[ ここから本文です ]

被害にあわれた場合

金融犯罪被害にあわれた場合、以下の中から被害にあわれた犯罪手口を選び、それぞれの連絡先をご確認ください。

  • 詐欺にあって、お金を振り込んでしまった
  • インターネットバンキングを不正に利用された
  • カードを偽造されお金を引き出されてしまった
  • 通帳またはキャッシュカードを盗難されてしまった
  • 金融犯罪と疑わしい場合は、こちら

法人のお客さまはこちら

振り込め詐欺かな?と思ったらチェックシートで確認してみてください。振り込め詐欺チェックシート

キャッシュカードおよび通帳を紛失・盗難されたお客さま

キャッシュカードの紛失・盗難のお問い合わせ先や、必要なお手続きについてご説明します。

キャッシュカードを紛失・盗難されたお客さま

通帳を紛失・盗難されたお客さま

偽造または盗難されたキャッシュカード・通帳によりお金を引出されてしまった場合(不正引出)の被害補償について

個人のお客さまが、次の1〜3による不正払戻しの被害にあわれた場合、補償のご相談を受け付けています。

不正引出被害の補償と流れについて

  • ※ご相談は、最寄りの営業店でお伺いします。
  • ※全ての不正払戻しが補償されるわけではありません。
ワンポイント・アドバイス

被害を早期発見するために、このような点に注意しましょう。

  • カード、通帳、印鑑、本人確認書類は、定期的に所在を確認しましょう。
  • 口座の残高、取引履歴は定期的にチェックし、身に覚えのない払戻しがないか確認しましょう。

新しいウィンドウを開きます。一般社団法人全国銀行協会

振り込め詐欺等の犯罪被害資金の返還について

「振り込め詐欺等の犯罪により、金融機関の口座に振り込まれ、引き出されずに残っている犯罪被害資金を被害に遭われた方々に返還する」手続とルールが「振り込め詐欺救済法」で定められています。

振り込め詐欺救済法について

平成26年度の『振り込め詐欺救済法』に係る被害回復分配金支払申請期間についてのお知らせ

このページの先頭へ