ご来店時にお持ちいただくもの

【1】『外国送金依頼書兼告知書』および関連資料
外国送金をご依頼いただく場合、『外国送金依頼書兼告知書』が必要です。
外国送金Webサポートで作成いただいた、『外国送金依頼書兼告知書』(銀行提出用)を印刷してお持ちください。
印刷してお持ちになれない場合は、窓口にてHP受付番号をお伝えください。
  • 『外国送金依頼書兼告知書』は窓口でご記入いただくことも可能です。
    ただし送金手数料が異なりますのでご注意ください。
    送金手数料はこちら
  • 外国送金依頼書兼告知書には、記名およびお届け印によるご捺印が必要です。(印鑑レス口座を除く)
    個人の場合、ご依頼人名は原則として自署にてご記入ください。(印字された場合は署名を併記してください。)

また、依頼書の入力内容やご送金目的について確認させていただく場合がありますので、送金先情報やお取引に関する資料等がございましたらあわせてご用意ください。

【2】送金代金・諸手数料のお支払いにかかわるもの

口座にご資金をご準備の上、以下のものをお持ちください。(現金でのご送金はお取り扱いしておりません。)

  • 通帳(通帳が発行されていない口座は不要)
  • お届けのご印鑑
  • キャッシュカード(個人のお客さまでお持ちの方のみ)
  • 身体認証をご利用の場合はICカードをお持ちください。
  • 個人のお客さまでキャッシュカードにてお手続きいただく場合、通帳とご印鑑は原則必要ありません。
  • ご印鑑をお持ちになれない場合でも、ご捺印済の外国送金依頼書兼告知書でお手続きは可能です。
    ただし、以下のような場合にご捺印がないとお手続きができませんので、あらかじめご了承ください。
    • 外国送金依頼書兼告知書の記載内容に不備があり、訂正印が必要となる場合
    • 複数口座からの送金代金お支払い等で、別途、払戻請求書の提出が必要となる場合
【3】個人番号(マイナンバー)または法人番号が確認できる書類

個人番号(マイナンバー)・法人番号のお届けがお済みでない方は、以下のいずれかをお持ちください。
「マイナンバー制度について」はこちら

<個人の場合>

  • 個人番号カードまたは通知カード
  • 住民票の写しまたは住民票記載事項証明書(個人番号の記載があるもの)

<法人の場合>

  • 法人番号指定通知書
  • 国税庁ホームページでの法人番号確認画面の写し(6ヶ月以内)
【4】ご本人確認書類(個人のお客さま)

お取引にあたってのご送金人の意思確認のため、あるいは、ご来店者が正当な権限を有することの確認のため、当行所定の手続きにより、ご送金人やご来店された方のご本人確認書類の提示等をお願いする場合があります。
運転免許証やパスポート等、なるべく顔写真入りの確認書類をご用意ください。

ご注意

(2019年6月3日現在)

ページトップ