[ ここから本文です ]

目指せ20代投資家!AIが資産を運用するお手軽投資アプリ4選

この記事は5分50秒で読めます。
目指せ20代投資家!AIが資産を運用するお手軽投資アプリ4選
2019.11.28
投資と聞くとなんだか難しそう……と思う方も、拒否反応を示す方もいるかもしれません。しかし専門的なことが分からない初心者でも、AIが運用してくれる投資アプリを利用すれば簡単に始められるのをご存じですか?将来のために、20代の今から少額で始められる投資アプリに挑戦し、資産運用の知識を高めてみてはいかがでしょう!?

自動診断で運用開始「WealthNavi」

「WealthNavi(ウェルスナビ)」は、ロボアドバイザーによる預かり資産・運用者数で業界トップの投資サービス。年齢や年収などの6つの質問に答えると、AIが適した運用スタイルを診断してくれるのが特徴です。
資産分配や金融商品の決定、再投資、さらに税金の最適化など、資産運用には初心者が乗り越えなければならない高いハードルがたくさん。ウェルスナビではそれらの取引をすべてAIが行ってくれるため、投資家は提案された運用プランを確認するだけの楽々運用が実現します。
このAI、1990年にノーベル経済学賞を受賞したハリー・マーコビッツ氏が提唱した「現代ポートフォリオ理論」を用いて資産運用を行います。この理論は、世界の機関投資家や富裕層が資産運用を行う際によく用いるスタンダードな方法だといわれています。
また、全体の手数料が1%、各取引の手数料が無料という点も継続しやすいポイント。アプリ内では資産運用の知識を身につけるためのコラムや市況分析も閲覧できるため、投資について体系的に学べます。

おつりで投資「マメタス」

ウェルスナビのもう1つの投資サービスである「マメタス」は、クレジットカードや電子マネー決済によるおつりを利用した投資サービスです。資産運用はウェルスナビのAIロボアドバイザーが行います。
これらキャッシュレス決済におけるおつりとは、クレジットカードや電子マネーなどを使った際、設定額からの差し引きで出る差額のこと。たとえば、設定額が1,000円で650円の買い物をした場合、おつりに相当する350円を運用に回すことになります。
家計簿アプリ「Moneytree(マネーツリー)」と連携しており、こちらのアプリをダウンロードし、利用明細を取得することで自動的におつりを運用に回してくれます。投資対象は海外で、AIロボアドバイザーが世界中のETF(上場投資信託)に最適な形で分散投資を行います。
1回あたりの投資額が小さく、投資をするためにお金を用意するわけではないため、無理なく投資できるのが魅力。毎日の出費から、無理なくコツコツと運用を始めたい人にぴったりの投資アプリです。

おまかせ投資とテーマ投資の「FOLIO」

「FOLIO(フォリオ)」は、AIによる「おまかせ投資」が可能な投資サービスです。
フォリオのAIも、前述したノーベル経済学賞受賞した現代ポートフォリオ理論に基づくアルゴリズムで運用しています。自分で資産運用を行う場合、計画を立て、金融商品を選定しそれらを購入、運用状況を日々モニタリングし、必要に応じてメンテナンスしなければなりません。そうした手間をAIロボアドバイザーがすべてを自動で対応します。
このAIによる資産運用をフォリオでは「おまかせ投資」といい、安定運用、堅実運用、バランス運用、積極運用、チャレンジ運用の中から、最適のプランを提案してくれます。
また分散投資が基本のスマホ投資の中でも、フォリオは「テーマ投資」と呼ぶ独特の投資を行っています。投資を行う場合、通常は投資家が投資したい企業を選びます。ところがフォリオでは、応援したい分野や将来性を感じるビジネスなど投資したいテーマで選ぶことができるのです。
テーマを選ぶとプロが厳選した企業に分散投資します。扱うテーマは「ドローン」「京都」などさまざま。初めて投資を行う人向けの「ミニテーマ」なら、1万円台から投資を始められます。ただテーマ投資はAIの自動運用ではありません。おまかせ投資で運用の流れをつかんでから挑戦するのがよさそうです。

1万円から運用できる「THEO」

「THEO(テオ)」は年齢、年収、金融資産額、毎月の年収、いくらからTHEOで始める、といった5つの項目に答えるだけで、AIが231通りある運用プランの中から、自動的にユーザーにあった決定をして運用してくれるアプリです。
この運用のアルゴリズム、経済学者で京都大学の教授である加藤康之氏と世界最大の資産運用会社ブラックロック出身のスチュワートボックス・マット氏が監修しています。経済学のプロと資産運用のプロがタッグを組んで監修しているだけに、期待が高まります!
テオは86ヵ国11,000以上の銘柄に分散投資することで、リスクを低減しながら可能な限り大きなリターンを得る運用を行なっています。ウェルスナビに似ているサービスですが、ウェルスナビの最低投資額が10万円なのに対し、テオは1万円から投資を始められるのが大きな違い。まずは少額から投資を始められます!

スマホで手軽に資産運用

資産運用に興味はあるけれど、手間も時間もかかりそうと思って尻込みしていた人にこそ試してほしいのが、今回紹介したAIが最適な投資を行ってくれるアプリです。少額から無理なく始められるものもあり、気軽に資産形成を楽しむことができます。
まずはAI投資での資産運用から始め、慣れてきたら本格的な投資にステップアップしてもいいでしょう。20代の今から、資産運用の準備を始めていきましょう!

