【インターネットバンキング】
「ワンタイムパスワード」を入力させる偽画面にご注意ください!(平成28年12月21日更新)

インターネットバンキングへのログイン時や、インターネットバンキング専用ウィルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」のインストール時に当行よりワンタイムパスワード(スマートフォンアプリまたはカード)の入力を求めることはありません!!

  • このような偽画面についての注意喚起のEメールを配信しています。
    平成28年12月21日配信分の詳細は こちら をご覧ください。

偽画面が表示される例

偽画面が表示される例(「Rapport(ラポート)」インストール時)
  • ログイン時やお取引時に、普段と異なる環境からインターネットバンキングにアクセスしている可能性があると当行が判断した場合には、当行よりお客さまのEメールアドレスにワンタイムパスワードをお知らせし、インターネットバンキングの画面への入力をお願いしております。インターネットバンキングの不正を防ぐ為にも、常にご利用可能なEメールアドレスの登録にご協力ください。

Eメールによるワンタイムパスワードについて、くわしくはこちら

その他の不正送金事例

その他の不正送金事例

お客さまのPCが不正なウィルスに感染している可能性があります。すでにご契約番号やIBログインパスワードなどが漏洩している可能性もありますので以下の連絡先にご連絡をお願いします。

  • 偽画面のほかの例はこちらをご確認ください (過去に確認された事例を掲載しています)
  • また、セキュリティ対策についてはくわしくはこちらをご確認ください

インターネットバンキングご利用時の不審な画面などに関する照会

インターネットバンキングヘルプデスク

0120-543-555

または042-311-7000(通話料有料)

受付時間/毎日9:00~21:00

「いつもと違う画面にパスワードを入力した」、「身に覚えのない出金があった」」などの緊急連絡先

インターネットバンキング不正利用ご相談ダイヤル

0120-111-082

または050-3786-0082(通話料有料)

24時間365日受付

  • 毎月第2土曜日の21:00~翌朝6:40はご利用いただけません。
  • ウィルスの発見・駆除、ご相談については独立行政法人 情報処理推進機構のホームページにてご確認ください。

独立行政法人 情報処理推進機構

ページトップ