その他決済サービス 契約会社一覧(電子決済等代行会社に限る)

電子決済等代行会社との契約内容

当行は、平成30年6月に施行された「銀行法等の一部を改正する法律」とそれに係る政令などに基づき、電子決済等代行業者との接続における契約内容の一部を公表します。

1.損害賠償の分担に関する事項

  • 当行のシステムの欠陥により電子決済等代行業者から受けた指図内容を処理できず、又は誤って処理した場合当行の管理の不備により情報漏えいが生じた場合その他の当行の責に帰すべき事由による場合は、当行の負担とします。
  • 電子決済等代行業者のシステムの欠陥により利用者からの指図内容を当行に伝達できず、又は誤って当行に伝達した場合、電子決済等代行業者の管理の不備により情報漏えいが生じた場合、電子決済等代行業再委託者に対する管理の不備により損害が発生した場合その他の電子決済等代行業者の責に帰すべき事由による場合は、電子決済等代行業者の負担とします。
  • 当該損害が当行と電子決済等代行業者の双方の責に帰すべき事由による場合は、各自の帰責性に応じて当該損害の賠償責任を分担するものとします。

2.電子決済等代行業者または電子決済等代行業再委託者が取得した利用者に関する情報に係る措置

その電子決済等代行業再委託者が取得した利用者に関する情報の適正な取扱いおよび安全管理のため、個人情報保護法その他関連する法令に定める措置を行うものとします。電子決済等代行業者がかかる措置を行わない場合、当行は、電子決済等代行業者に対して、本サービスの利用停止、契約の解除その他の適切な措置を行うことができるものとします。

1.事故発生等により生じた利用者への補償について

  • CAMS・U-LINEサービスを利用した電子決済等代行業者のサービスに関して、不正アクセスや事故等に起因して利用者に損害が発生した場合、電子決済等代行業者が利用者への対応窓口となり、損害を補償します。

2.電子決済等代行業者における利用者情報の取扱いおよび当行が行う措置について

  • 電子決済等代行業者は、CAMS・U-LINEサービスで当行から取得した利用者情報を契約有効期間中および契約終了後においても、法令等に基づき開示する場合および利用者が第三者提供に同意した場合を除き、第三者に開示しません。
  • 電子決済等代行業者は、当該利用者情報について、コンピュータウイルスへの感染防止、第三者によるハッキング、改ざんまたはその他のネットワークへの不正侵入または情報漏洩等を防止するために必要な措置を講じるものとします。
  • 当行は、電子決済等代行業者による利用者情報の取扱いや安全管理措置が不適切であると判断した場合、CAMS・U-LINEサービスの利用を停止することがあります。

3.電子決済等代行業再委託者における利用者情報の取扱いにおいて、電子決済等代行業者が行う措置および当行が行う措置について

  • 電子決済等代行業者は、電子決済等代行業再委託者(*1)に対して利用者情報を提供する場合、自らが当行に負う利用者情報の取扱いと安全管理措置に関する義務と同等の義務を課し、責任を負います。
  • 当行は、電子決済等代行業者が電子決済等代行業再委託者における利用者情報の取扱いと安全管理措置について適切な対応を怠ったと判断した場合、CAMS・U-LINEサービスを停止することがあります。
  • (*1) 
    電子決済等代行業再委託者とは、銀行法施行規則第34条の64の9第3項に該当する事業者のことをいいます。
このウィンドウを閉じる

このページの先頭へ