三菱東京UFJ銀行
ホーム

閉じる

経済・産業レポートとマーケット情報

← 1つ前に戻る

経済・産業レポート外為マーケット情報国内円金利動向
0

■ ニューヨーク駐在情報「BTMU Focus USA Weekly」 2011年


BTMU Focus USA Weekly(2011年12月29日):コア・インフレ2%が示すもの
BTMU Focus USA Weekly(2011年12月19日):個人消費の方向感
BTMU Focus USA Weekly(2011年11月16日):どちらを重視するか〜足元の底堅さと先行き減速の兆し
BTMU Focus USA Weekly(2011年10月12日):雇用情勢〜外的ショックへの耐久度は低下方向
BTMU Focus USA Weekly(2011年10月3日):急落したブラジル・レアル
BTMU Focus USA Weekly(2011年9月14日):緩慢な回復続ける労働市場〜雇用対策の効果は今後の政治次第
BTMU Focus USA Weekly(2011年8月16日):目先は悪化リスク抱える経済指標
BTMU Focus USA Weekly(2011年8月9日):S&P格下げと財政緊縮が高める景気失速リスク
BTMU Focus USA Weekly(2011年8月2日):債務問題妥結も景気は軟調継続
BTMU Focus USA Weekly(2011年7月21日):政府債務問題〜燻る本末転倒のリスク
BTMU Focus USA Weekly(2011年6月25日):スタグフレーションの影〜インフレ率安定には時間
BTMU Focus USA Weekly(2011年6月13日):資源高下の景気減速〜QE3は無いと言うより出来ない
BTMU Focus USA Weekly(2011年6月6日):悪化続く景気指標〜ガソリン消費減少が示唆する消費停滞
BTMU Focus USA Weekly(2011年5月18日):徐々に明確化する景気減速〜原油価格下落はプラス要因だが。。
BTMU Focus USA Weekly(2011年5月3日):底堅さ示す個人消費〜強まる株価依存
BTMU Focus USA Weekly(2011年4月18日):ニューヨーク経済週報〜FOMC委員の発言から〜今後の注目は景気減速がインフレ圧力を抑制するか
BTMU Focus USA Weekly(2011年4月11日):ニューヨーク経済週報〜金融政策を占うインフレ率〜景気腰折れ無ければ来春に1%台後半へ
BTMU Focus USA Weekly(2011年3月28日):ニューヨーク経済週報〜弱含み目立つ住宅市場:重要なのは世帯数の増加
BTMU Focus USA Weekly(2011年3月21日):ニューヨーク経済週報〜G7が協調介入を実施:中長期のドル安は継続
BTMU Focus USA Weekly(2011年3月14日):ニューヨーク経済週報〜緩やかに持ち直す消費者信用〜消費への下押しは軽減
BTMU Focus USA Weekly(2011年3月4日):ニューヨーク経済週報〜消費増を示唆する雇用・所得の回復
BTMU Focus USA Weekly(2011年2月28日):ニューヨーク経済週報〜弱含みが続く住宅価格〜注目される住宅価格の進展
BTMU Focus USA Weekly(2011年1月14日):ニューヨーク経済週報〜自立的経済回復への政策
BTMU Focus USA Weekly(2011年1月7日):着実な増加続く:12月雇用統計

PDFマークがついているコンテンツは
Adobe Acrobat Reader 4.0以上が必要です

この情報は当行の提供するホームページからリンクされた場合のみご利用が可能です。
不正な手段によってリンクを設定された場合は違法行為とみなされます。


↑ このページの先頭へ