Glossary

ウェルスマネジメントに関する用語集

原則的評価方式
(げんそくてきひょうかほうしき)

取引相場のない株式における評価方法の1つです。評価対象の株式の発行した会社の規模に基づき、大会社・小会社・中会社のいずれかに区分します。原則として大会社は「類似業種比準方式」による評価額と「純資産価額方式」による評価額のいずれか低い方の金額、中会社は「類似業種比準方式」と「純資産価額」を併用した評価額、小会社は「純資産価額方式」による評価額と、「類似業種比準方式」と「純資産価額方式」を併用した評価額のいずれか低い方の金額となります。

用語カテゴリー: 事業承継(M&A)

(2021年2月5日現在)