[ ここから本文です ]

相続

どのような備えが必要か一緒に考えさせていただきます

まず大切なのは、資産の状況の把握です。 ご自身の資産の全体像を把握されていますか?

相続対策の検討プロセス ご自身の資産の把握 預金・不動産・株式等どのような資産がどれだけあるか 資産の承継方法の検討 どの資産をどうのこすか納税資金は十分か 遺言の検討 自分の想いによる資産分割と円滑な承継の実現

平成27年1月の相続税改正

相続税は、相続開始から10ヵ月以内の現金一括納付が原則です。税制改正により平成27年1月1日以降の相続税率が引き上げられたことで、相続税を納める方は、年間数万人増加すると言われています。ご自身の相続税について知ることが、これまで以上に重要です。

課税イメージ

遺言とは?
遺言とは、資産を後世の相続人に引き継ぐための書面による意思表示です。
遺言が無い場合は、相続人同士の話し合いで遺産を分け合うことになりますが、スムーズにいくとは限りません。話し合いが難しいと予想される場合や、遺言でしか実現できない希望がある場合は、遺言書の作成をご検討ください。

相続のお手続きは、十分な検討が必要です。 できるだけ早目にご相談されることをおすすめします。

混雑時でも優先的に受付が可能です。

ご来店予約サービスはこちら

相続準備の課題診断

必要な準備はお済みですか?円滑な相続のために、解決すべき課題を確認してみましょう。

  • 資産をのこされた方の相続税納税資金は十分にありますか?

    当てはまるものをクリックしてください。

    • はい
    • いいえ
    • わからない
  • 誰に、どの資産を相続させるか決めていらっしゃいますか?

    当てはまるものをクリックしてください。

    • はい
    • いいえ
  • 遺言はすでに作成されていますか?

    当てはまるものをクリックしてください。

    • はい
    • いいえ
  • お客さまにご検討いただきたい相続対策はこちらです。

    「遺産の分け方」を考える

    「平等に分けてほしい」と願っても、話し合いで決めるのは難しいものです。ご自身の想いを込めた遺言を作成することが、円満な相続のポイントです。

    もう一度診断するくわしくはこちら

  • お客さまにご検討いただきたい相続対策はこちらです。

    「相続財産」を減らす

    相続税は一般に、遺産額が大きくなるほど負担が重くなります。お客さまの将来のために、MUFGグループの高度な専門性と幅広いネットワークで、お客さまの相続対策をサポートします。

    もう一度診断するくわしくはこちら

  • お客さまにご検討いただきたい相続対策はこちらです。

    「納税資金」を確保する

    相続税は現金での一括納付が原則です。相続税額を把握し、必要な資金を確保しておくことで、ご家族の不安を解消しましょう。

    くわしくはこちら

    「遺産の分け方」を考える

    「平等に分けてほしい」と願っても、話し合いで決めるのは難しいものです。ご自身の想いを込めた遺言を作成することが、円満な相続のポイントです。

    もう一度診断するくわしくはこちら

  • お客さまにご検討いただきたい相続対策はこちらです。

    「納税資金」を確保する

    相続税は現金での一括納付が原則です。相続税額を把握し、必要な資金を確保しておくことで、ご家族の不安を解消しましょう。

    もう一度診断するくわしくはこちら

遺言作成の具体例

お客さまの想いに応じて、さまざまな遺言の活用方法が考えられます。
ただし、遺留分と呼ばれる相続人に保障された最低限の権利に配慮することが重要です。

安定した老後生活を送れるよう、
財産のほとんどを妻に相続させたい場合

妻の老後のため住居や生活費を考慮し、妻に法定相続分以上を配分することができます。ただし、子どもの遺留分を侵害しないよう配慮が必要です。

自社株などの事業用資産を後継者に確実に継がせたい場合

事業用資産を後継者である長男に集中させたいというケースです。遺留分に配慮したうえで、自社株や収益不動産等後継者に相続させたい資産を特定した遺言書を作成すれば、経営の安定化につながります。

子どもがいないので、遺産のすべてを妻に相続させたい場合

子どもがなく親は他界しているため、全財産を妻に相続させたい場合は、兄弟姉妹には遺留分がないため、遺言によってすべての財産を配偶者に相続させることが可能になります。

再婚したので、妻と前妻の子供が争わないよう、
配分を決めておきたい場合

再婚した夫婦の間には子供はないが、それぞれ前の配偶者との間に子供がいるケースです。妻の生活費をどう確保するかなどの考えに応じて、財産の配分を決めておくと安心です。

同居中の長男に自宅を相続させ、
世話になった長男の妻にも財産をのこしたい場合

自宅は今のまま長男が住めるようにし、その妻にも財産の一部をのこしたいというケースでは、自宅は長男に相続させることを指定し、法定相続人でない長男の妻へは遺贈の想いを示す必要があります。

  • ※法定相続人以外に財産をのこしたり、団体等への寄付や社会貢献に活用したい場合も、遺言で対応できます。

相続対策をお考えの方

相続のための遺言の活用

ご自身の想いで相続人を指定し、
遺産をのこすことができます。

くわしくはこちら

相続のための保険の活用

生命保険の死亡保険金は、納税資金に使うことができます。一定の金額を遺産額から差し引くことができ、相続税が軽減されます。

くわしくはこちら

相続が既に発生している方・相続手続きが心配な方

遺産整理

相続が既に発生し、のこされた資産の整理が必要なお客さまの遺産整理をサポートします。

くわしくはこちら

相続のお手続き

相続の流れ・相続手続きのご案内・手続きに必要な書類など、基本的な情報をご案内します。

くわしくはこちら

遺言・遺産整理のご相談:[三菱UFJ信託銀行信託代理店]資産承継・遺言相談ダイヤル
0120-222-919 受付時間/月〜金曜日9:00〜16:00(祝日・12/31〜1/3等を除く) ご預金等の相続事務の手続きについてのお問い合わせは最寄の各店舗にご連絡ください。
当行の各店舗でのご相談を承ります。なお、お取り扱いしていない店舗が一部ございますのでご了承ください。
  • お近くの三菱東京UFJ銀行本支店まで店舗の場所を検索
  • 混雑時でも優先的に受付が可能です。

    ご来店予約サービスはこちら

(平成28年1月20日現在)

このページの先頭へ