[ ここから本文です ]

インターネット犯罪・不審な電子メール

スパイウェアやフィッシング詐欺といった、インターネットを利用した金融犯罪についてご案内します。

最新の金融犯罪情報

事例のご案内

スパイウェアやフィッシング詐欺といった、インターネットを利用した金融犯罪について、事例をご紹介します。

インターネットバンキングの不正利用インターネットバンキングの不正利用
インターネットバンキングのIDやパスワードを盗み、不正振込する犯罪です。
電子メール等からニセのサイトに誘導したり、パソコンにスパイウェアをインストールさせてキーボードの入力履歴を盗むといった手口があります。

用語の説明

  • 金融機関等を装い、高額な振り込みがあったことを通知したり、セキュリティ強化するなどのメールを送り、当行とまったく関係のない虚偽のページにアクセスさせてお客さまの個人情報を取得するといった手口があります。
  • スパイウェア      
    電子メールの添付ファイルや、犯罪者の設けたウェブサイトから知らないうちにパソコンにソフトウェアがインストールされ、お客さまのパソコン内に存在する個人情報(インターネットバンキングのパスワードなど)を不正に取得し、本人が気付かないうちに第三者に送信します。
    犯罪者はこれらの個人情報を使い、お客さまの預金口座から資金を引き出します。
  • インターネットを介して不特定多数のコンピュータの間でパソコンにあるファイルを共有するソフトです。ファイル共有時にスパイウェアやウィルスがパソコン内にインストールされ、お客さまのパソコンから個人情報(インターネットバンキングのパスワードなど)を記載したファイルなどを不正に送信される可能性があります。

このページの先頭へ