資産運用

Case 3

ご相談事例

資産運用

目的

資産運用を考えることは人生を考えること。
人生におけるゴールを達成するため、今ある資産を「ふやし」・「まもり」・「つなぐ」ことが資産運用の目的です。

MUFGのソリューション

お客さまの状況やお考えを十分に理解し、目的に沿ったポートフォリオの立案を行います。組み立てたプランを実行し、その後は定期的な検証や見直しをサポートいたします。
また、組織としての公式な市場見通し・投資見解であるハウスビュー(*1)を策定し、運用の基本方針を公開しています。

【MUFGの
ソリューションご提供イメージ図】
お客さま
icon

運用目的の確立

お客さまの人生のゴール、ご家族、資産構成や資産運用に関するご意向をお伺いし、資産運用の目的を明確にします。
財産の状況や将来の支出計画等に基づき、プランの検討を行います。

プランの検討

最適な資産配分をご提案します

  • 長期的な運用計画
  • リスク・リターンを考えた、資産クラス・通貨・地域の分散投資
  • グローバル市場の見通し

運用資産の選択(*2)

  • 日本株式ファンド
  • 円建債券/債券ファンド
  • 円建仕組み債
  • 先進国債券/優先出資証券
  • ヘッジファンド
  • 新興国株式 等

MUFG

グループ各社

三菱UFJ銀行

専門チーム

支店担当者

  1. 三菱UFJ銀行のウェルスマネジメントでは、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が策定する『GMAP(Global Macro & Asset allocation Perspectives)』をハウスビューとして位置付けております
  2. 三菱UFJ銀行は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券から委託を受けた金融商品取引及び投資助言サービスに関する勧誘・投資一任契約の締結の媒介を行います。証券取引口座の開設のお申し込みや有価証券売買等のお取引は、お客さまと三菱UFJモルガン・スタンレー証券との直接取引となります

※ご預金や住所変更等の事務手続きについてのお問い合わせは、
こちらでは受け付けできません。
〉「商品・お手続きに関するお問い合わせ」については、こちら

※お問い合わせ・ご相談は株式会社パイプドビッツが運営するサイトにて受け付けております。

(2021年2月5日現在)