貯蓄はしてるけど、将来への備えってこのままで大丈夫?

  • おすすめ貯蓄術
  • 運用イメージ・ファンドの選び方

将来への備え、このままで大丈夫?

30代女性の意識調査では、90%以上の人が老後生活に不安を感じており、半数以上の方が老後に向けて何らかの準備をしているという結果に!

みんなセカンドライフのこと心配してるんだ! 今までメイクやおしゃれにばかりお金を使っていたけど、自分の将来にも目を向けないと… セカンドライフやもしものために必要なお金はこんなに多いんです。

ゆとりあるセカンドライフに必要なお金 60歳-84歳の間に必要な金額は約1,800万円(*1) 働けなくなった時のためにためておくべきお金 約150万円(*2)

  • (*1)
    厚生年金保険(第1号)受給権者の平均年金月額は、老齢年金は約15万円(出典:平成28年度厚生年金保険・国民年金事業の概況 厚生労働省年金局)。現状と同水準の生活をすると仮定した場合、25万円/月(300万円/年(*2))必要になるため、10万円/月(60歳〜84歳の25年間では約3,000万円)の不足となる。一方、大卒で定年まで働いた場合のモデル退職金は1,139万円(出典:東京都産業労働局 中小企業の賃金・退職金事情(平成28年度版))より、追加必要額は1,861万円。
  • (*2)
    女性正規社員の平均給与額約373万円/年(出典:平成28年分 民間給与実態統計調査 国税庁長官官房企画課)より、概算手取額約300万円/年(※勤務先企業等各種条件により異なる)。この場合、受け取れる傷病手当金の不足分を支給期間の最長1年6ヵ月間で計算すると、約150万円となる(全国健康保険協会の資料を元に、当行にて試算)。
  • 試算結果は概算値のため、実際とは異なります。

こんなにですか!? 仕事も忙しいし、お金のことを勉強してこなかった私でも、お金をためて、ふやす方法はありますか? そんなあなたにはつみたてがおススメです!自動引落でつみたててくれるので忙しいあなたにピッタリの方法です。

少額からOK! 手間いらず!な「つみたて」

自動引落でつみたてられるため、仕事が忙しく手間をかけられないという方におススメです。月々1,000円(*)からつみたてできるため、少額から始められます。(*)Eco通知(インターネット通知)をご利用のお客さまがインターネットバンキングからお申し込みの場合

預金でつみたてすれば良いですか? 現在の低金利では、預金でふえる金額はわずかなんです。

ここでクイズ! 500万円を定期預金で10年間預けた場合の利息はいくら?

答え:3,985円(税引後)
  • ※元金500万円を年0.010%の定期預金に10年間預入した場合。
    表示金利は三菱UFJ銀行のスーパー定期1年物金利(2018年6月25日現在)です。
  • ※スーパー定期について、くわしくは説明書をご覧ください。
  • ※試算結果は概算値であり、実際のお取引とは異なる場合があります。

働く女性が今からゆとりあるセカンドライフのために準備するお金は大きな金額となります。定期預金だけでは、備えが十分とは言えません。

さらにお金の価値は上がったり下がったり…

物価は上がるだけでなく下がることもあります。ものの値段が動けばお金の価値は変動します。預金で貯蓄しているだけでは必要な資金を用意できない可能性もあります。

物価上昇の具体例

たしかにそうですね… それでは、何をつみたてたら良いですか? 投資信託をつみたてるのがおススメです!

プロに任せてお金をふやす「投資信託」

資産運用では、知識のほかに「何を」「いつ」「どのくらい」購入するかなどの判断が求められます。そのため、難しいと感じてあきらめてしまう方も多いようです。そこで近年、「投資信託」が注目されています。投資信託は専門知識が豊富な運用のプロが運用する金融商品です。

運用のプロに任せられるため初心者でも始めやすく、はじめての金融商品として人気です。

くわしくみる

投信つみたての特徴

プロが運用 〜投資信託のポイント〜

運用はプロにお任せ! プロが運用を代行。分散投資により、安定性・収益性を両立できます。

運用はお任せ 日々の運用管理はプロにお任せ 分散投資 1つのファンド(投資信託の商品)の中で、複数の資産に分散投資 安定的に運用 安定性・収益性どちらも狙える

投資信託は、運用のプロが金融商品の組み合わせ・安定性や収益性のバランスを調整した金融商品です。プロが投資先を厳選し、運用を代行するため、初心者でも始めやすく人気です。

さらに、複数の資産に「分散投資」することにより、1つの資産が値下がりした場合でも、他の資産の収益でカバーすることができるため、安定性が高まります。たとえば、株価の変動などで資産配分比率が変化した場合でも、定期的に運用のプロが見直しするので、手間なく、長期的に安定した運用効果が期待できます。

少額からコツコツ 〜投信つみたてのポイント〜

とっても手軽!少額から始められて、手間もかかりません。

月々1,000円(*)から 少額から気軽に始められる 手間いらず 毎月一定額を自動的に購入してくれる 時間分散・長期投資でリスク低減効果も! 時間を味方にした運用ができる (*)Eco通知(インターネット通知)をご利用のお客さまがインターネットバンキングからお申し込みの場合

