[ ここから本文です ]

ICキャッシュカード

ICキャッシュカード

ICキャッシュカードは、ICチップを搭載したキャッシュカードです。より安全にお取り引きいただくため、ご希望により身体認証もご利用可能です。

  • ※左記のデザインの他、「ディズニーキャラクターカード」もご用意しています。
  • ※スーパーICカードの「代理人カード」としてもお申し込みいただけます(本人会員さまと生計をともにするご親族1名さまに限ります)。
    ただし、その場合「ディズニーキャラクターカード」はお選びいただけません。

基本情報

カードタイプ
  • ※お選びいただけます
コンビタイプ セキュリティタイプ
ICチップ・磁気ストライプの両方でキャッシュカード取引が可能なカードタイプです。それぞれに1日あたりの「ATMご利用限度額」を設定することができます。 ICチップでのお取引のみとなり、セキュリティを重視したカードタイプです。ご利用いただけるATM、サービスがコンビタイプに比べ限定されます。
有効期限
  • 1. 
    平成24年7月14日以前に発行されたICキャッシュカード
    (旧UFJ銀行にて発行された「オールワンICカード」を含みます)
    →有効期限(5年)があります。
    • ※有効期限月の前月中旬頃までに、お届け住所あてに有効期限のない新しいICキャッシュカードをお送りします。
  • 2. 
    平成24年7月17日以降に発行されたICキャッシュカード
    →有効期限はありません。

ご利用いただけるATM

ICキャッシュカードは、「コンビタイプ」「セキュリティタイプ」によりご利用いただけるATMが異なります。

  • (*1) 
    身体情報のご登録があっても、「ICチップでのお取引(身体認証のない場合)」の限度額が適用されます。
  • (*2) 
    提携金融機関によっては、ご利用いただけない場合もあります。くわしくは各金融機関にお問い合わせください。
  • (*3) 
    「お預け入れ」は提携先コンビニATMに限りご利用いただけます。
  • (*4) 
    「お預け入れ」はご利用いただけます。

三菱東京UFJ銀行の「ICキャッシュカード対応ATM」「身体認証機能付ICキャッシュカード対応ATM」設置店舗を検索いただけます。

新しいウィンドウを開きます。三菱東京UFJ銀行ATM設置店舗

ATMご利用限度額

1日あたりのATMでのキャッシュカードご利用限度額は、ご利用いただくATMにより異なります。

1日あたりのご利用限度額について

1日あたりのご利用限度額は、お客さまのご希望の限度額に変更(個別設定)することができます。なお、キャッシュカード(磁気)をご利用中にご利用限度額を個別設定されたお客さまは、ICキャッシュカードに再発行された後も同じ金額のお取り引きができるよう、設定額を引き継がせていただきます。

ご利用限度額の個別設定について

身体認証(バイオメトリクス)

より安全にお取引いただくための、身体認証「手のひら静脈認証」をご利用いただけます。

  • ※身体認証のご登録は任意です。

身体認証(バイオメトリクス)

店頭ICカード認証

来店時にお届出印の持参がなくても、ICキャッシュカード本人カードの持参により各種取引が可能となります。
可能な取引は、預金者ご本人さまによる、同一取引店、共通印鑑届のあるご本人さま名義口座間の振替、各種申込等です。

店頭ICカード認証

デビットカードサービス(J-Debit)

国内の<J-Debit>加盟店でのお買い物や旅行代金のお支払いに、デビットカードサービスをご利用いただけます。

  • ※「セキュリティタイプ」ではご利用いただけません。
  • ※ディズニーキャラクターカードをお持ちのお客さまは、新たにお申し込みいただけません。

デビットカードサービスについてくわしくはこちら

各種お手続き

紛失・盗難時や、カードが使えなくなった時の手続き方法はこちらをご覧ください。

キャッシュカード紛失・盗難のお手続き

キャッシュカードが使えない場合

お取り扱いについてのお願い

ICキャッシュカードのお取り扱いにつきましては十分にご注意ください(ATM等でご利用できなくなる場合があります)。

  • ICキャッシュカードの磁気ストライプを、強い磁気を発する部分に近づけると、故障の原因になります。

    【近づけないでいただきたいものの例】

  • ICチップ部分を曲げたり、強い衝撃を加えたり、水に浸してしまうと、故障の原因となります。

  • ICキャッシュカードをお財布ごとズボンの後ろのポケットに入れたままの状態を続けますと、ICキャッシュカードに歪みが生じ、故障の原因となります。

(平成25年4月15日現在)

このページの先頭へ