[ ここから本文です ]

保険の見直しのポイント

見直すポイントを押さえて最適な保険を選びましょう。

保険を選ぶ際には3つのポイントがあります。 目的 誰の(何の)ためにそなえるか? 期間 いつまで保障が必要か? 保障額 どのくらい保障が必要か?

ライフイベントごとに保険を見直しましょう。

見直しポイント1 家族がふえた時 見直しポイント2 住宅を購入した時 見直しポイント3 子供の独立やご自身が退職した時

インターネットでの相談受付はこちら! 当行では保険のプロがご相談を承っております。

  • 当行の普通預金口座をお持ちの方
  • 当行の普通預金口座をお持ちでない方
  • ※20歳未満の方はお申し込みいただけませんので予めご了承ください。

見直しポイント1:家族がふえた時

ご家族がふえると、多方面から、必要な保障を考える必要があります。

家族のためにそなえる

世帯主や配偶者が亡くなった後のご家族の生活をまもるために

たとえば、死亡保障が一生続く終身保険をベースに、一番お金のかかる時期を手厚くしたいなら、収入保障保険や定期保険等を活用するといいでしょう。

家族のためにそなえるのイメージ図

このページの先頭へ

万一の病気にそなえる

入院や手術にそなえて

治療費用はもちろん、治療期間中の収入減少にそなえて、世帯主は特に手厚い保障をかけておいた方がいいでしょう。
また、配偶者が入院や手術をした場合も、思うように世帯主が働けなかったり、ベビーシッターやヘルパーなど金銭的負担が高まるリスクがあります。世帯主とあわせ配偶者の保障もカバーできると、より安心してそなえることができます。

このページの先頭へ

子供の将来にそなえる

お子さまの将来のために

高校や大学の進学時には入学金や入学準備金等、一度に多額のお金が必要になります。学資保険はもちろん、終身保険等の解約返戻金を活用し、そなえるのも方法のひとつです。

子供の将来にそなえるのイメージ図

このページの先頭へ

見直しポイント2:住宅を購入した時

団体信用生命保険に加入することで生命保険の支払いを節約できます。

家の購入時は、必要保障額が変化します。見直しを行うことで、保険料の支払いを減らすこともできます。

住宅を購入した時のイメージ図

インターネットでの相談受付はこちら!

  • 当行の普通預金口座をお持ちの方
  • 当行の普通預金口座をお持ちでない方
  • ※20歳未満の方はお申し込みいただけませんので予めご了承ください。

  • 店舗の場所を検索
  • ご来店予約サービスはこちら

このページの先頭へ

見直しポイント3:子供の独立やご自身が退職した時

これからのセカンドライフを豊かに送れるように、将来のこされた大切なご家族が相続で困らないように。

退職後の生活にそなえる

退職後の生活費は意外とかかるものです。預金・運用商品のほかに保険でそなえる仕組みもあります。

個人年金保険なら、万一にそなえながら、将来の年金を準備できます。運用期間終了後は、運用の成果を一括または年金で受け取れます。

退職後の生活にそなえるのイメージ図

老後の病気やケガにそなえる

年齢が高くなるにつれ病気・ケガや介護へのリスクが高まるので、しっかりとしたそなえが必要です。

円満な相続にそなえる

のこされたご家族がスムーズに相続手続きを終えられるように準備をしましょう。

終身保険なら、一生涯の死亡保障を確保できます。
死亡保険金の受取人を指定できるので、のこしたい人に円滑にのこすことが可能です。

終身保険

円満な相続にそなえるのイメージ図

相続のための保険の活用

このページの先頭へ

インターネットでの相談受付はこちら!

  • 当行の普通預金口座をお持ちの方
  • 当行の普通預金口座をお持ちでない方
  • ※20歳未満の方はお申し込みいただけませんので予めご了承ください。

  • 店舗の場所を検索
  • ご来店予約サービスはこちら

インターネットでの相談受付はこちら!

  • 当行の普通預金口座をお持ちの方
  • 当行の普通預金口座をお持ちでない方
  • ※20歳未満の方はお申し込みいただけませんので予めご了承ください。

  • 店舗の場所を検索
  • ご来店予約サービスはこちら

(平成26年10月1日現在)

このページの先頭へ