[ ここから本文です ]

コア・サテライト運用

コア・サテライト運用とは?

コア・サテライト運用とは

運用資産を、「安定運用の<コア>」と「積極運用の<サテライト>」に分け、バランスよく組み合わせながら、資産全体の運用効率を引き上げることを目指す投資手法です。

日本株
日本株
Jリート
Jリート
海外リート
海外リート
バンクローン
バンクローン
海外ハイイールド債
海外ハイイールド債
外国株
外国株
テーマ株
テーマ株
MLP
MLP
Core [安定運用のコア] バランスファンド、ラップ型ファンド等
積極運用の<サテライト>
  • 安定運用の<コア>
  • 積極運用の<サテライト>

安定運用の<コア>

コアとは?

資産運用の中核として、中長期かつ安定的に運用する部分です。一時的に高いリターンを得ることよりも、継続的に安定した収益をあげることを目指します。株式・債券・リート等、さまざまな資産に投資を行うことでリスクを抑えながらリターンの獲得も目指すバランスファンドや資産配分の決定や見直し、リスク管理を運用会社に任せるラップ型ファンドなどがあります。

このようなお客さまにおすすめです 中長期にわたって安定的に運用したい。 どの資産に投資すればよいのかわからない。 自分で資産配分の見直しを行う時間がない。

【コアファンド】おすすめラインアップ

三菱UFJ バランス・イノベーション
愛称:ファーストラップ(ささえ)
(債券重視型)(株式抑制型)(株式重視型)(新興国投資型)
スマート・クオリティ・オープン
愛称:スマラップ (安定型)(安定成長型)(成長型)
トレンド・アロケーション・オープン
三菱UFJ ピムコ トータル・リターン・ファンド
(毎月決算型)(年1回決算型)
<米ドルヘッジ型><為替ヘッジなし>
JPMベスト・インカム
(年1回決算型)(毎月決算型)

このページの先頭へ

積極運用の<サテライト>

サテライトとは?

<コア>が資産運用の中核であるのに対し、<サテライト>は核をとりまく衛星です。
サテライト運用では高いリターンの獲得を目指し、特定分野に集中した積極運用を行います。
相場変動に応じて投資分野を機動的に選択することで、高いリターンを目指します。

サテライト運用のポイント リターン重視の積極運用。 相場の変動をとらえる。 トレンドとなる特定分野に集中投資。

テーマ選びの重要性

サテライト運用の商品への投資は、コアファンドへの投資とくらべて値動きが大きくなる傾向があります。そのため投資にあたっては、タイミングの見極めに加え、投資テーマ選びも重要なポイントです。

目まぐるしく入れ替わる資産運用の主役

投資テーマの変遷と資産別年次騰落率(円換算ベース)

拡大する
投資テーマの変遷と資産別年次騰落率(円換算ベース)

出典/ブルームバーグ社のデータより三菱UFJ国際投信にて作成

  • 本資料はブルームバーグ社のデータに基づいて三菱UFJ国際投信が計算・作成しておりますが、過去の実績を示すものであり、将来実現することを保証するものではありません。

三菱UFJ銀行のサテライトファンド

当行では、さまざまなお客さまニーズにお応えするため数多くのサテライトファンドを取り扱っております。
「ファンドラインアップ」から、投資対象やエリア、投資テーマなどでファンドを探していただけるほか、「ファンド検索」で複数の条件を指定していただくと、お客さまのご要望に沿ったファンドをご確認いただけます。

  • 「ファンドラインアップ」からファンドを探す
  • 「ファンド検索」でファンドを探す

コア・サテライト運用のポイント

コア・サテライト運用では、個別ファンド選びだけでなく、「コア運用」と「サテライト運用」をどの程度の比率であわせ持つかということも重要なポイントとなります。
相場の変動はもちろんのこと、お客さまご自身の投資経験、目標リターン、リスク許容度等に応じて、「コア運用」と「サテライト運用」の比率を定期的に見直し、資産全体として持続的な収益の獲得を目指しましょう。

「コア運用」と「サテライト運用」の配分イメージ図

(平成28年9月20日現在)

このページの先頭へ