HOP! STEP! JAPAN

[投信・外貨]つみたてキャンペーン 現金最大10万円プレゼント 抽選で2,000名さまに現金プレゼント![投信・外貨]つみたてキャンペーン 現金最大10万円プレゼント

キャンペーン期間:2019年7月12日(金)〜2019年10月31日(木)

抽選で2,000名さまに現金プレゼント!

キャンペーン期間中に、投信つみたて・外貨つみたてを1万円以上新規申込または増額申込し、一定条件のお振り替えがあったお客さまの中から抽選で2,000名さまに、最大10万円の現金をプレゼント。

インターネットバンキングでお申し込みいただくと、
さらに当選確率が2倍に!
ぜひ、この機会にインターネットバンキングでつみたてをはじめてみませんか?

キャンペーン概要

キャンペーン期間 2019年7月12日(金)~
2019年10月31日(木)
対象商品 投信つみたて(継続購入プラン)
外貨つみたて(外貨貯蓄預金「継続預入プラン」)
申込方法 窓口・インターネットバンキング(以下、IB)
抽選対象となるお客さま 以下①②の両方を満たしたお客さま
①キャンペーン期間中、対象商品を1万円以上新規または増額のお申し込み
②契約申込日の翌月から3ヵ月以内に振替があること

※キャンペーンの対象となる振替は、通常月であり、積増月・特定月は対象外です。積増月・特定月とは、通常月の振替金額に代えて個別に指定できる月のことです。

抽選方法

  1. キャンペーン期間前(2019年7月11日)からの増額分を抽選対象金額とします。
  2. 抽選対象金額に応じて、口数を算出します。
抽選対象金額 口数
窓口での
お取引
IBでの
お取引
10,000円以上
30,000円未満
1
2
30,000円以上
50,000円未満
5
10
50,000円以上
100,000円未満
10
20
100,000円以上
25
50
抽選対象金額 10,000円以上
30,000円未満
30,000円以上
50,000円未満
50,000円以上
100,000円未満
100,000円以上
口数 窓口でのお取引
1
5
10
25
IBでのお取引
2
10
20
50

抽選対象金額の算出例
(投信つみたての場合)

新しいファンドをお申し込みされた場合
すでにお持ちいただいているファンドを減額し、
別のファンドを新たにお申し込みされた場合

キャンペーンのご留意事項

  • 本キャンペーンへの応募は不要です。対象条件をすべて満たしたお客さまは自動的にキャンペーンの対象となります。
  • 投信つみたてと外貨つみたての両方をお申し込みされた方は、投資信託口座と外貨貯蓄預金口座が同一名義(お届けのお名前・ご住所・生年月日等が同一、かつ当行が同一名義と認めたもの)の場合、抽選対象金額を合算します。
  • 複数の契約をお申し込みいただいた場合、1つでもIBでのお申し込みがあれば、口数カウントはIBのお取引として算出します。
  • インターネットバンキング(三菱UFJダイレクト)からのお申し込みも対象です(テレフォンバンキングの取引は対象外です)。
  • 対象商品毎に1万円以上の新規または増額のお申し込みが必要です(投信つみたて複数ファンド合算可、外貨つみたて複数口座合算可)。
  • 期間中に同一明細で契約金額の変更を複数回された場合、最終お申込日の翌月から3ヵ月以内の約定・預入が必要です(振替指定日が銀行休業日やファンド休日により3ヵ月超の約定・預入となった場合は、キャンペーンの対象です)。
  • 当選者の発表は、景品代金の入金をもってかえさせていただきます。景品代金は、2020年3月頃に投信つみたてまたは外貨つみたての指定預金口座へ入金します(指定預金口座を解約されている場合はキャンペーンの対象外です)。
  • インターネットバンキングでのお申し込みは、2019年10月31日(木)23:59受付完了分までが対象です。システムメンテナンス等によりご利用いただけない時間帯があります。
  • 景品は課税対象となる場合があります。詳細は所轄税務署等にご相談ください。
  • 本キャンペーンは、予告なく延長・終了する場合があります。

つみたてのメリットつみたてのメリット

つみたてなら手軽でかんたん!
少額からはじめられて手間がかかりません。

  • POINT1:月々1,000円(*)から 少額から気軽に始められる、POINT2:手間いらず 毎月一定額を自動的に購入できる、POINT3:時間分散・長期投資でリスク低減効果も! 時間を味方にした運用ができる000円(*)から 少額から気軽に始められる、POINT2:手間いらず 毎月一定額を自動的に購入できる、POINT3:時間分散・長期投資でリスク低減効果も
  • )Eco通知(インターネット通知)をご利用のお客さまがインターネットバンキングからお申し込みの場合

