三菱UFJ-VISAデビットカードMUFG Walletサービス利用規定

この規定(以下「本規定」といいます)は、「三菱UFJ-VISAデビット会員規約」(以下「会員規約」といいます)の会員であるお客さまが、MUFG Walletの個別サービスである三菱UFJ-VISAデビットカードMUFG Walletサービスを利用することに関する条件を、株式会社三菱UFJ銀行(以下「当行」といいます)とお客さまとの間で定めるものです。

第1条(定義)

  1. 本規定において、「お客さま」とは、MUFG Walletご利用規定第1条第4項に定めるお客さまのうち、会員規約第1条に定める会員である者をいいます。
  2. 本規定において特に定めのない用語については、MUFG Walletご利用規定および会員規約の定義に従うものとします。

第2条(三菱UFJ-VISAデビットカードMUFG Walletサービス)

  1. 三菱UFJ-VISAデビットカードMUFG Walletサービス(以下「本サービス」といいます)とは、端末機にカード情報を登録したMUFG Wallet利用カードについて、非接触決済を利用可能とするサービスおよび取引明細の表示等の付随サービスをいいます。
  2. MUFG Wallet利用カードを複数登録される場合、メインカードを1枚選択してください。メインカードは決済画面を開いたときに表示されるカードであり、当行所定の操作を行なわない限り当該カード情報により決済が行なわれます。
  3. 本サービスの利用に先立ち、本アプリをデフォルトで使用するように端末機を設定して下さい。デフォルト設定されていない場合、別の決済アプリケーションで決済される可能性があります。

第3条(取引明細の表示)

お客さまは、本アプリ上でMUFG Wallet利用カードの利用情報をご確認いただくことが可能です。なお、ご確認いただける利用情報は本サービスによる利用情報であり、本サービス以外でMUFG Wallet利用カードを利用した場合の利用情報は含まれませんのでご留意ください。

第4条(個人情報の取扱い)

  1. 当行は、お客さまに関する個人情報を、お客さまが三菱UFJ-VISAデビットカード取引システムへの申し込み時に「個人情報の取り扱いに関する同意書」に基づき同意した利用目的に従い、取扱います。
  2. お客さまは、お客さまが同意した利用規約等に基づき、当行およびVISA Worldwideの二者間で本サービスを利用可能にする為に必要な情報を共有することを、承諾するものとします。

第5条(紛失・盗難、偽造・変造等および損害の補てん)

  1. お客さまは、本サービスの利用において、端末機の紛失・盗難、偽造・変造等(以下まとめて「端末機等の紛失・盗難等」といいます)により、他人に会員規約第3条第1項に定めるカード情報(以下「カード情報」といいます)を使用された場合、そのカード情報の使用に起因して生じる一切の加盟店の債権については、当行はこれに対応する債務を会員規約における売買取引等債務とみなして会員規約を適用し、会員規約の定めるところに従い、決済を行うものとし、それに関する責任はすべてお客さまが負うものとします。
  2. 前項にかかわらず、お客さまが端末機等の紛失・盗難等の事実を速やかに当行へ直接電話等により連絡のうえ、最寄の警察署(海外の場合は現地警察)に届けを提出していること等当該紛失・盗難等が客観的に推測される事実として当行が認めるものとが確認でき、かつ所定の書類を当行に提出した場合、当行がその連絡を受理した日(以下「受理日」といいます)からさかのぼって60日前以降、受理日の翌日を起算として30日後まで、当行は、当行所定の方法により、発生した損害について、当行所定の限度(額)の範囲内まで補てんします。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合、当行は、その損害を補てんしません。
    1. お客様の故意または重大な過失に起因する場合
    2. お客さまの家族、同居人、留守番その他お客さまの委託を受けて身の回りの世話をする者など、お客さまの関係者が自ら行いまたは加担した不正行為に起因する場合
    3. 戦争、地震等による著しい秩序の混乱に乗じてなされた不正利用の場合
    4. 本規定(MUFG Walletご利用規定、三菱UFJ-VISAデビット会員規約その他関係する規定も含みます)に違反している状況において端末等の紛失・盗難等が発生した場合
    5. 端末機等の紛失・盗難等が虚偽の場合
    6. 端末機等の紛失・盗難等による第三者の不正利用がお客さまの責めに帰すべき事由による個人情報の漏洩による場合
    7. お客さまが当行の請求する書類を提出しない場合、または提出した書類に不実の表示をした場合、あるいは被害調査の協力をしない場合
    8. カード裏面にお客さま自らの署名がない場合
    9. 本サービスの利用の際使用されたMUFG Walletのログインパスコードと登録されたログインパスコードが一致している場合
  3. お客さまが端末機等の紛失・盗難等により他人にカード情報を使用された場合もしくはそのおそれがある場合、またはお客さまが加盟店の入力ミス等により誤って決済口座から引き落された金額の返金を求める場合、その他事由の如何を問わず、当行が必要な調査をするにあたり、お客様に対して帳票の提出、事実関係の聴取等その他の協力を求めた場合、お客さまはこれに協力するものとします。
  4. 当行がお客さまに対し、デビット取引に関し、決済口座から当行が引き落した金額の返金を行なう場合、当行所定の手続をもって返金するものとします。

