[ ここから本文です ]

話題のキーワードからファンドを選ぶ

話題のキーワード一覧

【関心のあるキーワードを選択してください】

  • フィンテック
  • AI(人工知能)
  • ロボティクス
  • サイバーセキュリティ
  • バイオテクノロジー
  • 人生100年時代

フィンテック

閉じる

フィンテックとは?

フィンテックとは、金融(Finance)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語で、金融サービスと情報技術を結びつけたさまざまな革新的な動きを指します。フィンテックにより登場した商品・サービスの身近な例としては、スマートフォンアプリを使った電子決済サービスや、ビットコインに代表される仮想通貨などがあげられます。金融サービスと先端技術の融合によって、便利な金融サービスが次々と生まれ、個人の生活や企業の経済活動に大きな変化をもたらそうとしています。

フィンテック関連のファンド

グローバル・フィンテック株式ファンド
グローバル・フィンテック株式ファンド 世界の株式の中から主にフィンテック関連企業の株式などに投資します。個別銘柄の選定において、イノベーションにフォーカスした調査に強みを持つ、米国のアーク・インベストメント・マネジメント・エルエルシー(アーク社)からの助言をもとに、日興アセットマネジメント アメリカズ・インクがポートフォリオを構築します。
お客さまの運用ニーズに応じて、決算頻度や為替ヘッジの有無が異なる4ファンドからお選びいただけます。
グローバル・フィンテック株式ファンド
グローバル・フィンテック株式ファンド(為替ヘッジあり)
グローバル・フィンテック株式ファンド(年2回決算型)
グローバル・フィンテック株式ファンド(為替ヘッジあり・年2回決算型)

話題のキーワード一覧に戻る

AI(人工知能)

閉じる

AI(人工知能)とは?

AIとはArtificial Intelligenceの略で、人工知能を意味します。あらかじめ決められた処理を行う従来のコンピューター・プログラムとは違い、AIは人間のように自ら学び、発達していきます。具体的には、画像や音声、数値、文章などの多様なデータから、有益な法則やパターンなどを自動的に発見し、未来予測、意思決定を行います。将棋やチェスの世界ではAIがプロに勝利するなど、その知能レベルの高さは多業界から注目を集めています。

AI(人工知能)関連のファンド

GS ビッグデータ・ストラテジー(米国小型株)
GS ビッグデータ・ストラテジー(米国小型株) 主に米国の小型株式を投資対象とし、信託財産の長期的な成長をめざして運用を行います。
ビッグデータやAI(人工知能)を活用したゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント独自開発の計量モデルを用い、多様な銘柄評価基準に基づいて幅広い銘柄に分散投資します。
為替ヘッジありのAコースと、為替ヘッジなしのBコースから選択が可能です。
GS ビッグデータ・ストラテジー(米国小型株)Aコース(為替ヘッジあり)
GS ビッグデータ・ストラテジー(米国小型株)Bコース(為替ヘッジなし)

話題のキーワード一覧に戻る

ロボティクス

閉じる

ロボティクスとは?

ロボティクスとは「ロボット工学」のことを指します。先進諸国で急速に進む少子高齢化、労働人口不足問題。これらの問題を背景に、ロボット産業は製造業の自動化・効率化を目的として主に産業分野で成長してきました。近年はIoT(モノのインターネット(身の周りのあらゆるモノがインターネットにつながることを指します))やAI(人工知能)との連携によりサービス分野での活用も期待されており、介護・医療・金融・保険分野などで、新たな市場創出と成長が見込まれています。

ロボティクス関連のファンド

グローバル・ロボティクス株式ファンド
グローバル・ロボティクス株式ファンド 世界各国の株式の中から今後の成長が期待されるロボティクス関連企業の株式を中心に投資を行なうことにより、中長期的な信託財産の成長を目指します。
産業用やサービス用などのロボットを製作する企業のみならず、ロボット関連技術であるAI(人工知能)やセンサーなどの開発に携わる企業も投資対象とします。
年1回決算を行う「1年決算型」と、年2回決算を行う「年2回決算型」からお選びいただけます。
グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)
グローバル・ロボティクス株式ファンド(年2回決算型)
グローバル・ロボティクス株式ファンド(為替ヘッジあり・1年決算型)
グローバル・ロボティクス株式ファンド(為替ヘッジあり・年2回決算型)

話題のキーワード一覧に戻る

サイバーセキュリティ

閉じる

サイバーセキュリティとは?

