経済・産業レポートとマーケット情報

経済情報 2012年

No.32:2012年12月(東海)
No.31:韓国大統領選は朴氏が辛勝〜求められる新成長モデルの模索
No.30:2012年12月(関西)
No.29:日銀短観(2012年12月調査)の結果について
No.28:2012年7-9月期の実質GDPは前期比年率▲3.5%〜輸出や個人消費の減少により3四半期ぶりのマイナス成長に〜
No.27:2012年7-9月期の実質GDP成長率予測〜5四半期ぶりのマイナス成長に〜
No.26:2012年10月(関西)
No.25:持ち家率上昇を伴わない米国住宅市場の回復をどうみるか
No.24:2012年10月(東海)
No.23:日銀短観(2012年9月調査)の結果について
No.22:改革深化が期待される中国の株式市場
No.21:欧州中央銀行(ECB)は国債購入の枠組みを粛々と決定
No.20:急騰する穀物価格とその影響
No.19:2012年4-6月期の実質GDP1次速報値は前期比+0.3%〜個人消費や輸出の減速により成長率は鈍化も、4四半期連続のプラス成長〜
No.18:2012年4-6月期の実質GDP成長率予測〜4四半期連続のプラス成長も、前期からは鈍化〜
No.17:2012年7月(東海)
No.16:2012年7月(関西)
No.15:ECBは政策金利を過去最低の0.75%に引き下げ〜市場心理の維持には必要も、利下げ自体の効果は限定的〜
No.14:日銀短観(2012年6月調査)の結果について
No.13:洪水から復興に向かうタイ経済〜ASEANの製造ハブとしての魅力は健在〜
No.12:1-3月期の実質GDP1次速報値は前期比年率+4.1%〜政策効果や輸出の持ち直しが成長率を押し上げ〜
No.11:「選挙の年」を迎えた韓国〜親財閥路線から親庶民路線への舵切り〜
No.10:1-3月期の実質GDP成長率予測〜補正予算効果や輸出の持ち直しによりプラス成長に転じた見込み〜
No.9:フランスで17年ぶりの政権交代 成長促進を重視する政権運営に変更も、具体策はこれから
No.8:減速する韓国経済の現状と展望
No.7:2012年4月(東海)
No.6:2012年4月(関西)
No.5:日銀短観(2012年3月調査)の結果について
No.4:2011年10-12月期実質GDP1次速報値は前期比年率▲2.3%
No.3:10-12月期の実質GDP成長率予測〜海外景気の減速等を受け、再びマイナス成長に〜
No.2:消費者物価統計ではデフレ基調が続くが、消費者は物価上昇を実感
No.1:台湾のダブル選挙を左右した対中政策

この情報は当行の提供するホームページからリンクされた場合のみご利用が可能です。
不正な手段によってリンクを設定された場合は違法行為とみなされます。

このウィンドウを閉じる

このページの先頭へ