三菱UFJ銀行
HOP! STEP! JAPAN!

転職・退職などで移換される方 転職・退職などで移換される方

転職・退職後の職業別 移換手続き 転職・退職後の職業別 移換手続き

企業型確定拠出年金(DC)を導入している企業を60歳未満で転職あるいは退職した場合、
その企業のDCの加入者資格を喪失し、
転職先等に応じて、ご自身の年金資産を移し換える手続き(移換)が必要になります。
お手続き期間は資格喪失日の翌月から6ヵ月以内です

転職・退職後のあなたの職業 転職・退職後のあなたの職業

(*)制度の有無がご不明の場合はお勤め先の人事部等へお問い合せください。

お申込手続きの流れ お申込手続きの流れ

Web申し込みで簡単スムーズ!

お申し込みの事前準備

  • 基礎年金番号(年金手帳等でご確認いただけます。)
  • 確定拠出年金の加入者資格喪失のお知らせ

または

  • 確定拠出年金加入者資格喪失手続完了通知書(JIS&T)等、
    加入者資格喪失に関する通知書

移換後も掛金を拠出する方ははじめて加入される方をご確認ください。

三菱UFJダイレクトご契約者さま

1

お申し込み三菱UFJダイレクト
経由で
情報を入力

2

申込完了通知受領2ヵ月程度で
お手元に届きます

3

運用開始運用商品は、
WEBやコール
センターで
いつでも変更でき
ます

移換のみ行うお客さまでも、申請内容によってWebで完結しない場合があります。

三菱UFJダイレクトをご利用でない方

1

お申し込みiDeCoお申し込みフォームで
情報を入力

2

書類提出到着した書類に
記入・押印後、
郵送で提出

3

申込完了通知受領2ヵ月程度で
お手元に届きます

4

運用開始運用商品は、
WEBやコール
センターで
いつでも変更でき
ます

移換手続きにおけるご注意事項 移換手続きにおけるご注意事項

1お手続き期限

企業型確定拠出年金(DC)加入者の資格は、退職日の翌日に喪失します(=加入者資格喪失日)。
移換手続きの期限は、加入者資格喪失日の翌月から6ヵ月以内となります。

資格喪失日につきましては、資格喪失時に日本レコード・キーピング・ネットワーク株式会社から送付される「確定拠出年金の加入者資格喪失のお知らせ」に記載があります。

旧勤務先の記録関連運営管理機関がJIS&Tの場合は、「加入者資格喪失手続完了通知書」に記載があります。

資格喪失日と移換手続き期限

(下図は退職日が3月31日の場合)

資格喪失日と移換手続き期限資格喪失日と移換手続き期限
自動移換について
企業を退職された際に企業型DCに個人別管理資産のある方が、その資産をiDeCoまたは他の企業型DCに移換するか、脱退一時金の請求を6ヵ月以内に行わないと、その資産は現金化され、国民年金基金連合会に自動的に移換されます(確定拠出年金法第83条)。自動移換された場合、資産運用されずに特定運営管理機関手数料や国民年金基金連合会手数料が資産額から控除されることになりますのでご注意ください(その後移換手続きを行う際は、通常必要となる手数料もかかります)。

2お手続きにかかる手数料

  1. 1.旧勤務先の企業型確定拠出年金(DC)からの移換手数料 詳細については旧勤務先のご担当者さまにご確認ください。
  2. 2.個人型確定拠出年金への加入・移換手数料自動移換となった場合は、別途自動移換手数料等がかかります。
勤続年数3年未満だったら
勤続年数が3年未満で企業型確定拠出年金(DC)の加入者資格を喪失された場合、規約により拠出されていた掛金を事業主に返還する場合があります。詳細は旧勤務先のご担当者さまにご確認ください。

MUFGのiDeCoの3つの強み MUFGのiDeCoの3つの強み

国内最大級の金融グループMUFGだからこそ便利で安心!

手続きが
簡単

すぐに相談できて
安心

運用商品が
充実

Web申し込みで
手続きが簡単スムーズ

  • Webで入力した情報が印字されて届くので手続きがスムーズ。
  • 三菱UFJダイレクトご契約者さまはお申し込みがWebで完結(*)

(*)移換のみ、あるいは自営業・事業主のお客さま

iDeCoお申し込みフォーム
申込書類の「プレ印字サービス」

運用商品は、手続完了後、
いつでも変更可能です

便利で安心
専用オペレーター

毎日9時から20時までiDeCo専用オペレーターが丁寧にサポート(12月31日?1月3日除く)

MUFG個人型コールセンター

0120-138-401

通話無料/9:00~20:00(12月31日~1月3日除く)

充実の運用商品

標準コースと、低価格なライトコースの2つのコースをご用意。

標準コース
ラインアップが充実したコースです。多様なニーズにお応えするため、32本の運用商品からお選びいただけます。
ライトコース
商品本数を10本にしぼったシンプルなコースです。運用にかかる毎月の手数料は標準コースよりも低価格です。

ご加入後に運用コースを変更することはできますが、変更する場合はそれまでの資産を売却したうえで、新しいコースの商品を購入いただくことになります。また、商品により、売却手数料がかかります。

重要なお知らせ

iDeCoをお申し込みいただく前に、下記についてご確認ください。

1)原則、60歳まで引き出し(中途解約)ができません
脱退一時金を受け取れるのは一定の要件を満たす方に限られます。
2)ご本人の判断で商品を選択し運用する自己責任の年金制度です
確定拠出年金制度では、ご加入されるご本人が自らのご判断で、商品を選択し運用を行いますので、運用結果によっては受取額が掛金総額を下回ることがあります。
当行から特定の運用商品の推奨はできません。
3)運用商品の主なリスクについて
預金は元本確保型の確定利回り商品です。預金は預金保険制度の対象となります。
当行のiDeCoで取り扱う保険は元本確保型商品です。ただし、運用商品を変更する目的で積立金を取り崩す場合は、市中金利と残存年数等に応じて解約控除が適用されることがあるため、結果として受取金額が元本を下回る場合があります。
投資信託は価格変動商品です。預金ではなく、預金保険制度の対象ではありません。運用実績は市場環境等により変動し、元本保証はありません。また、当行でお取り扱いする投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
預金、保険および投資信託は異なる商品であり、それぞれリスクの種類や大きさは異なります。
4)初回手続き時、運用時、給付時等で、各種手数料がかかります
iDeCoには、初回手続き手数料・毎月の事務手数料・資産管理手数料・運営管理機関手数料・給付事務手数料等がかかります。
手数料は、加入者となられる方は毎月の掛金から、運用指図者となられる方は積立金から控除されます。年金でお受け取りになられる方は給付額から控除されます。
5)60歳になっても受け取れない場合があります
50歳以上で加入した場合等、通算加入者等期間(*)が 10年に満たない場合は、受け取りできる年齢が引き上げられます。
(*)通算加入者等期間は、iDeCoおよび企業型DCにおける加入者・運用指図者の期間の合算となります。
【加入期間と老齢給付金の受取開始年齢】
通算加入者等期間 受給開始年齢
10年以上 満60歳
8年以上10年未満 満61歳
6年以上8年未満 満62歳
4年以上6年未満 満63歳
2年以上4年未満 満64歳
1ヵ月以上2年未満 満65歳
2020年2月27日現在
ページトップ