の合計額が非課税投資上限額(120万円)を超えていても、全額ロールオーバーすることができます。
  • NISAの非課税期間満了時に、特定口座を開設しているものの、一般口座への移行を希望する場合は、当行が定める日までに移管依頼書を当行へ提出する必要があります。
  • NISAの非課税期間満了時に、当行が定める日までに移管依頼書を提出しない場合には、特段の手続きなしに課税口座(特定口座が開設されている場合には当該特定口座)に移行されます。
  • 当行のNISA・つみたてNISAでは、株式投資信託のみを取り扱いしております。
  • NISAとつみたてNISAは選択制です。
  • つみたてNISAでの購入は、つみたて契約(投資信託継続購入プラン)に基づく、定期かつ継続的な方法により行うことができます。
  • つみたてNISAは、NISAと異なりロールオーバー(非課税期間満了後、翌年の非課税投資枠へ移行すること)ができません。
  • つみたてNISAに係るつみたて契約(投資信託継続購入プラン)により購入した投資信託の信託報酬等の概算値を、原則として年1回通知します。
  • 基準経過日において、つみたてNISAを開設しているお客さまの氏名・住所を、所定の方法で確認します。

株式会社 三菱UFJ銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第5号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

株式会社 三菱UFJ銀行
(2022年3月28日現在)