[ ここから本文です ]

海外口座ご紹介サービス《パシフィックリム・カンパニーベネフィット・プログラム》

  • パシフィックリム・カンパニーベネフィット・プログラムは、日本国内の会社にお勤めで米国へ駐在または企業派遣による留学、研修予定の方にご利用いただけるサービスであり、「カリフォルニアアカウント・プログラム」とは異なる商品です。駐在や企業派遣による渡米予定のない方はこちらをご確認ください。

米国駐在員の皆さまの利便性を第一に考えた金融商品・サービスをパッケージ。三菱UFJ銀行が米国ユニオンバンクの提供する米国駐在員向け金融パッケージのお申し込みをサポートします。
パシフィックリム・カンパニーベネフィット・プログラムなら、出発前に日本で米国ユニオンバンクのチェッキング・アカウントを開設し、米国に到着してすぐサービスが受けられます。
パシフィックリム・カンパニーベネフィット・プログラムのメリット!
  • 日本の三菱UFJ銀行を送金銀行とする、本口座宛の被仕向送金手数料が無料になります。(*1)
  • 全米各州(カリフォルニア州およびグアム・サイパン・プエルトリコ・バージンアイランドを除く)のユニオンバンク以外のStar®およびMastercard®ネットワーク内の米国内銀行提携ATMからの現金引出手数料が無料になります。(*2)
  • 初回の小切手帳発行手数料が無料になります。
  • その他の手数料がかかる場合があります。くわしくは、「Personal Accounts Fee Schedule」をご覧ください。これらの書類は口座開設時にお送りいたしますが、ユニオンバンク・ジャパニーズ・カスタマーサービスユニットにご請求いただくか、ユニオンバンクのホームページでもご覧いただけます。
  1. ユニオンバンクのホームページに移動します。
  • ユニオンバンク以外のATMの利用などには手数料がかかります。
米国駐在員の皆さまのニーズにお応えします □米国赴任中も銀行口座について日本語でやりとりしたい □米国到着後、すぐにカードで現金を引き出したい □米国赴任先からの給与の振込口座として使いたい □渡米前に口座に生活資金を送金しておきたい □同行する配偶者と一緒に口座を使えるようにしたい □帰国後も米国の口座を利用したい

日本とは異なる米国の暮らしをさまざまなサービスでサポート

日本語OKのコールセンター

お金に関する大事な連絡は、やはり日本語で細かいニュアンスまで伝えられると安心です。
お客さま 先日A社に振り込んだ件… ユニオンバンク日本語スタッフ お調べします。
各種お取引や残高照会などの日常のお取引は、ユニオンバンク・ジャパニーズ・カスタマーサービスユニットにて承ります。ユニオンバンク・ジャパニーズ・カスタマーサービスユニットは、米国太平洋時間だけでなく日本時間にも対応しておりますので、オンラインバンキングと合わせて、日本にご帰国後も引き続きご利用いただけます。
日本語OKのスタッフが対応 お客さま 日本語でも大丈夫ですか? ユニオンバンク日本語スタッフ もちろんです。

米国でご夫婦に必要な“共同名義口座”

米国ではご夫婦の場合、お二人両方の名前が入った共同名義口座を開設するのが一般的です。
共同名義口座がないとお二人あての税金還付小切手などのご入金ができません。
配偶者が後から渡米される場合でも、日本から配偶者とのお二人名義の口座が開設できます。

多様な決済が可能

米国で長期間滞在される駐在員の方にとって、小切手、ユニオンバンクATMカード(ATMカード)、もしくはユニオンバンク・デビットマスターカード(デビットカード)といった米国の一般的な決済方法がご希望に応じて使えるのは大きなメリットです。
他にも、オンラインバンキングやモバイルバンキングへ登録することで、多様な決済が可能になります。モバイルバンキングは、ユニオンバンク・オンラインバンキングのご利用者に提供されます。ご利用には、サービスプロバイダーからの料金がかかる他、メッセージやデータ料金がかかる場合があります。

日本で渡米前に口座開設

日本で口座開設し、ご赴任前に口座番号をお知らせしますので、米国の口座に資金をまとめて送金しておき、現地で引き出すことができます。
  1. 口座開設手続完了まで通常、3~4週間かかります。日数に余裕を持ってお申し込みください。

