[ ここから本文です ]

転職を成功させる、資格取得ランキング

今の職場にも慣れてきて、少し余裕を感じ始めた。自分もレベルアップするために転職を考え始めたけれど、自分のアピールポイントは何だろう・・・。そんな悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。転職を成功させるために、まずは何から始めればいいのかをご紹介しましょう。

転職を成功させる、資格取得ランキング

転職に役立つ資格を知ろう

転職が浮かんできたら、最初に「どうして転職したいと思うのか」「転職して、どんな自分になりたいのか」を考えましょう。自分が求めていることを整理しないまま、焦って職場に転職を申し出てしまうのはおすすめできません。
次に、職種や勤務地、労働時間や年収、仕事内容などについて、今の職場とどのように変えてみたいのか考えてみましょう。そうすれば、転職活動で重要視すべきことが見えてきます。

そして、次の職場で実現したい生活を具体的に思い描きましょう。そのときは「最も譲れない条件」「妥協してもよい条件」を分類します。「休日出勤がない職場がいい」と考える人と、「シフト制やフレックスタイム制などで、ある程度、時間の自由が利く職場がいい」と考える人では、転職先の選び方が違ってきます。
どのような職場で、どのような内容の仕事をしたいかを決めたら、その仕事に必要な資格を取得しましょう。特に、未経験の仕事につきたい場合には、資格を持っていることで「未経験だけど知識がある」「やる気がある」ことをアピールすることができます。
注意が必要なのは、「自分が取りたい資格」が転職で有利になるとは限らない、ということです。希望の職場、業界で本当に求められる資格を事前にリサーチして、転職に有利な資格を取得しましょう。

必須条件とされている資格 TOP20
あれば尚可とされている資格 TOP20

参考:DODA「転職で本当に有利な資格は?」より

(データ基準日:平成24年9月24日)

※掲載されているランキングは最終更新日時時点でのものであり、あくまで目安としてご参考にしてください。

勉強のための資金準備は?

資格を取るためには勉強が必要です。そして、勉強の成果が最も上がるのは、良き師のもとで学んだ場合です。
資格スクールでは、プロの講師による「合格するための授業」を受けることができ、疑問がある場合はすぐに質問・相談ができるなど、大きなメリットがあります。資格取得後も交流できるような、受験仲間との出会いもあるかもしれません。
ただ、現在の職場では拘束時間が長く、資格スクールに通う時間が取れない人も多いでしょう。その場合は通信講座を利用する方法があります。通信講座の中には、授業の様子を録画したWeb動画やDVDなどを使って、スクールと同様の授業が受けられる講座もあります。

資格スクールに通ったり、通信講座を利用するときに気になるのが受講料です。受講料以外にも、スクールまでの交通費や、参考書などを追加で購入する費用、試験の受験料など様々な支出が必要になるでしょう。

広く知られている「教育訓練給付制度」は、雇用保険被保険者が利用できる制度です。労働者や離職者が自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を教育訓練給付金として受け取ることができます。通信講座を利用した場合でも、その講座が厚生労働大臣の指定を受けていれば給付金を受け取ることが可能です。

教育訓練給付金給付までの流れ

参考:株式会社 ユーキャン「教育訓練給付制度(一般教育訓練)について」より

(データ基準日:平成29年12月18日)

この制度を利用する場合にも、給付金が支払われる前に受講料などの費用を自ら全額負担する必要があります。つまり「後から給付金が支給されるとしても、そもそも今、手元にお金がない!」という人は、何らかの方法で資金を準備しなければならないのです。

限りある時間を有効に使おう!

資格スクールで授業を受けるためのお金が20万円必要だったとします。毎月1万円ずつ貯金をすると、20万円が貯まるのは1年8カ月後。その間、モチベーションを保ち続けるのは大変です。
そこで、カードローンを利用して20万円を準備し、先に勉強を始めてしまうという方法があります。そうすると、1年8カ月後にあなたの人生はどうなっているでしょうか?資格取得ができ、転職にも成功しているかもしれません。時間的、経済的にゆとりのある働き方を実現できれば、カードローンの返済をしながらだとしても、生活はより充実したものになるでしょう。

カードローンを上手に利用し、欲しい資格への準備をしながら同時並行で無理なく資金を返済するというのも、将来に向けた自己投資の賢い方法といえるでしょう。

記事提供:株式会社ぱむ

(平成30年1月19日現在)

  • ※本資料は情報提供を目的としており、投資等の勧誘目的で作成したものではありません。商品の購入時にはお客さまご自身でご判断ください。本資料の情報は、当行が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本資料の記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答えしかねますので予めご了承ください。また、本資料の記載内容は、予告なしに変更することがあります。

このページの先頭へ