Glossary

ウェルスマネジメントに関する用語集

オルタナティブ

株式や債券といった伝統的な資産ではなく、それ以外の新しい投資対象および投資手法のことです。直訳すると「代替の」という意味ですが、このオルタナティブによる資産運用は「オルタナティブ投資」や「代替投資」と呼ばれています。具体例として挙げられるものは「不動産」・「ヘッジファンド」・「コモディティ(商品)」などです。投資の選択肢が広がることで、リスクの分散化や、収益性の向上に資することが期待される一方、仕組みが複雑でわかりにくいというデメリットもあります。

用語カテゴリー: 資産運用

(2021年2月5日現在)