  • 資料が必要な方へ
    郵送専用申込書(メールオーダー)をご請求いただけます。
  • お急ぎの方へ
    お急ぎの方はPDF版の「申込書」をA4サイズの用紙にプリントアウトし、必要書類と一緒に当行あてにご郵送ください。
パシフィックリム・カンパニーベネフィット・プログラムは、日本国内の会社にお勤めで米国へ駐在または企業派遣による留学、研修予定の方にご利用いただけるサービスであり、「カリフォルニアアカウント・プログラム」とは異なる商品です。駐在や企業派遣による渡米予定のない方はこちらをご確認ください。

MUFG Union Bank, N.A.(ユニオンバンク)のご紹介

Union Bank® A member of MUFG, a global financial group
MUFG Union Bank, N.A.(ユニオンバンク)は、世界で最大級の金融機関の一つである三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のグループ銀行です。ユニオンバンクは、カリフォルニア州、オレゴン州、ワシントン州において、340を超える支店を展開しており、邦銀の米国グループ銀行としては、最大規模を誇ります。MUFGグループの一員として、ユニオンバンクは、150年以上にわたり、質の高いサービスと革新的な商品を提供しています。
  1. ユニオンバンクのホームページに移動します。
本店 ニューヨーク
支店 カリフォルニア州を中心に340支店以上(2019年3月末現在)
特徴
  • 総資産約1,300億米ドル(2019年3月末現在)
  • 長期発行体格付 Moody's:A2 S&P:A(2019年3月末現在)

パシフィックリム・カンパニーベネフィット・チェッキング・アカウントのご紹介

チェッキング・アカウントのメリット

  • 渡米前に日本での口座開設が可能
  • 給与振込口座にご指定いただくか一定の口座残高を維持していただくことで月間口座維持手数料が無料(*1)
  • 初回の小切手帳発行手数料が無料(*3)
  • 全米各州のユニオンバンク以外のStar®およびMastercard®ネットワーク内の米国内銀行提携ATMからの現金引出手数料が無料
  1. カリフォルニア州、およびグアム、サイパン、プエルトリコ、バージンアイランドを除きます。ユニオンバンク手数料は無料です。ユニオンバンク以外の手数料は返金します。
  • 日本語コールセンターが利用可能(日本時間にも対応)
  • オンラインバンキングまたは電話による送金のご依頼が可能(*4)
  • 郵送またはモバイルバンキング(*5)による小切手のご入金が可能
  • 日本の三菱UFJ銀行を送金銀行とする本口座宛の被仕向け送金手数料が無料
  • 帰国後も日本語コールセンターを通じて日本からの口座管理・解約が可能
  • 口座維持手数料は、残高明細をオンラインで受け取る場合:8米ドル/月、残高明細を郵送で受け取る場合:10米ドル/月となります。残高証明書と共に小切手の画像の郵送をご希望の場合、3米ドル/月の追加手数料が発生します。ただし、各月残高明細書対象期間中、以下のいずれかの場合、口座維持手数料は無料となります。

◎毎月、口座に一回の入金が250米ドル以上の給与振込(direct deposit)を設定

◎月間平均残高が1,500米ドル以上

◎他の関連預金口座(*2)との合計月間残高が5,000米ドル以上

  • 関連口座の名義人には、ご本人の名義が含まれている必要があります。
  • 初回の小切手帳発行手数料は無料ですが、追加の小切手帳の発行は有料です。
  • ご利用には、口座開設後に別途「Funds Transfer Authorization(送金権限依頼書)」の提出および登録が必要です。登録が完了されていない場合、送金依頼をお受けできないことがあります。また、送金には手数料がかかります。
  1. ユニオンバンクのホームページに移動します。
  • ご利用規定については、「モバイルバンキングによる小切手入金サービス」をご覧ください。

チェッキング・アカウントとは

  • 各種決済に利用する口座として米国で生活するうえで不可欠です。無利息のものが一般的です。
  • ご希望に応じ、小切手やデビットカードの決済、ATMカード(日本のキャッシュカードに相当)による現金引き出しができます。

よくあるご質問

海外口座ご紹介サービス《パシフィックリム・カンパニーベネフィット・プログラム》についてのQ&Aはこちらをご覧ください。

  • 資料が必要な方へ
    郵送専用申込書(メールオーダー)をご請求いただけます。
  • お急ぎの方へ
    お急ぎの方はPDF版の「申込書」をA4サイズの用紙にプリントアウトし、必要書類と一緒に当行あてにご郵送ください。
パシフィックリム・カンパニーベネフィット・プログラムは、日本国内の会社にお勤めで米国へ駐在または企業派遣による留学、研修予定の方にご利用いただけるサービスであり、「カリフォルニアアカウント・プログラム」とは異なる商品です。駐在や企業派遣による渡米予定のない方はこちらをご確認ください。

