[ ここから本文です ]

投資詐欺

電話やダイレクトメールで投資を勧誘し、お金をだましとる犯罪です。もうけ話をもちかける悪質な投資被害が多発しています。

犯行手口の例

もうけ話をもちかけられます。
電話、ダイレクトメール、セミナー等で、「値上がり確実な未公開株」「元本確定で高利回りの投資」等のもうけ話をもちかけられます。
最初は配当が支払われ、信用させられます。
はじめのうちは、配当・利子等が支払われるので、ついつい信用してしまいます。
買取業者を装い、近づかれることもあります。
「限られた人にしか買えないので、自分の代わりに買ってくれれば後日高値で買い取る」等と買取業者を装い、もちかけられるケースもあります。
ある日突然、支払いがストップします。
配当・利子等が突然支払われなくなったり、買い取りの約束を破られたりし、投資金をだましとられます。

予防策

うまいもうけ話には必ず裏があります。特に急いで投資するよう指示された場合は注意しましょう。「上場間近で値上がり確実」「申し込めばすぐに高値で買い取ります」「元本保証、高利回り」等の言葉が入ったチラシやダイレクトメールには注意しましょう。また過去に被害にあわれた方は、例えば、「手数料を払えば、過去の損失を取り返せます」等のような言葉で、繰り返し勧誘の対象となる可能性が高いため、特に注意しましょう。

現金を渡す前や、振り込む前に、必ず家族に相談しましょう。

「三菱」「UFJ」「MUFG」を不正使用する金融業者にご注意ください。

当行・当行行員等を名乗る不審な勧誘にご注意ください。

ワンポイント・アドバイス

未公開株式について、お電話で相談できます。

未公開株式の勧誘に関して「どうも怪しい」と感じたら、最寄りの警察または下記コールセンター等にご相談ください。

お問い合わせ:未公開株通報専用コールセンター(日本証券業協会)
0120-344-999 受付時間 ⁄ 月〜金曜日  9:00〜11:30、12:30〜17:00

その他の事例

預金・現金を騙し取る犯罪・不審な勧誘に戻る

このページの先頭へ