[ ここから本文です ]

口振超人サービス

サービス内容

公共料金を始めとする各種支払いの明細を特定するサービスです。貴社に対して口座振替による引落専用の口座番号(バーチャル口座)を大量にお貸しし、どの口座番号に請求がされたものかをご覧いただいて支払いの明細を特定します。

概要

<本サービスはこんな声にお応えします>

  • 「公共料金等の支払いを口座振替に変更したいが、明細の特定ができなくなるために、従来通りの納付書による支払いを続けている。」
  • 「支社や営業所における公共料金の引き落としを本社口座に一本化したいが、営業所毎の仕訳を行うのが面倒。」
  • 「従来の「公共料金支払管理サービス」では、需要家番号が収納機関の都合に従って設定されるため、うまく会計記帳ができないうえに、メンテナンスが大変。」

<サービスの概要>

  • 貴社に大量の「引落専用口座番号」をお貸しいたします。貴社は収納機関・支払明細ごとに、それぞれ専用の口座番号にて口座振替契約を行っていただきます。
  • 収納機関から「引落専用口座番号」に請求がなされた場合、当行にて貴社ご指定の出金口座に読み替えて引落処理いたします。
  • 当行より貴社に対して、ファームバンキングを通じて振替結果データをお返しします。その際に「引落専用口座番号」をセットして還元いたしますので、当該番号にて明細を特定していただけます。
  • 本サービスは、口座振替結果を”事後”に確認するサービスですが、有料オプションサービスを利用すれば、口座振替内容を”事前”に確認することも可能となります。口座振替明細の事前確認や資金繰りにもご活用いただけます。

<スキーム図>

スキーム図

注意事項

  • 本サービスの導入に際しては、事前に当行所定の審査が必要となります。また所定の手数料、お申込手続が必要です。詳細は当行の貴社担当までお問い合わせください。
  • 本サービスで引き落としの対象となる収納機関は、当行で自動引落が可能な収納機関に限られます(自動集金を除く)。なお、当行で自動引落ができる収納機関においても、対象口座(営業店)の制限をされる場合があります。

このページの先頭へ