葬儀の基本マナー ―ふさわしく、あたたかく、さわやかに―

訃報をうけたら
葬儀出席
焼香の仕方、線香のあげ方
法事のマナー
訃報を受けたら
訃報を受けたら
●逝去の知らせを受けたら
取引先の不幸はまず上司に報告する。弔電などの準備が必要。
自社の場合は、故人の役職によっては緊急の役員会が必要になる場合もある。対応は上司や担当者の指示にしたがうこと。
●通夜や告別式に出席できない時は
早めに喪主宛に弔電を打つ。先方は取り込みの最中なので、電話でのお悔やみは避ける。
●供物や供花を送る時は
通夜または葬儀の前日までに届くようにする。ただし、宗教や宗派によって供えるものが違うので、注意が必要。
●通夜の知らせを受けたら
通夜は本来身内で行う儀式だが、知らせを受けたら出向くのが普通。とくに親しい間がらでないかぎり、通夜か葬儀かいずれかに出席するのでも失礼にはならない。
●とりあえず駆けつける
通夜の開始は通常午後6時頃から。遅れないように気をつけたい。服装は平服でよいが、派手なネクタイをかえるくらいの気配りを。女性はアクセサリーははずし、化粧はひかえめに。黒いリボンなどで弔意をあらわす方法もある。
●お悔やみのことばは受付で
遺族の方から声をかけてこないかぎり、お悔やみのことばは受付の人に述べるようにしよう。
また故人との対面は遺族にすすめられた時のみに限る。
●通夜のもてなしは受けるのがマナー
すすめられたら少しでも口をつけるのがマナーだが、あまり深いつきあいがない場合はふるまいの前に退出するようにしよう。
●通夜の席で仕事の話はタブー
通夜の席では騒がないこと。仕事の話は避け、話題は故人を偲ぶものにする。
●香典のマナーは
  1. 香典は通夜または告別式の受付に出す。裏面に住所・名前とともに金額も記入する。
  2. むきだしのまま持参しない。ふくさや風呂敷に包んでいく。
  3. 郵送する場合は、香典袋に入れ、お悔やみのことばをそえて送る。
  4. 受付や霊前ではふくさや風呂敷から香典袋を出して、受付や霊前に供える。

葬儀出席
●葬儀に出席する時は
通常、不幸のあった日の翌日か翌々日に葬儀と告別式が行われる。葬儀は遺族やとくに親しかった人が故人との別れを偲ぶ儀式。一般会葬者として出席する時は、葬儀のあとに行われる告別式から出席。
●告別式に出たら出棺まで見送る
告別式では一般会葬者の焼香のあと、故人との最後の別れ、親族代表の挨拶、出棺となる。とくに親しい間がらでないかぎり火葬場までついて行く必要はないが、出棺までは見送るのがマナー。
●受付で必ず記帳する
通夜に出ていない時は、この時香典を出す。代理で出席する時は、その旨を受付に伝え、丁寧にお詫びのことばを。記帳は代理人の名前ではなく本人の名前・住所を書き、左下に『代』と書きそえておく。
●仏式焼香のマナー
  1. 焼香は、座礼・立礼とも3回(宗派によっては2回)が正式だが、1回でも失礼ではない。とくに参列者が多い時や立礼の場合、喪主や親族以外は1回が普通。
  2. 数珠を持参した場合、焼香の時は左手に持つ。房は下にたらしておく。
●弔問の服装は
弔問の服装は 男性
一般会葬者として参列する場合は正式な喪服でなくてもよい。男性はブラックスーツかダークスーツ。ネクタイや靴を黒に。ネクタイピンや胸ポケットのハンカチはつけない。

女性
女性は地味なワンピースかスーツを。バッグや靴は光沢のない黒にする。ストッキングは黒か肌色。結婚指輪以外のアクセサリーはシンプルな真珠なら可。
焼香の仕方、線香のあげ方

