[ ここから本文です ]

インターネットバンキングの不正利用

インターネットバンキングのIDやパスワードを盗み、不正振込する犯罪です。

  • フィッシング詐欺金融機関を装ったニセ電子メールからニセのサイトに誘導してインターネットバンキングのID・パスワードを入力させ、不正振込を行います。
  • スパイウェアパソコンにスパイウェアをインストールさせ、インターネットバンキングを利用したときのキーボード入力からIDやパスワードを盗み取ります。
  • ご契約カード情報の盗難放置してあったり、酩酊状態のときに財布から引き出されたご契約カードを携帯カメラで撮影されたりして、ご契約の情報を盗み取られます。

事例1

ニセの電子メールからニセのサイトに誘導されます。
当行を装い、「セキュリティ向上のため」「ご契約カードを再発行するため」「ご契約カード発行の際に事務手続きにミスがあったため」としてニセの電子メールを送り、ニセのサイトに誘導して、インターネットバンキングのID・パスワードを入力させます。
入手したID・パスワードで不正振込されます。
事前にインターネットバンキングのご契約カードの情報を盗み、入手したIDとパスワードを使って、不正振込をされます。

事例2

パソコンにスパイウェアをインストールさせられます。
金融機関を名乗ってCD-ROMを送りつける等、巧みにパソコンにスパイウェアをインストールするよう誘導されます。
  • ※三菱東京UFJダイレクトでは、CD-ROMをお客さまにお送りすることはありません。
  • ※スパイウェアとはパソコン利用者の情報を不正に取得し、犯人に転送するソフトウェアです。キーボードの入力情報やパソコン内の個人情報を本人が気付かないうちに転送し、インターネットバンキングのID・パスワード等を盗みます。
キーボード入力履歴等を盗まれます。
インターネットバンキングを利用したときのキーボード入力履歴やパソコン内の個人情報を転送し、インターネットバンキングのID・パスワード等を盗みます。そしてその入手したID・パスワードや事前に盗んだご契約カードの情報を使って不正振込をされます。

予防策

ご契約カード・パスワードは厳重に管理しましょう。心当たりのないメールや添付ファイルは、むやみに開かないようにし、インターネットカフェ等、誰でも使用できるパソコンからは、インターネットバンキングを利用しないようにしましょう。

最新版のセキュリティ対策ソフトを利用しましょう。

お客さまのご利用環境の整備

暗証番号の管理について

ワンポイント・アドバイス

「三菱東京UFJダイレクト」では、ご契約者の皆さまに安心してご利用いただくため、インターネットを通じたお取引に伴うさまざまなリスクに対し、万全のセキュリティ体制で臨んでいます。
安全性を高めるため、定期的なパスワード変更を心がけてください。

cookie(クッキー)について

サイトがお客さまのパソコン等のブラウザに情報を保存し、あとで取り出すことが可能な機能のことを指します。

インターネットバンキング「三菱東京UFJダイレクト」 セキュリティページ

その他の事例

インターネット犯罪・不審な電子メールに戻る

このページの先頭へ