決まった金額の投資信託を自動的に購入することができます。少額から始められるため、ご自身で無理のない金額を設定し始められます。 また、自動で購入できるため「いつ買うべきか」という購入タイミングに悩まず購入の手間も省けます。仕事で毎日忙しい女性にもピッタリです。

時間分散・長期投資のリスク低減効果

ドル・コスト平均法で効率よく運用。 毎月一定の金額を購入することで、基準価額が高いときには少ない口数を、低いときには多い口数を購入します。毎月一定の口数を購入する場合よりも、平均購入単価を平準化させる効果があります。(このような投資手法をドル・コスト平均法といいます。) ドル・コスト平均法による投資の例 投資信託のように基準価額の変動がある商品を購入した場合、購入金額は表のようになります。 【投資信託を毎月10,000円ずつ5回購入した場合の例】 ・「ドル=コスト平均法」の平均購入単価 50,000円÷54,210口=9,223円(1万口あたり) ・毎月同口数を投資した場合の平均購入単価 (10,000円+12,000円+11,000円+8,000円+7,000円)÷50,000口=9,600円(1万口あたり)

  • ※上記の数字はあくまで仮定であり、将来の成果を約束するものではありません。また、単純化のために極端な値動きで説明しています。
  • ※投資信託の継続購入は将来の収益を約束したり、相場下落時における損失を防止するものではありません。
  • ※算出にあたっては、購入時の手数料・税金・分配金等を考慮していないため実際の投資とは異なります。

中長期にわたって投資することで収益を安定的に。 「つみたて」は、中長期にわたって継続投資することで、短期間投資する場合に比べ、一時的な相場変動の影響を抑え、運用リスク低減効果が期待できます。 【投資期間別1年あたりの収益率】(期間2007/10〜2017/9)

  • ※本資料は、国内株式20%、国内債券30%、海外株式10%、海外債券25%、内外リート15%の配分で組み合わせたバランス重視型のモデル・ポートフォリオの投資期間別収益率を2007年10月から2017年9月までの月次収益率をもとに計算したものであり、各資産クラスの指数値を使用しています。
  • ※本資料は、三菱アセット・ブレインズ(株)が信頼できると判断した情報源から入手した情報を基に作成しておりますが、当該情報の正確性を保証するものではありません。
  • ※本数値は、信頼できると思われる各種データに基づいて作成していますが、過去の実績を示すものであり、将来実現することや元本割れリスクを回避することを保証するものではありません。

くわしくみる

ちなみに・・・投資で得た利益が非課税になるつみたて投資に特化した「つみたてNISA」という制度も!

つみたてNISAとは? つみたてNISAはつみたて投資に特化したNISA(少額投資非課税制度)です。 税率(所得税・住民税)20.315%→0% 非課税 つみたてによる年間40万円までの投資から得た利益が非課税になります。 最長20年間 購入方法はつみたて投資(毎月一定額を自動的に購入)のみで、非課税となるのは最長20年間です。長期的な資産形成にぴったりな制度です。 購入時手数料いずれも0円 つみたてNISAの対象商品は、いずれも購入時手数料が無料です。

投信つみたて、つみたてNISA専用ファンドのランキングはこちら

つみたてNISA口座開設はこちら

  • ※つみたてNISA口座では、つみたてNISA専用ファンドのみご購入いただけます。つみたてNISA専用ファンド以外をお申し込みいただいた場合は、課税口座での購入となります。
  • ※つみたてNISA制度についてくわしくは当行ホームページをご確認ください。

投信つみたてに興味が出てきました!実際に運用したらどうなるのか、どうやって始めたらいいのか知りたいです!

くわしくみる

運用イメージ・ファンドの選び方

投資信託の口座開設(Web申し込み)に関するご注意事項
  • お申込内容や当行での受付状況、銀行休業日等によりお手続きに2営業日以上の日数を要する場合もあります。

株式会社三菱UFJ銀行
(2018年7月18日現在)

  • 株式会社 三菱UFJ銀行
登録金融機関:
関東財務局長(登金)第5号
加入協会:
日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

商品性・三菱UFJダイレクトの操作方法についてはコールセンターまでお問い合わせください。

三菱UFJ銀行コールセンター 毎日9:00〜21:00

0120-860-777

海外からご利用の場合は03-5432-7324(通話料有料)

  • 自動音声ガイダンスが流れた後に、ご希望のサービスメニューの番号を押してください。
    ※ ダイヤル回線の方は「トーン」「*」「PB」など、いずれかのボタンを押し、プッシュトーンへ切り替えてください

  • ご利用の際には電話番号をお間違えのないようご注意ください。

ご照会内容 選択番号 サービスメニュー
商品に関するご照会 3→ 2 投資信託(*)
三菱UFJダイレクトに関するご照会 2→ 1 「三菱UFJダイレクト」ご契約者
2 「三菱UFJダイレクト」を契約されていない方
3 新規に申し込まれる方
  • (*) 
    9:00〜18:00(1/1〜1/3、5/3〜5/5を除く)

その他のお問合せ内容は窓口までお気軽にご相談ください。

このページの先頭へ