執筆者:株式会社ZUU

※記事内の情報は更新時点のものです。最新情報は別途ホームページ等でご確認ください。

  • 本サイトの記事は情報提供を目的としており、商品申込等の勧誘目的で作成したものではありません。
  • また、一部、当行にて取り扱いのない商品に関する内容を含みますが、商標登録されている用語については、それぞれの企業等の登録商標として帰属します。
  • 記事の情報は当行が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その確実性を保証したものではありません。
  • 記事は外部有識者の方等にも執筆いただいておりますが、その内容は執筆者本人の見解等に基づくものであり、当行の見解等を示すものではありません。
  • なお、記事の内容は、予告なしに変更することがあります。

あわせて読みたい

人気記事ランキング

「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」をお申し込みの際は、次の点にご注意ください。

  • 「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」はウェルスナビ株式会社が三菱UFJ銀行(以下、当行)のお客さま向けに提供するサービスです。当行が提供するサービスではありません。
  • 「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」は、元本が保証された商品ではありません。
  • 「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」のお取引に際しては手数料がかかります。費用・リスクの詳細については、ウェルスナビ株式会社の契約締結前交付書面等をご覧ください。
  • 当行はウェルスナビ株式会社とは別法人であり、「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」のご利用にあたっては、ウェルスナビ株式会社のお取引口座の開設が必要です(「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」の口座開設をお申し込みいただくと、お取引口座はウェルスナビ株式会社に開設されます)。
  • 当行は、ウェルスナビ株式会社から委託を受け、お客さまとウェルスナビ株式会社との間で締結する投資一任契約の締結の媒介および投資一任契約に基づく取引のために必要な口座開設の媒介をおこないます。資産の管理・運用はウェルスナビ株式会社がおこないます。
  • 「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」口座開設後のお取引については、すべてお客さまとウェルスナビ株式会社とのお取引になります。
  • 当行において「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」のお取引をされるか否かが、お客さまと当行の預金、融資等他のお取引に影響を与えることはありません。また、当行での預金、融資等のお取引内容が「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」のお取引に影響を与えることはありません。
  • 「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」におけるお取引はウェルスナビ株式会社とお客さまとの投資一任契約に基づくものであるため、原則として、お客さまが自ら有価証券の個別の売買注文をおこなうことはできません。
  • 原則として、成年の個人のお客さまを対象とさせていただきます。
  • 当行本支店窓口では、ウェルスナビ株式会社の証券口座開設およびお取引は受付しておりません。
  • 「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」のお申し込みには、当行普通預金口座が必要です。すでに直接または他社経由にて、ウェルスナビ株式会社と投資一任契約を締結されている方は「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」をお申し込みになれません。
  • 「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」は預金保険の対象ではありません。ウェルスナビ株式会社は、法令に従い、お客さまの資産とウェルスナビ株式会社の資産を明確に区別する分別管理をおこなっております。ウェルスナビ株式会社の破たんの場合でも、お客さまの資産は全額返還されます。また、万一分別管理に不備があった場合でも、返還できないお客さまの資産について日本投資者保護基金が1,000万円まで補償をおこないます。詳しくはウェルスナビ株式会社までお問い合わせください。
  • 「WealthNavi for 三菱UFJ銀行」は、次の要因により預かり資産が変動し、お受け取り金額が投資元本を下回ることがあります。
    • 相場変動リスク
      お客さまが所有するポートフォリオを構成する国内および海外ETFは、主として株式、債券、コモディティ等を実質的な投資対象とするため、その価格はこれら実質的な投資対象の価格などに応じて大きく変動し、その結果として損失が生じ、また、投資元本を割り込む場合があります。
    • 為替変動リスク
      お客さまが所有するポートフォリオを構成する海外ETFに関しては、通貨発行国の金利の変化等により生じる外国為替相場の変動を原因とした損失が生じ、また、投資元本を割り込む場合があります。
    • 信用リスク
      お客さまが所有するポートフォリオを構成する国内および海外ETFが、株式、債券等を実質的な投資対象としている場合、株式や債券等の発行者などの信用状況に変化が生じた場合、当該投資対象の市場価格の変動によって損失が生じ、また、投資元本を割り込む場合があります。
    • その他のリスク
      取引所金融商品取引および外国金融商品取引所取引(国内および海外ETF)は、市場で取引がおこなわれるものの、市場環境の変更等により取引に支障をきたし、換金できないリスクがあります(流動性リスク)。取引するETFの対象国が休日等の場合、そのETFにかかわる取引がおこなわれないことがあります。
  • ウェルスナビ株式会社が提供する一連のサービスによりお客さまからもらい受ける手数料は、預かり資産額に対し最大1%(現金部分を除く、年率・税込1.1%)です(年365日として計算します)。預かり資産の日々の時価評価額に対し所定の年率により手数料額を日々計算し、原則として所定の方法により月初から月末(ただし、お客さまと締結した投資一任契約が終了した場合には当該終了日)までの期間ごとに合計のうえ、月間の手数料額として翌月第一営業日にお支払いいただきます。手数料額は日々の時価評価に応じ計算され計算期間中累計されるため、事前に金額または上限額を表示することができません。また、海外ETFの取引に際しては、ウェルスナビ株式会社の定める為替レートが適用されます。外国証券の外国取引にあたっては、外国金融商品市場等における公租公課その他の賦課金が発生します。費用・リスクの詳細については、ウェルスナビ株式会社の契約締結前交付書面等をご覧ください。
  • 投資一任契約には、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用はありません。

金融商品仲介を行う登録金融機関

株式会社三菱UFJ銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第5号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

委託金融商品取引業者

ウェルスナビ株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2884号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

株式会社 三菱UFJ銀行
(2022年3月28日現在)