[ ここから本文です ]

振り込め詐欺

大きな社会問題となっている金融犯罪です。
最近は息子さんやお孫さんだけでなく、弁護士や警察官を装う等、その手口も悪質になっています。

犯罪手口の例

  • オレオレ詐欺 身内になりすまして電話をし、「至急お金が必要」等と言葉巧みに現金の授受や振り込みをさせます。
  • 還付金詐欺 社会保険事務所や市区町村の職員を装い、保険や税金の還付金があると電話してきて、ATMへ誘導。操作を指示し、犯人の口座にお金を振り込ませます。
  • 架空請求詐欺 「総合情報サイト利用料金が未納」「名義貸しやインサイダー取引等の法令違反」等の事由で、法的手段に訴える等の電話やメールがあり、連絡を取ると様々な名目で多額の料金が請求されます。
  • 融資保証金詐欺 ダイレクトメール等で融資を案内し、申し込んだ人に対して「保証金が必要」と言って先にお金を振り込ませます。
  • ネットショッピング詐欺 インターネット上での通販やオークションにおいて、商品代金を事前に振り込んだにも関わらず、商品が届かず、取引相手と連絡がとれなくなります。

事例1

身内を装い、電話があります。
息子さんやお孫さんになりすました犯人から、電話がきます。
「携帯電話の番号が変わった」「風邪をひいて声が変わった」等の理由をつけるケースも。
時には、弁護士や警察官になりすますこともあるので、要注意です。
「至急」と言って確認する時間を与えません。
会社や友人、女性との間にトラブルがあったかのように装い、「至急お金が必要」等とまくしたて、言葉巧みに現金の授受や振り込みをさせます。 「会社の上司または同僚に取りに行かせる」と言って、直接現金の手渡しを要求することもあります。トラブルの内容は「会社の小切手の入ったカバンを失くした」 「会社のお金を使い込んだ」「女性を妊娠させた」「借金の返済が必要」等が多く発生しています。

事例2

社会保険事務所や市区町村の職員を装い、電話があります。
保険や税金の還付金があると電話してきて、
言葉巧みにATMへ誘導します。
ATMの操作を電話で指示されます。
携帯電話でATM操作の手順を指示され、
その通りに操作をすると、いつのまにか犯人の口座に振り込んでしまいます。

事例3

名義を貸して欲しいと電話があります。
「あなたに老人ホームの入居権が当った。名義を貸して欲しい」「××に住んでいる方限定で社債購入の権利がある。あなたの権利を譲って欲しい」等、名義貸しを持ちかけられます。
トラブルになったと迫られ、お金を送るよう要求されます。
「名義貸しは犯罪で、訴えられる可能性がある」「解決するにはお金が必要」と言って迫ってきます。レターパック・宅配便等での送付を指示するケースもあります。

予防策

家族を名乗る不審な電話、特に「携帯電話の番号が変わった」という電話には注意が必要です。いったん電話を切り、必ず以前から聞いている電話番号に電話して、本人に確認しましょう。また「名義を貸して」「権利を譲って」「代わりに買って」等、電話で要求された場合は、きっぱり断り切電しましょう。不安な場合は、すぐ警察や消費者センターに相談してください。

レターパック・宅配便等で現金を送るよう指示されたら、詐欺ですので、絶対に送らないでください。

振り込め詐欺かな?と思ったらチェックシートで確認してみてください。 振り込め詐欺チェックシート

ワンポイント・アドバイス

ATMご利用限度額の引き下げが可能です。

1日あたりのATMご利用限度額をあらかじめ引き下げておくと、万一被害にあった場合も、被害額を軽減することができます。

ATMご利用限度額の設定について

その他の事例

預金・現金を騙し取る犯罪・不審な勧誘に戻る

このページの先頭へ