[ ここから本文です ]

スマート・クオリティ・オープン(安定型/安定成長型/成長型)(1年決算型)(愛称:スマラップN)

投資対象
国内・海外バランス
取扱口座
銀行仲介

ファンドの特色

スマート・クオリティ・オープン(安定型/安定成長型/成長型)(1年決算型)(愛称:スマラップN)

投資信託証券への投資を通じて、主として「国内株式」、「国内債券」、「国内リート」、「先進国株式」、「先進国債券」、「先進国リート」、「新興国株式」、「新興国債券」の8資産に分散投資を行います。
安定型N、安定成長型N、成長型Nの3つのファンドから選択できます。
外貨建資産については、原則として為替ヘッジは行いません。

  • 目論見書

ファンドのリスク

当ファンドへの投資にあたっては、主に価格変動リスク・金利変動リスク・為替変動リスク・信用リスク・カントリーリスク・流動性リスク等を伴うため、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。

  • 運用情報
  • お申込メモ
お取引方法
  • 銀行
    • インターネット
    • オペレータ
    • 継続
    • テレフォンバンキングでは換金のみ取り扱っております。
  • 仲介
    • インターネット
商品分類/投資対象

追加型投信/内外/資産複合

信託設定日

2015年1月30日

信託期間

2024年11月13日まで

購入単位

1万円以上1円単位

  • 購入単位には購入時手数料(消費税込)が含まれます。

〔投資信託口座のみ〕

  • 継続購入プランをお申し込みの場合:1万円以上1円単位
    (Eco通知をご利用のお客さまがインターネットバンキングでお取引の場合、1,000円以上1円単位)
購入価額

購入申込受付日の翌々平日窓口営業日の基準価額

  • 基準価額は1万口当たりで表示されます。
購入時手数料

ありません。

スイッチング

〔投資信託口座〕
スイッチングのお取り扱いはありません。

〔金融商品仲介口座〕
各ファンド間でのスイッチングが可能です。 スイッチングの場合の購入時手数料はありません。また、スイッチングにより解約をする場合は、解約金の利益に対して税金がかかります。

換金価額

換金申込受付日の翌々平日窓口営業日の基準価額

申込不可日

次のいずれかに該当する日には、購入・換金はできません。

  • ロンドン証券取引所、ロンドンの銀行、ニューヨーク証券取引所、ニューヨークの銀行のいずれかの休業日

信託財産留保額

ありません。

換金手数料

ありません。

換金代金の支払日

換金申込受付日から起算して8平日窓口営業日目以降

収益分配

年1回の決算時(毎年8月13日(休業日の場合は翌営業日))に分配金額を決定します。

収益分配金の支払いは、信託財産から行われます。したがって純資産総額の減少および基準価額の下落要因となります。 収益分配金は税金を差引いた後、原則として再投資されます。

  • 分配金を再投資せず、お客さまの指定口座にご入金するお取扱いを希望される場合は、分配金出金(定期引出契約)をお申込みください。
運用管理費用(信託報酬)

各ファンドの純資産総額に対して、次に掲げる率をかけた額となります。

安定型N 年率1.654%±0.10%程度(消費税込)
安定成長型N 年率1.762%±0.10%程度(消費税込)
成長型N 年率1.870%±0.10%程度(消費税込)
  • 各ファンドの信託報酬率と、投資対象とする投資信託証券の信託(管理)報酬率を合わせた実質的な信託報酬率です。
    くわしくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
その他の費用・手数料

以下の費用・手数料についても各ファンドが負担します。

  • 監査法人に支払われる各ファンドの監査費用
  • 有価証券等の売買時に取引した証券会社等に支払われる手数料
  • 投資対象とする投資信託証券における諸費用および税金等
  • 有価証券等を海外で保管する場合、海外の保管機関に支払われる費用
  • その他信託事務の処理にかかる諸費用 等
  • 上記の費用・手数料については、売買条件等により異なるため、あらかじめ金額または上限額等を記載することはできません。
  • 監査費用は、日々計上され、各ファンドの基準価額に反映されます。毎計算期間の最初の6ヶ月終了時、毎決算時または償還時に各ファンドから支払われます。
設定・運用(委託会社)

三菱UFJ国際投信株式会社

<商品に関するお問合せ>
0120-151034 ※9:00〜17:00(土・日・祝日・12月31日〜1月3日を除く)

受託会社

三菱UFJ信託銀行株式会社

関連リンク

(2019年2月28日現在)

このページの先頭へ