貯蓄から資産形成の時代へ。初心者の私でも始められる「投信つみたて」って何ですか? 木下有希子(32) 会社員

リスクを抑えながら、収益をねらえる方法が投資信託をつみたてで買う「投信つみたて」。その特徴を見てみましょう。

特徴1 月々1,000円(*)から始められる 特徴2 購入タイミングに悩む必要なし

  • Eco通知(インターネット通知)をご利用のお客さまがインターネットバンキング(三菱UFJダイレクト)からお申し込みの場合

1,000円から始められるのは、手軽にできていいですね。今の貯金額の範囲でできそうなのも嬉しいです!

大きなリスクをとらずに、着実に収益をねらえるのが人気の秘密。早く始めると始めないでは運用額に大きな差が生じますので、月々1,000円、2,000円からでも積み立てることをおススメします。

まずは2,000円で始めてみる 目標期間:20年 目標金額:48万円 毎月の積立額:2,000円

たとえば、長期間での時間分散効果と資産の成長を期待して始めた場合。

そんな方には「海外株式」がおススメ

毎月2,000円をつみたて投資で運用した場合と、現金のまま保有した場合とでは、利益にこれだけの差が出ています。

【毎月2,000円を約20年つみたて投資した場合のシミュレーション】(期間:1999年10月末~2019年10月末) 積立総額 48万円 海外株式(*) 110万円 差額は62万円!

  • 海外株式(MSCI コクサイ インデックス(配当込み、円換算ベース))
  • 過去のデータに基づくシミュレーションであり、将来の運用成果を保証するものではありません。

出典:Bloombergデータを元に三菱UFJ銀行と三菱UFJ国際投信が共同作成

こんなに差額が!

また早く、長くつみたてることにより、値動きの振れ幅が小さくなるので、安定した運用成果を期待できますよ。

早く始めたほうが、月々の金額が小さくても運用額をふやせるし、リスクも減らせるのなら早めに始めないと!

また運用益が非課税になるつみたてNISAもおススメです。仮に10万円運用益が出た場合、約2万円の税金がかかりますが、つみたてNISAであれば非課税となります!

それは嬉しいですね!2万円あればちょっとした旅行もできちゃう!

では投資信託を始めるために商品を選んでみましょうか!

選ぼうにも、どうやって選べばいいのですか?

投資信託の商品を選ぶ場合、「購入時手数料ゼロ」や「年間の運用コストが低い」など色々な観点があります。

ちなみに!

三菱UFJ銀行なら、購入時手数料有料のファンドでも
長く続けるほどおトクな購入時手数料の段階優遇サービスがあります。

購入時手数料が有料のファンドでも、投信つみたて振替回数の累計が37回目以降(最短で3年経過後)は、購入時手数料が無料(0円)となります。

気になる記事や検索を手助けしてくれる機能があるなら私にもピッタリの商品を見つけることができそうです!でも投資信託用の口座をつくるにはどうしたらいいですか?

インターネットでカンタンに口座開設できますよ!

口座開設

STEP.1インターネットバンキング(三菱UFJダイレクト)にログインし、取引メニューから投資信託(NISA)を選択


STEP.2Webアップロードで個人番号確認書類・本人確認書類の提出


STEP.3投資信託口座の種類・税金の納付方法・NISA(少額投資非課税制度)の利用等を選択


STEP.4口座開設に関する説明・契約締結前交付書面等の確認


最短で申込日当日に口座開設が可能です!

  • 投資信託口座と同時にNISA口座またはつみたてNISA口座をお申し込みの場合、税務署審査完了まで2~3週間程度かかりますが、税務署審査完了前でもお取引いただけます。
  • お申込内容や当行での受付状況、銀行休業日によりお手続きに日数を要する場合もあります。

投信つみたて申し込み

STEP.1ファンド(投資信託の商品)を選ぶ


STEP.2インターネットバンキング(三菱UFJダイレクト)にログインのうえ、説明事項を確認し、購入金額・引落日などを決める


STEP.3ご指定の引落日になったらつみたて開始

投資信託の口座開設(Web申し込み)に関するご注意事項

  • お申込内容や当行での受付状況、銀行休業日等によりお手続きに日数を要する場合もあります。

(2021年7月12日現在)

商品性・三菱UFJダイレクトの操作方法についてはコールセンターまでお問い合わせください。

投資信託に関するご照会

0120-860-777

(毎日9:00~18:00(1/1~1/3、5/3~5/5を除く))

自動音声ガイダンスが流れた後に、
3→2の順でボタンを押してください。

ページトップ