[ ここから本文です ]

グローバル金融犯罪対策ポリシー

グローバル金融犯罪リスクへの取組み

三菱UFJ銀行(以下、当行)は、金融システムの健全性を維持するため、全ての業務領域において、マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与防止、経済制裁、贈収賄・汚職防止といったグローバル金融犯罪対策に取り組んでいます。そのために、関連する法規制や監督指針、および業界ベストプラクティスを踏まえ、グローバル金融犯罪の防止や関連リスクの低減を目的とした、リスクベース且つグローバルな管理態勢を構築しています。また、当行は、ウォルフスバーグ・グループ*の一員として、他の国際的な金融機関と共に、グローバル金融犯罪対策に関わる態勢・指針の策定に貢献しています。

(*ウォルフスバーグ・グループとは、グローバル金融犯罪リスク管理の枠組み構築を目的とする13の国際的な金融機関からなる非政府組織。)

取組みのアプローチ

当行は、各国当局目線の高まりを背景に、グローバル金融犯罪コンプライアンス・プログラムの遂行による態勢構築を進めるため、米国ニューヨークを本部とするグローバル金融犯罪対策部(以下、GFCD)を設立しました。GFCDは、ニューヨークと東京に跨るグローバル本部機能に加え、各地域(日本、米州、欧州、アジア)におけるグローバル金融犯罪対策に関わる施策の遂行を担う部内室を設置しています。
GFCDでは、事業部門・間接部門・子会社等を含むグローバルな事業全域において、平仄の取れたグローバル金融犯罪対策を行うため、地域横断的な規則を制定しています。
当行の全役職員は、グローバル金融犯罪対策の関連規則を遵守し、疑念が生じた際は職場の上席者、コンプライアンスオフィサーまたは内部通報制度等を使って報告する義務を負っています。当行では、通報者に対する報復措置は禁じられています。
当行では、専門家を擁するGFCDが、3つのグローバル金融犯罪領域(マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与防止、経済制裁、贈収賄・汚職防止)の対策を率いています。各リスク領域における規則の概要(ポリシー・ステートメント)は次の通りです。

マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与防止に関する規則

当行は、事業活動を行う全地域において、現地で適用されるマネー・ローンダリングおよびテロ資金供与防止(以下、AML/CFT)関連法令について、その条文・精神ともに遵守します。当行では、マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与行為を一切禁じております。
当行のグローバルAML/CFT規則では、以下の行為を禁止しています。
  • グローバル金融犯罪およびそれを幇助する行為に対する意図的な支援または関与
  • グローバル金融犯罪に関与していると分かっている、または関与が強く疑われる法人や個人に対する銀行サービスの提供
  • グローバル金融犯罪を示唆する情報や状況の放置
  • 不正または疑わしい活動に関与している、または関与している疑いのある者への、その活動が調査されている、もしくは銀行内や監督・執行当局に報告されていることの漏洩
グローバルAML/CFT規則に則し、当行は、以下の統制プロセスを含むグローバルなAML/CFTコンプライアンス・プログラムを策定しています。
  • グローバルAML/CFTヘッドや国別AML/CFTオフィサーなど、管理プログラムの実施やモニタリングを担う責任者の任命
  • 本人確認 (実質的支配者を含む)、顧客スクリーニング、顧客デューデリジェンス、詳細デューデリジェンス、顧客取引開始/謝絶、顧客レビュー等の実施を必要とするKYC
  • 不自然な取引や疑わしい取引を検知するための取引モニタリングシステムやプロセス
  • 当行が事業活動を行う国・地域の各規制に従い、疑わしい取引を特定し、報告するための調査プロセス
  • シェルバンク(業務実態のない架空銀行)を含む、特定の顧客種類との取引関係の禁止
  • 情報共有と記録管理のプロセス
  • AML/CFTリスク(顧客、商品・サービス、地政学)・統制に関する定期的評価

経済制裁に関する規則

当行は、事業活動を行う全地域において、現地で適用される経済制裁関連法令について、その条文・精神ともに遵守します。当行では、制裁の回避または迂回行為を一切禁じております。
当行のグローバル経済制裁規則は、それぞれの国/地域で適用される制裁関連規制に違反して、制裁対象国・地域及び制裁対象者の取引に係る、口座入金や支払処理を行うことを禁止しています。
グローバル経済制裁規則に則し、当行は以下の統制プロセスを含むグローバルな経済制裁コンプライアンス・プログラムを策定しています。
  • 顧客取引開始時および取引処理時の経済制裁スクリーニングと詳細確認
  • 潜在的な経済制裁リスクがある顧客のデューデリジェンス
  • 経済制裁リスク・統制に関する定期的評価

贈収賄・汚職防止に関する規則

当行は、事業活動を行う全地域において、倫理に則った商慣行を行う企業文化を醸成すると共に、現地で適用される贈収賄・汚職防止(以下、ABC)関連法令について、その条文および精神ともに遵守します。当行では、贈収賄及び汚職行為を一切禁じております。    
当行のグローバルABC規則では、ビジネス上の不適切な利益・便宜供与の見返りとして、いかなる相手との間においても、金銭その他の利益を直接的または間接的に提供、供与、要求、または受領することを禁止しています。また、ファシリテーション・ペイメントや、当行の事業活動に関わる文書・記録・口座などの偽造も禁止しています。
  • グローバルABC規則に則し、当行は、以下の統制プロセスを含むグローバルなABCコンプライアンス・プログラムを策定しています。
  • 当行の代理で活動する、サービス提供を行う第三者(仲介者)のデューデリジェンスと監督
  • 特に公務員への接待・贈答、雇用・就労機会の提供、寄付に対するレビューの強化
  • 合併・買収を含む事業取引に伴うリスク評価・管理
  • 贈収賄・汚職のリスク・統制に関する定期的評価

プログラムに関連した要素

当行では、3つのグローバルなコンプライアンス・プログラムに加え、このプログラムに関連する役職員研修、リスクアセスメント、記録保持、モニタリング及び監督機能への報告(取締役会や経営など)、テスティング及び監査対応、グローバル金融犯罪コンプライアンスに関する問題事象管理などの主要機能もGFCDに設置しています。

以 上