パシフィックリム・カンパニーベネフィット・プログラムをお申し込みの際は、次の点にご注意ください。

  • パシフィックリム・カンパニーベネフィット・プログラムは、日本国内の会社にお勤めで米国へ駐在または企業派遣による留学、研修予定の方にご利用いただけるサービスであり、「カリフォルニアアカウント・プログラム」とは異なる商品です。お申し込みには米国の勤務先・住所・電話番号の記入が必要です。ご確認のうえお申し込みください。
  • MUFG Union Bank, N.A.(ユニオンバンク)は三菱UFJ銀行とは別の銀行です。また、三菱UFJ銀行は同行の預金支払能力を保証するものではありません。
  • 三菱UFJ銀行は預金口座開設のお取り次ぎのみを行います。口座開設以降のお取引は、すべてユニオンバンクと直接行っていただきます。
  • お取り次ぎの結果、ユニオンバンクにて、口座の開設をお断りする場合もあります。また、口座開設後もユニオンバンクの判断で口座を閉鎖する場合があります。
  • 取次手数料、口座開設手数料はかかりません(別途発生する手数料は米ドルです)。初回最低預入残高は0米ドルです。口座の開設時より90日以上ご入金がなく、口座残高が0米ドルのままであった場合は口座は解約されます。
    口座維持手数料は、残高明細をオンラインで受け取る場合8米ドル/月、残高明細を郵送で受け取る場合10米ドル/月となります。残高証明書と共に小切手の画像の郵送をご希望の場合、3米ドル/月の追加手数料が発生します。ただし、各月残高明細書対象期間中、以下のいずれかの場合、口座維持手数料は無料となります。
    ◎毎月、口座に一回の入金が250米ドル以上の給与振込(direct deposit)を設定◎月間平均残高が1,500米ドル以上◎他の関連預金口座(*)との合計月間残高が5,000米ドル以上
    • 関連口座の名義人には、ご本人の名義が含まれている必要があります。
  • 開設口座は米ドル建ですので、為替変動リスクがあります。外貨預金の預入時(円→外貨)より払戻時(外貨→円)の為替相場が円高になる場合、または為替相場にまったく変動がない場合でも、往復の為替手数料(例えば、三菱UFJ銀行の場合、1米ドルあたり最大2円)がかかるため、払戻時の円換算額が、預入時の円貨額を下回る(円貨ベースで元本割れとなる)可能性があります。
  • 外国送金には、所定の送金手数料がかかります。送金手数料は取り扱う金融機関や取扱方法により金額が異なります。
  • 日本の預金保険制度の対象ではありません(米国の預金保険制度(FDIC)の対象であり、一定額まで保護されます)。
  • 満20歳以上のご本人さまによるお取引とさせていただきます。
  • くわしくは、ユニオンバンクの「Pacific Rim Company Benefits Checking Account Simply Stated Product Guide」、「Personal Accounts Fee Schedule」をご覧ください。これらの書類は口座開設時にお送りいたしますが、ユニオンバンク・ジャパニーズ・カスタマーサービスユニットにご請求いただくか、ユニオンバンクのホームページでもご覧いただけます。

    ユニオンバンク取引規定集

    • ユニオンバンクのホームページに移動します。
    1. ユニオンバンク以外のATMの利用などには手数料がかかります。
    2. オンラインバンキングおよびオンライン・ビル・ペイのご利用は初回登録が必要です。

株式会社 三菱UFJ銀行

(2019年8月12日現在)

PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイトから最新版が無償でダウンロード可能です。

Adobe Readerのダウンロード

お問い合わせは「三菱UFJ銀行コールセンター」まで。

電話番号、利用時間、サービスメニュー等についてはこちらからご確認ください。

MUFG Bank, Ltd. is not a member FDIC and its products and services ARE NOT insured by the FDIC or by any other federal government agency.

© 2020 MUFG Union Bank, N.A. All rights reserved. Member FDIC. Union Bank is a registered trademark and brand name of MUFG Union Bank, N.A.