セキュリティ対策

当行は、「外国送金Webサポート」をお客さまに安心してご利用いただくため、インターネット取引におけるさまざまなリスクに対し、万全のセキュリティ体制で臨んでいます。

<インターネットを通じたリスクについて>

インターネットでは、一般的に、情報の「改ざん」や「盗聴」、契約者本人への「なりすまし」、コンピュータシステムへの「不正アクセス」等、悪意の第三者による攻撃のリスクがあります。
また、「ハードウェア障害」、「ソフトウェア障害」、「回線障害」等により、お取引ができなくなるリスクがあります。
  • インターネット通信における暗号化技術の採用

    インターネット通信においては、SSL(Secure Socket Layer)による暗号化技術を採用し、お客さまの入力する情報を暗号化して通信を行っており、情報が盗み見されることはありません。
    サービス画面は、EV(Extended Validation) SSLサーバー証明書を利用することにより、信頼性のあるウェブサイトであることが証明されます。

  • お客さまが保存されるお取引データに対するセキュリティ対策

    お客さまが保存されるお取引データについては、お客さまの重要な情報を保護できるよう、サービス利用にあたってのパスワードの設定が可能です。
    お取引データを保存される際、パスワードを設定しておけば、パスワードを知らない第三者はファイルを利用できませんので厳格な情報管理が可能です。
    また、データファイルは暗号化していますので、本サービス画面でのみ利用可能であり、他の方法でデータの内容を見ることはできません。

  • システム構成

    当行では、複数のファイアーウォールを設けて、インターネットからの不正なアクセスを防いでおります。
    また、主要機器は二重化等の対応により、万全なバックアップ体制を整備しております。

  • セキュリティ監視体制

    インターネットからの攻撃を24時間常時監視しています。万が一、不測の事態が発生した場合でも即時に対応できる体制をとっています。

このページの先頭へ