CHECK

少額から始められるため、
ご自身で無理のない金額に設定して
始められます。

CHECK

決まった金額で自動的に
購入することができます。

CHECK

自動で購入できるため、
「いつ買うべきか」という
購入のタイミングに悩まず、
購入の手間も省けます。

時間分散・長期投資の
リスク低減効果

ドル・コスト平均法で効率よく運用。

投資信託や外貨預金のように、価格変動のある商品の場合、価格が変動するリスクを軽減する方法の1つが「ドル・コスト平均法」です。

ドル・コスト平均法による投資の例

たとえば、投資信託の場合、毎月一定の金額を購入することで、基準価額が高い時には少ない口数を、低い時には多い口数を購入します。毎月一定の口数を購入する場合よりも、平均購入単価を平準化させる効果が期待できます。

投資信託を毎月10,000円ずつ5回購入した場合の例

「ドル=コスト平均法」の平均購入単価 50,000円÷54,210口=9,223円(1万口あたり)
毎月同口数を投資した場合の平均購入単価
(10,000円+12,000円+11,000円+8,000円+7,000円)÷50,000口=9,600円(1万口あたり)

  • ※上記の数字はあくまで仮定であり、将来の成果を約束するものではありません。また、単純化のために極端な値動きで説明しています。
  • ※投資信託の継続購入は将来の収益を約束したり、相場下落時における損失を防止するものではありません。
  • ※算出にあたっては、購入時の手数料・税金・分配金等を考慮していないため実際の投資とは異なります。

投信つみたてとは?投信つみたてとは?

投信つみたてとは、投資信託をつみたて購入することです。投資信託は、購入後の運用をプロにおまかせできるので、初心者でも始めやすい商品です。

プロが運用を代行。
分散投資により、安定性・収益性を
両立できます。

  • POINT1:運用はおまかせ 日々の運用管理はプロにおまかせ、POINT2:複数の資産に分散投資 資産を分けてリスクを分散、POINT3:少額から、さまざまな資産で運用 国内外の債券や株式等に投資POINT1:運用はおまかせ 日々の運用管理はプロにおまかせ、POINT2:複数の資産に分散投資 資産を分けてリスクを分散、POINT3:少額から、さまざまな資産で運用 国内外の債券や株式等に投資

投資信託は、運用のプロが金融商品を組み合わせ、安定性や収益性のバランスを調整した金融商品です。プロが投資先を厳選し、運用を代行するため、初心者でも始めやすい商品です。

三菱UFJ銀行の
投信つみたてなら!

CHECK

投信つみたてを
長く続けていただいたお客さまには、
段階的に購入時手数料を
優遇するサービスをご用意しています。

CHECK

投信つみたての引落終了年月を
あらかじめ指定し、
つみたて期間の設定を
行うことができるため、
計画的な資産形成が可能です。

つみたてNISAを活用できる!

つみたてNISAとは

年間40万円までの
投資から得た利益が非課税に

税率(所得税・住民税)20.315%→非課税0%

つみたてでコツコツ投資、
長期での資産づくり

最長20年間

低コストの
商品ラインアップ

購入時手数料いずれも0円

外貨つみたてとは?外貨つみたてとは?

外貨つみたてとは、毎月一定の金額を自動的に外貨貯蓄預金口座に預け入れることです。外貨預金は、初心者でも分かりやすく、資産をふやしてまもる効果が期待できます。

6通貨から選べる!

米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、英ポンド、スイスフラン米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、英ポンド、スイスフラン
  • POINT1:見るべき指標が分かりやすい 為替相場はニュース等でチェックできる、POINT2:円よりも金利が高い 金利メリットにより、外貨ベースで資産をふやす、POINT3:通貨分散で、資産価値をまもる 通貨分散で為替変動リスクを抑えるPOINT1:見るべき指標が分かりやすい 為替相場はニュース等でチェックできる、POINT2:円よりも金利が高い 金利メリットにより、外貨ベースで資産をふやす、POINT3:通貨分散で、資産価値をまもる 通貨分散で為替変動リスクを抑える

「資産をまもる」とは?

CHECK

輸入に頼る日本の物価は、
上昇傾向にあります。

たとえば牛肉や小麦粉などの身近な食材は、ここ数年で価格が高騰しています。
日本は食材だけでなく、エネルギーも輸入に頼る割合が高く、為替の変動に伴うさらなる物価上昇の可能性も考えられます。

物価変動へのそなえに

円貨建て資産と外貨建て資産を組み合わせて持つことで、物価変動にそなえる効果が期待できます。

円高の場合

円高に伴い外貨建て資産の購買力は低下しますが、円建て資産の購買力の上昇で補います。

円安の場合

円安に伴い円建て資産の購買力は低下しますが、外貨建て資産の購買力の上昇で補います。

投資信託に関するご留意事項

  • 投資信託は預金ではなく、その基準価額は、組入れ有価証券(株式・債券等)等の値動きにより変動しますので、お受取金額が投資元本を下回る場合があります。
  • 組入れ有価証券等は、株式指標・金利等を原因とした値動きにより変動します。
  • 投資信託の購入時手数料や運用管理費(信託報酬・管理報酬等)・信託財産留保額等の手数料等はファンド・購入金額等により異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。
  • お申込前に必ず最新の契約締結前交付書面(目論見書および目論見書補完書面)等を十分にご確認ください。