第6条(手数料)

  1. 当行は、お客さまから本サービスの利用に対して追加の手数料は受け入れません。
    ただし、お客さまは、会員規約に基づく年会費・売買取引等債務等、デビット取引に伴う手数料を支払う義務を引き続き負うものとします。
  2. 前項にかかわらず、当行は、本サービスで提供されるサービス等の変更に伴い、手数料を新設・変更する場合があります。その場合、会員規約に定める決済口座から、当行所定の時期に相当額を引き落とします。
  3. お客さまは、本サービスの利用に際し通信費用等が別途発生することを承諾するものとします。
  4. 第2項の変更については、本アプリおよび当行ホームページ上への表示、その他相当の当行所定の方法により事前に告知いたします。

第7条(サービスの利用停止、利用解除)

  1. 当行は、お客さまのカードまたはカード情報が第三者によって不正利用されている、またはそのおそれがあると判断した場合、本アプリ上のMUFG Wallet利用カードを利用停止、または利用解除することができるものとします。
  2. 当行は、会員規約第2条に定めるVisa Worldwideからの依頼等があった場合に、本アプリ上のMUFG Wallet利用カードを利用停止、または利用解除することができるものとします。
  3. 当行は、会員規約に基づきお客さまのカード利用が停止された場合またはお客さまが会員資格を喪失(当行による会員資格の取り消しを含みます)した場合、本アプリ上のMUFG Wallet利用カードを利用停止、または、利用解除することができるものとします。
  4. 当行は、前各項に基づき、本アプリ上のMUFG Wallet利用カードが利用停止、または、利用解除されたことによりお客さまに損害等が生じた場合でも、お客さまに対し、一切その責任を負いません。

第8条(本規定の変更等)

当行は、本規定を、当行の都合で任意に変更することがあります。変更内容については本アプリおよび当行ホームページ上への表示、その他相当の当行所定の方法で公表するものとし、公表の際に定める相当の期間を経過した日から変更後の内容に従うものとします。

第9条(準拠法・管轄)

デビット取引、その他、本規定に基づくサービスに関するお客さまと当行との諸契約に関しては、すべて日本法が適用されるものとします。本規定に関連してお客さまと当行との間で紛争が生じた場合には、東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

第10条(その他の規定の準用)

本規定に定めのない事項については、MUFG Walletご利用規定、三菱UFJ-VISAデビット会員規約その他関係する規定等ならびに当行Webサイトへの掲示内容により取り扱います。

(2019年10月4日現在)
以上

ページトップ