[ ここから本文です ]

M&Aアドバイザリー業務

国内外企業・事業部門のM&A(買収・売却・合併、合弁、戦略的資本・業務提携等)のアドバイスを行っております。対象企業の選定から取引成約にいたるまでの総合サポートをご提供します。
(お取引の進捗に応じ、お客様のご依頼に基づきMUFGグループの三菱UFJモルガン・スタンレー証券をご紹介いたします)

M&Aには買収、資本参加、合併、事業譲渡等多様な形態があり、その目的も商圏拡大、技術導入、資本力増強、事業継承等様々です。そして、それぞれに必要な手続きやポイントが異なってくるため、高い専門知識を持ったアドバイザーの起用が極めて重要になります。
三菱東京UFJ銀行では豊富な経験にもとづいた高度なノウハウを蓄積しており、お客さまのあらゆるM&Aニーズにお応えできる、最高のM&Aアドバイザリーサービスを三菱UFJモルガン・スタンレー証券と協働の上、ご提供しています。

<M&Aサービスの体制>
東京、名古屋、大阪の3拠点に、M&A専門スタッフを配置することにより、スピーディーかつきめ細かなサービスを提供させていただく体制を整えております。

<M&Aサービスの内容>
M&Aサービスの内容は以下の通りです。

  • (1) 
    対象企業の選定に関するアドバイスおよびアプローチ
  • (2) 
    対象企業の評価に関するアドバイス
  • (3) 
    M&Aの形態および条件設定に関するアドバイス
  • (4) 
    対象会社との交渉に関するアドバイスないしは支援
  • (5) 
    守秘対応等、情報管理に関するアドバイス
  • (6) 
    趣意書、基本合意書等作成に関するアドバイス
  • (7) 
    譲渡契約書作成に関するアドバイス
  • (8) 
    情報公開(ディスクロージャー、パブリシティー)に関するアドバイス
  • (9) 
    その他、案件に応じたアドバイス

<一般的なM&Aのフロー>

このページの先頭へ