「NISA」制度をご利用の際は、
次の点にご注意ください。

  • NISA制度では、すべての金融機関を通じて1人につき1口座しか開設することはできません(金融機関の変更を行った場合を除く)。
  • NISA制度を利用した口座での損失は税制上ないものとされます。
  • 非課税投資枠(NISAは年間120万円、つみたてNISAは年間40万円)が設定されたNISA制度を利用した口座で、一度商品を売却するとその非課税投資枠の再利用はできません。
  • 非課税投資枠の残額を翌年以降に繰り越すことはできません。
    上場株式等の配当等はNISA制度を利用した口座を開設する金融機関経由で交付されないものは非課税となりません。
  • NISAの非課税期間満了時にロールオーバーする(翌年の非課税投資枠へ移行する)場合には、当行が定める日までに移管依頼書を当行へ提出する必要があります。その際、ロールオーバー時の上場株式等の時価の合計額分だけ、翌年の非課税投資枠を利用します。時価の合計額が非課税投資上限額(120万円)を超えていても、全額ロールオーバーすることができます。
  • NISAの非課税期間満了時に、特定口座を開設しているものの、一般口座への移行を希望する場合は、当行が定める日までに移管依頼書を当行へ提出する必要があります。
  • NISAの非課税期間満了時に、当行が定める日までに移管依頼書を提出しない場合には、特段の手続きなしに課税口座(特定口座が開設されている場合には当該特定口座)に移行されます。
  • 当行のNISA・つみたてNISAでは、株式投資信託のみを取り扱いしております。
  • NISAとつみたてNISAは選択制です。
  • つみたてNISAでの買付は、つみたて契約(投資信託継続購入プラン)に基づく、定期かつ継続的な方法により行うことができます。
  • つみたてNISAは、NISAと異なりロールオーバー(非課税期間満了後、翌年の非課税投資枠へ移行すること)ができません。
  • つみたてNISAに係るつみたて契約(投資信託継続購入プラン)により買い付けた投資信託の信託報酬等の概算値を、原則として年1回通知いたします。
  • 基準経過日において、つみたてNISA口座を開設しているお客さまの氏名・住所を、所定の方法で確認いたします。

外貨預金をお申し込みの際は、
次の点にご注意ください。

  • 為替相場の変動により、円貨を外貨にする際(預入時)の為替相場に比べ、外貨を円貨にする際(引出時)の相場が円高になると引出円貨額が預入円貨額を下回る(円貨ベースで元本割れとなる)場合があります(為替変動リスクがあります)。
  • 円貨を外貨にする際(預入時)および外貨を円貨にする際(引出時)は手数料がかかります。預入・引出時には手数料分を含んだ為替レートである当行所定のTTSレート・TTBレートをそれぞれ適用します。為替相場に変動がない場合でも、往復の為替手数料がかかるため引出円貨額が預入円貨額を下回る(円貨ベースで元本割れとなる)場合があります(TTSレートとTTBレートには、たとえば1米ドルあたり最大2円、1ユーロあたり最大3円、1英ポンドあたり最大8円、1オーストラリアドルあたり最大4円、1ニュージーランドドルあたり最大4円、1スイスフランあたり最大1円80銭、その他通貨は1通貨あたり最大16円の差があります)。異なる通貨の外貨からお預け入れいただく場合の手数料につきましては窓口にてご確認ください。
  • 外貨預金は預金保険制度の対象ではありません。
  • 外貨現金での預入・引出、外貨T/C(トラベラーズチェック)での預入に際しては、手数料がかかります。なお、T/Cでの引出はできません。
    外貨現金:たとえば1米ドルあたり預入時2円(外貨定期預金・外貨貯蓄預金の場合1円)・引出時1円80銭、その他通貨は1通貨あたり最大8円。
    外貨T/C:預入時には当行所定の立替金利(日々変動いたします)がかかります。

    ※店舗によってはお取り扱いできない場合がありますので事前にご相談ください。

  • 個人のお客さまの場合、原則として20歳以上のご本人さまによるお取引とさせていただきます。
  • 為替相場に急激な変動があった場合、取り扱いを中断することがあります。
  • くわしくは窓口またはホームページの説明書をご覧ください。

株式会社三菱UFJ銀行
(2019年8月1日)

株式会社 三菱UFJ銀行

登録金融機関
関東財務局長(登金)第5号
加入協会
日本証券業協会、
一般社団法人 金融先物取引業協会、
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

お問い合わせは「三菱UFJ銀行コールセンター」まで。