[ ここから本文です ]

ドル=コスト平均法

外貨のように、価格変動のある商品を購入する場合、外貨単位で一定金額ずつ購入していくよりも円貨単位で一定金額ずつ購入していく方が、円高の時には多く購入でき、逆に円安の時には少なく購入することになるので、平均購入単価を低く抑えることができます。この方法を「ドル=コスト平均法」と呼びます。

ドル・コスト平均法

  • ※ドル=コスト平均法は、お預入後の為替変動リスクを低減するものではありません。
  • ※上記の数値は、実際の為替の動きとは無関係です。

「三菱東京UFJダイレクト」ですぐに始められます。

簡単・安心!来店不要!
さっそく、始める
すでに外貨取引をしている方はこちら
ログイン

(平成25年12月24日現在)

このページの先頭へ