[ ここから本文です ]

警察官や銀行員等を名乗る詐欺

警察官や銀行員、銀行協会職員、金融庁職員等になりすまし、カードや通帳、現金をだましとろうとする犯罪です。

  • 警察官や銀行員、銀行協会職員、金融庁職員等になりすまし、電話で暗証番号を聞き出し、直接自宅を訪問して、カードをだまし取ります。
  • 警察官や銀行員、銀行協会職員、金融庁職員等になりすまし、電話で、言葉巧みに誘導し、お客さまにご自分で口座から現金を引き出させたあと、直接現金をだまし取る手口もあります。

事例1

金融関係者になりすまし近づいてきます。
警察官や銀行員、銀行協会職員、金融庁職員等になりすまし、電話をかけてきます。
言葉巧みに暗証番号を聞き出します。
「あなたのカードが犯罪に利用されているので、口座を停止します」等の理由で言葉巧みに、暗証番号を聞き出します。
電話を長引かせて切らせないようにし、その間に直接訪問し、カードをだましとるケースもあります。
直接自宅を訪問し、カードや現金をだましとります。
電話の後、直接自宅を訪問し、カードをだましとります。 お客さまにご自分で口座から全額現金を引き出させたあと、直接自宅を訪問し、現金をだましとるケースもあります。

事例2

JR遺失物係や交番を名乗ってくることもあります。
カードが盗難か紛失かわからないうちに、JR遺失物係や交番を名乗り、暗証番号を聞き出す手口もあります。

予防策

その他の事例

預金・現金を騙し取る犯罪・不審な勧誘に戻る

このページの先頭へ