[ ここから本文です ]

外貨預金をお申し込みの際は、次の点にご注意ください。

  • 外貨預金は預金保険制度の対象ではありません。
  • 為替相場の変動により、円貨を外貨にする際(預入時)の為替相場に比べ、外貨を円貨にする際(引出時)の相場が円高になると引出円貨額が預入円貨額を下回る(円貨ベースで元本割れとなる)場合があります(為替変動リスクがあります)。
  • 円貨を外貨にする際(預入時)および外貨を円貨にする際(引出時)は手数料がかかります。預入・引出時には手数料分を含んだ為替レートである当行所定のTTSレート・TTBレートをそれぞれ適用します。
    為替相場に変動がない場合でも、往復の為替手数料がかかるため引出円貨額が預入円貨額を下回る(円貨ベースで元本割れとなる)場合があります(TTSレートとTTBレートには、たとえば1米ドルあたり最大2円、1ユーロあたり最大3円、1英ポンドあたり最大8円、1オーストラリアドルあたり最大4円、1ニュージーランドドルあたり最大4円、1スイスフランあたり最大1円80銭、1人民元あたり最大60銭、1南アフリカランドあたり最大3円、1トルコリラあたり最大5円、 その他通貨は1通貨あたり最大16円の差があります)。異なる通貨の外貨からお預け入れいただく場合の手数料につきましては窓口にてご確認ください。
  • 外貨現金での預入・引出、外貨T/C(トラベラーズチェック)での預入に際しては、手数料がかかります。
    外貨現金:
    たとえば1米ドルあたり預入時2円(外貨定期預金・外貨貯蓄預金の場合1円)・引出時1円80銭、その他通貨は1通貨あたり最大8円。
    通貨によっては外貨現金のお取り扱いがない場合もあります。
    外貨T/C:
    預入時には当行所定の立替金利(日々変動いたします)がかかります。なお、T/Cでの引出はできません。 
  • 店舗によってはお取り扱いできない場合がありますので事前にご相談ください。
  • 為替相場の急激な変動により、取り扱いを中断、または停止する場合があります。
  • 人民元・南アフリカランド・トルコリラ等の新興国通貨は、一般的に先進国通貨に比べて、政治・経済・社会情勢・市場環境の変化、また金融政策・法規制の変更等の影響により、流動性や市場機能の低下、および大幅な為替変動の可能性があります。このため、場合によっては金利の大幅な見直しや市場が停止していない場合でもお取引を即時停止することがあります。新興国通貨のお取引にあたっては、先進国通貨に比べて大きなリスクがあることを十分にご理解のうえ、お取引ください。
  • 新興国通貨等一部の通貨では外貨現金や外貨でのご送金のお取り扱いがありません。そのため、円貨での引き出しに限定される場合があります。
  • 個人のお客さまの場合、原則として20歳以上のご本人さまによるお取引とさせていただきます。
  • くわしくは窓口またはホームページの説明書をご覧ください。