●立礼での焼香(仏式)
立礼での焼香(仏式)01 立礼での焼香(仏式)02 立礼での焼香(仏式)03 立礼での焼香(仏式)04
1. 順番がきたら静かに席を立ち僧侶、遺族の順に一礼する。 2. 焼香台の3歩ほど手前で遺影を見つめて一礼し、前に進んで合掌。 3. 抹香をつまみ、目の高さに捧げてから静かに香炉に落とす。 4. 再び合掌して一礼。前向きのまま3歩さがり、僧侶、遺族に一礼し、向きをかえて席に。

●座礼での焼香(仏式)
座礼での焼香(仏式)01 座礼での焼香(仏式)02 座礼での焼香(仏式)03 座礼での焼香(仏式)04
1. 中腰で霊前に進み、座蒲団の手前で僧侶と遺族に一礼する。 2. 深く頭をさげてから座蒲団ににじり寄って座り、合掌する。 3. 抹香をつまみ、目の高さに捧げてから静かに香炉に落とす。 4. 合掌して一礼したあと、座蒲団からにじりおり、僧侶、遺族に一礼。中腰で席にもどる。
※会場がせまい時や人数の多い時は香炉をまわして行う「まわし焼香」となる。焼香の作法は座礼・立礼と同じ。


●玉串の供え方(神式)
玉串の供え方(神式)01 玉串の供え方(神式)02 玉串の供え方(神式)03 玉串の供え方(神式)04
1. 玉串は右手で枝の根もとをつまみ、左手で葉を支えて、神官から受け取る。 2. 案(玉串をおく台)の手前まで進み、玉串を目の高さに捧げて一礼する。 3. 玉串を時計まわりに回転させて、根もとを神前に向けて供える。 4. 2、3歩さがり、音を立てないように二礼二拍手一礼。数歩さがり、神官、遺族に一礼して席にもどる。

●献花の作法(キリスト教式)
献花の作法(キリスト教式)01 献花の作法(キリスト教式)02 献花の作法(キリスト教式)03 献花の作法(キリスト教式)04
1. 遺族に一礼し、茎が左、花が右にくるように、係の人から花を受け取る。 2. 花を胸もとまでひきよせて献花台の前まで進み、遺影を見つめて一礼する。 3. 花の根もとが柩の方に向くように右回りにまわし、静かに献花台の上におく。 4. 頭をさげて黙祷。牧師(神父)、遺族に一礼して席にもどる。

●線香のあげ方(仏式)
線香のあげ方(仏式) 01 線香のあげ方(仏式) 02 線香のあげ方(仏式) 03
1. 僧侶、遺族に一礼のあと合掌。右手で線香を取り、ろうそくの火をうつす。 2. 火がついたら左手であおいで消す。 3. ほかの線香と離して静かに立てる。
※線香は1本だけ供えるのが一般的。宗派によっては2本、3本、6本立てるのが正式な場合もある。
法事のマナー
●法要に招かれたら
葬儀と同様、法要も宗教によってさまざまな儀式があるが、葬儀ほど細かなとりきめはない。仏式の場合、親類や知人が寺院や自宅に招かれ、僧侶の読経のあと会食するというのが通常のパターン。三回忌までは準喪服、それ以降は地味な平服でよい。当日は生花や果物などの供物か供物料を持参する。
●仏式の主な法要
初七日:臨終の日(またはその前日)を入れて7日目。
四十九日(七七日):一般的にこの日までを「忌中」と言い、忌明けの法要がいとなまれる。
一周忌(祥月命日):丸一年目の同月同日。四十九日と同様、親族が集まって法要を行う。
三回忌:一周忌の翌年の祥月命日。以降七、十三、十七、二十三、三十三…と百回忌まで続く。一般的には十三回忌まで。あとは適当な回忌を選んでいとなまれる。


ページの最上部へ
ビジネスマナー集TOPへ