ITがあらゆる社会活動、経済活動の基盤となった昨今、テクノロジー分野において「サイバーセキュリティ」は必須であり、さまざまなイノベーションを支えるインフラといえます。外部からの不正アクセスによる機密情報流出、データの改ざんや破壊など、サイバー攻撃によってもたらされる被害は、ときには国家や企業を機能停止に陥れるほどの脅威となります。日々サイバー攻撃が巧妙化・高度化するなか、サイバーセキュリティ対策の重要性はますます高まっています。

サイバーセキュリティ関連のファンド

サイバーセキュリティ株式オープン
サイバーセキュリティ株式オープン 主として日本を含む世界のサイバーセキュリティ関連企業(サイバー攻撃に対するセキュリティ技術を有し、これを活用した製品・サービスを提供するテクノロジー関連の企業等)の株式に投資を行ないます。
年1回の決算時に分配金額を決定します。
サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジあり)
サイバーセキュリティ株式オープン(為替ヘッジなし)

話題のキーワード一覧に戻る

バイオテクノロジー

閉じる

バイオテクノロジーとは?

バイオテクノロジーとは、「バイオロジー(生物学)」と「テクノロジー(技術)」を組み合わせた造語であり、生物工学または生命工学と訳されています。近年は特に、iPS細胞で話題になった再生医療、バイオ医薬などの新しい医療、遺伝子組み換え・細胞融合などの技術を利用した品種改良による食料生産、再生可能なバイオエネルギーの生産などが注目を集めています。このように、バイオテクノロジーは新しい医療、環境、エネルギー産業の発展に大きく貢献していくことが期待されます。

バイオテクノロジー関連のファンド

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(愛称:健次)
グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(愛称:健次) 世界主要先進国市場のヘルスケア・バイオ関連企業の株式を主要投資対象とし、信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。新商品の開発、企業の合併・統合、政策変更等を背景としたヘルスケア・バイオ市場の変化によってもたらされる投資機会に着目し、ファンダメンタルズの健全な企業へ長期的なバリュー投資を行います。
年2回決算を行い、原則として、決算日の基準価額水準が当初元本額10,000円(10,000口当たり)を超えている場合には、当該超えている部分について、分配対象額の範囲内で、全額分配を行います。
グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(愛称:健次)
グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(為替ヘッジあり)(愛称:健次(ヘッジあり))
グローバル・ヘルスケア&バイオ・オープン(愛称:健太)
グローバル・ヘルスケア&バイオ・オープン(愛称:健太) 世界主要先進国市場のヘルスケア・バイオ関連企業の株式を主要投資対象とし、信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。新商品の開発、企業の合併・統合、政策変更等を背景としたヘルスケア・バイオ市場の変化によってもたらされる投資機会に着目し、ファンダメンタルズの健全な企業へ長期的なバリュー投資を行います。
年1回決算を行い、収益分配方針に基づいて分配を行います。
グローバル・ヘルスケア&バイオ・オープンAコース(為替ヘッジあり)(愛称:健太)
グローバル・ヘルスケア&バイオ・オープンBコース(為替ヘッジなし)(愛称:健太)

話題のキーワード一覧に戻る

人生100年時代

閉じる

人生100年時代とは?

日本では現在60歳の人の約4分の1が95歳まで生きるといわれており、「人生100年時代」が現実のものとなりつつあります。一方、ゆとりあるセカンドライフを過ごすためには、公的年金だけでは収入が十分でない可能性があります。生きている間に金融資産が底をついてしまうリスクも問題視されるようになりました。真にゆとりあるセカンドライフのためには「健康寿命」と「資産寿命」をいかに延ばすかが重要となります。近年、金融業界では金融ジェロントロジー(金融老年学)の考えに基づき、長寿や加齢が経済や金融行動に与える影響を分析し、高齢者の「資産寿命」を延ばすための新たな金融商品・サービスの開発に取り組んでいます。

人生100年時代関連のファンド

野村ターゲットインカムファンド(愛称:マイ・ロングライフ)
野村ターゲットインカムファンド(愛称:マイ・ロングライフ) 中長期的な観点から、年率3%程度の利回り(*)(コスト控除後)を確保することをめざします。一定の分配を行いながらも「資産寿命」を延ばすことを目指します。
公的年金の支払われない奇数月、1月、3月、5月、7月、9月および11月の15日(休業日の場合は翌営業日)に隔月分配を行います。
  • (*)ファンドのポートフォリオにおける利回りのことであり、毎年3%の投資収益が得られるものではありません。
わたしの未来設計
わたしの未来設計 日本を含む世界各国の株式、債券およびリートに投資を行い、利子・配当収益の確保ならびに値上がり益の獲得を目指します。
お客さまのライフステージやライフスタイル等によって異なる多様な資産運用ニーズにあわせて、4つのファンドから選択できます。4つのファンドは、目標リスク水準と分配方針が異なります。
目標リスク水準はお客さまのリスク許容度にあわせて、分配方針は退職後の年金補完等のキャッシュフローニーズにあわせて、選択または組み合わせが可能です。また、4ファンド間でスイッチングを行うことができます。
わたしの未来設計<安定重視型>(分配コース)
わたしの未来設計<安定重視型>(分配抑制コース)
わたしの未来設計<成長重視型>(分配コース)
わたしの未来設計<成長重視型>(分配抑制コース)

話題のキーワード一覧に戻る

(2018年10月1日現在)

このページの先頭へ