[ ここから本文です ]

住宅ローン入門

  • 住宅ローン入門
  • 住宅購入の基礎知識
  • 住宅ローンの基礎知識

購入予算と住宅ローン

必要な自己資金と返済額の目安について。

マイホーム購入で必ず考えなければならないのが、購入のための資金計画です。どのくらいの頭金を準備する必要があるのか。住宅ローンはいくらくらい借りられるのか。何より、無理のない計画を立てることが大切です。

2割以上の頭金が安全な資金計画の基本です。

マイホーム購入の資金といえば、まず誰もが思い浮かぶのが、頭金です。では、マイホーム購入の頭金の目安とは、どのくらいなのでしょうか。一般的に頭金、つまり自己資金は購入価格の2割程度だと言われています。住宅ローンは通常、購入価格や建築費の80%までというケースが多いため、逆算して2割程度、という計算式も成り立つわけです。ですが、実際には購入費用のほかに諸費用もかかってきますので、購入予算の25%程度など、2割以上の頭金を準備しておくのが、安全な資金計画の基本といえるでしょう。

三菱東京UFJ銀行の「住宅ローン」は購入金額の100%でもご融資が可能な場合がありますので、頭金がちょっと足りなくてもまずはご相談ください。

年収の20%以内がローン返済額の目安です。

マイホーム購入で多くの人が活用する住宅ローン。購入予算を決める過程では、「いくら借りられるか」も考慮しなければなりません。住宅ローンには「収入基準」といわれる条件があり、毎年のローン返済は年収の20%程度が目安になります。この目安をもとに何年のローンにするかを考え、収入から逆算して住宅ローン借入総額の目安を知ることができます。購入予算を決める際の、重要なヒントになるはずです。

返済額によって変わる返済期間と返済総額

例:2000万円を年3%元利均等返済(ボーナス返済なし)でお借り入れの場合

  毎月返済額 総返済額
10年返済 193,121円 23,174,520円
15年返済 138,116円 24,860,880円
20年返済 110,919円 26,620,560円
25年返済 94,842円 28,452,600円
30年返済 84,320円 30,355,200円

このページの先頭へ